さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年12月13日

宇宙はなぜ神秘的なのか〜皆既月食、アポロ13号の奇跡、生存可能な惑星発見?!《宇宙関連ニュース》


2011.12.08 msn産経ニュース Kepler-22b


アポロ13号の帰還の成功は
機械にすべてをまかせるのではなく、
要所は人間がコントロールしたからだ


ルー二ィー









アポロ13号の奇跡について書こうと準備していたのですが、皆既月食などのニュースと一緒に紹介することにします。

ちょうど週末だったのに起こさなかったと、昨日になって子どもたちに「見たかった〜」と責められました。確かによく晴れていましたから、3年後にあるとはいっても、あんなによくは見れないかもしれませんね。平日かもしれないし…。千載一遇のチャンスだったかもしれませんが、まぁ言っても仕方のないことですね。

皆既月食とか、こういうことがあるたびに、昔の人たちは、どう思ったのかなぁと思います。不気味に感じたかもしれませんね。大方の人はうちの子供たちのように眠っていたでしょうが…。
安倍晴明の話が有名なのですが、平安時代の陰陽師は天文学にも通じ、皆既月食、皆既日食などを計算できたそうです。当時はそういう時には不吉なことが起こると信じられていたので、安倍晴明はそういうことを避けるため、様々な方策を講じたようです。

昔は、宇宙というものを、地球から見上げて見ることしかできませんでした。しかし、宇宙、天を恐れていました。

科学技術が発達して、宇宙に出れるようになり、宇宙を知るにつけ、その広大さはすごいなぁと思いますし、知る人はその法則性に驚くといいます。
不良少年が親に反抗するように、「神さまはいない」と言ったところで、無限に続く宇宙の中で生かされているに過ぎないのですから、何にもなりませんね。知ったようなつもりになっているよりは、星空を見上げた方が真実が見えるかもしれません。


220px-Apollo13_-_SM_after_separation.jpg
損傷した13号の機械船
(大気圏再突入直前、切り離した直後に撮影)


さて、アポロ13号の事故のことを、私は実ははっきり知りませんでした。実際日本ではほとんど報道されなかったようですね、その当時。アメリカでは当然、国民がずっとその動向を祈りながら見守っていました。
日本では、トム・ハンクス主演の映画「アポロ13」で脚光を浴びたのではないでしょうか。映画の力はすごい!

この映画の原作はアポロ13号の船長ジム・ラベルがジェフリー・クルーガーと共著で書いたものです。タイトルとしては原題の「LOST MOON」の方が私は好きですが。事故により、月面に降りる計画は果たせなかったから、「失った月」と表現したのでしょう。
しかし、奇跡の生還を果たしたこと、これはNASAの歴史を変えるくらい大きな出来事になりました。

最初に検索して出てきたのが、立花隆氏の「アポロ13号奇跡の生還」という本でした。比較的読みやすかったのですが、この「アポロ13」は読まずに置いてあります。
いずれにしても、これでもかというトラブルの連続を、まさしく危機一髪で潜り抜けての生還でした。真実は小説より奇なりといいますが、映画もほとんどが事実通りだそうです。

生還を果たした宇宙飛行士はまさしく生き証人であり、つい先頃、船長の手帳が3000万で落札というニュースがありました。

宇宙というのはどうしてこうも神秘的な雰囲気があるのでしょうか。皆既月食の晩は、星もきれいでした。普段は現実的な事柄にとらわれて、せせこましく生きていますが、星空に包まれると、宇宙の神秘に触れたような気持ちになりますね。
宇宙飛行士は、宇宙に出ると神さまの存在を感じざるを得ないといいます。私たちは地球の上にいて、自分の周囲の雑多なことばかりにとらわれていますから、宇宙の中でどれだけ守られている存在なのかということを忘れがちです。
ゾウの全体を見るのは比較的簡単ですが、宇宙の全体を見るのは容易にはできませんから、見ているつもりでも、しっぽだけなのかもしれませんし。

「生き証人」というのは宇宙を体験したということでもありますが、そして、神さまを素で感じる機会をもった生き証人であると思うのです。

このアポロ13の三人が死に直面したのも、それはまさしく宇宙空間だったからです。
酸素の確保、これが大前提になります。酸素がなくなれば、瞬時に死ぬしかないのですから。
帰還のための電力を確保するため、水も制限され、そして気温の低下のための寒さにも宇宙飛行士たちは耐えなければなりませんでした。

三人の宇宙飛行士たちと共に、その生還のために地上でも管制官や関係者が総出で対策を練っていました。そして、複雑なその支持に従って、無事に宇宙船は帰還しました。
ただし、やるべきことをすべて果たした後(大気圏に突入した後)も、様々な危険性が考えられていました。
大気圏再突入時の空力加熱による灼熱に司令船の外壁が持たないだろうということ。そして、仮に大気圏を突破できたとしても、長時間凍り付いていたパラシュートが開かなくなる可能性もあった。現場海域には台風警報が出ていた。これまで地上と宇宙一丸となって対策してきた超先進科学を持つNASAだったが、最後に取るべき対策はもはや科学の力でも何でもなく、ただ「神に祈る」ことしか出来なかった。

宇宙が神秘的なのは、もともと宇宙は神さまが司るところで、それを素で感じられるからでしょう。
地球の上で、空気と適度な気温と、水や食物に恵まれているというのは、奇跡でしかないのですが、それが当たり前だと考えていると、そういう広い大きな神様というのとは無関係に思っても過ごせてしまいますから。

地球は人口が飽和状態に達してきました。
そんな中、地球型の、つまり人間が生存可能な星が見つかったということです。
どこかにはあるとは思っていましたが、いずれ、移住可能な星までも、やはり神さまは準備してくれていたのか、人類への大きなプレゼントだよな、と私は思いました。
やはり人間は絶滅に向かうのではなく、(愚かではありますが)この人間たちのために宇宙はあるのだと、確信を強めた次第です。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:msn産経ニュース Kepler-22b
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 月を見て過ごす陰暦の生活?!「皆既月食、赤い月」写真集
 地球が青いのはなぜ?夕焼けが赤い理由は?私が生まれてきた意味とは?!《宇宙特集》
 神に出会った宇宙飛行士たち?!


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック