さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年12月31日

2011年、古い年を葬って新しい年を迎えるには?!


2011.12.29 東京 光都東京 アンビエント・キャンドルパーク








2011年。いよいよこの年も終わるんですね。
この年は、まるで生き物のように、生命力を感じさせてくれました。

今まで生きてきて、個人的には忘れられない年はもちろんありましたが、今年ほど、私個人だけではなく、時代の流れを見ても、また日本にとっても、世界にとっても、忘れるに忘れられない年というのはなかったのではないでしょうか。

全世界的には「革命の年」。そして、多くの悲惨な災害のあった年でもありました。
日本にとっては、3.11の全てを変えた未曾有の大震災で、昨年までとは違う、「震災後」の文明と文化をスタートしました。

時代の先を歩きたいという人がいるでしょう。また、時代を見越していきたいと願う人も多いでしょう。
時代というのは、徐々に流れていくので、大体は先行きが見極められるものです。
しかし、災害というものは、科学が発達した今でも、役に立つほどには機能しません。誰が、あの日あの時にあのような惨事があることを予測できるでしょうか。
革命はある程度、予知したり肌で感じるものもあるかもしれませんが、今年のような勢いを誰が予期したでしょうか。

チュニジアで火がついたものが、エジプトに及んでいく時には、すでに何かとてつもないエネルギーというのでしょうか、変えられないうねりのようなものを感じました。
まさにドミノが倒れ始めたような状況です。
これはやはり大変な年になるぞ、と。

そして起こった大震災。
私は奪われたものは何もなかったのですが、直後の交通マヒや電話回線のマヒ、買占めによる品薄や、計画停電、日々の悲惨な報道などから、ただごとでない状況を味わいました。
日本全体がそうでしょう。

いろいろ、命や、死後について、関心を持たれる方も多かったでしょう。
災害や、革命で、多くの人が犠牲となった年でしたから。

予期できることもあったりはしても、死ぬ時期は知ることのできない私たちです。
いつか、命が終わり、この私の体は無くなってしまう日がくるのです。命にしがみついて不老不死の薬を捜し求めたとしても、無駄なことであって、命は無駄にはすべきではありませんが、ジタバタしても、死期はいつか来るでしょう。

いろいろあった2011年もこうして暮れていき、カウントダウンの後、確実に新たな年を迎えるのと同じように、私たちの命も、過去のものになるのです。
幽霊を信じなくても、幽霊になる日が来ることでしょう。

その時には、思い出してみてください。
あの世で一番大切なものは、愛情だと何回かお話しました。愛を空気のように呼吸する所があの世です。
そんなあの世で、誰が貴重かといえば、それが神さまだということです。
神さまは、空気(愛)を清浄にしてくれ、あの世を過ごしやすくしてくれる見えない酸素マスクのようなものと考えたらいいでしょうか。

多くの人が、災害や革命などで、命を落としました。無念や恨みを残す死は、この世のアダとなります。
逆にこの地の肥やしとなる死もあります。それが本当の意味の犠牲です。

いつか、命を終える日が来るのなら、喜んで迎え、この地の肥やしになりたい。
それが、毎日神さまに手を合わせ、謙虚に感謝して過ごす生活から生まれるのではないでしょうか。

笑顔で挨拶、よい言葉を交わし合いながら、古い年を葬って、新しい年を迎えましょう。


今日もよい一日を
そして、よいお年を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:光都東京 アンビエント・キャンドルパーク
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック