さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年11月30日

コンゴ火山観光ブーム?! 大統領選投票所も襲撃相次ぐ 【コンゴのニュース】


2011.11.26 和泉川 ヒメジョオン


戦争は、すべて、
盗むことのみを目的とする。


ヴォルテール







国連が最も開発が進んでいない国に指定しているというコンゴ。
300ドルでツアーが組まれていて、火山観光のブームといっていますが、ちょっと怖い国ですよ、この国は。

公正に行われるはずの選挙も、メチャクチャにする人々がいます。焼かれた無残な投票用紙は、人々の心をメチャクチャにされたかのように感じられます。

東部地方などは無法地帯で、虐殺・略奪・強姦が頻発しています。噴火の起こっているニアムラギラ山も東部だということです。
内戦と、女性への陵辱…。国土を荒らし、女性たちを汚し、身も心も、国中をメチャクチャにしていく。
かつて記事にしたように、火山の噴火というのは、神さまの怒りを表しているような気がします。
こんな暴力と破壊が、何も生まないことは確かです。

もともと80%がキリスト教、10%がモスリムの温厚な国民のはずが、こうも野蛮性を発揮したのは、ここに入り込んだ共産主義のせいであるのは明白です。
植民地がよいとは思いませんが、ベルギーからの独立を革命を通して勝ち得て以来、モブツの独裁となったザイール時代の30年も悲惨だったでしょうが、コンゴとなった現在に至っても、頭が替わっただけという印象です。

今の大統領も、若い頃から戦闘畑にいた人で、北京でも軍事訓練を受けています。中国で教育された人物なのです。
今回の大統領選での襲撃は、有力である現大統領に反対する勢力のものと思われますが、それにしても、メチャクチャです。

貧しい国を、こんな戦争状態にしてさらに悲惨にしたのは、共産主義の大きな成果なのではないでしょうか。
革命も戦争もはっきり肯定するのが共産主義だといいます。目的のために、働く同志以外は、存在価値のない「物」同様だということですよ。

人間は他人の痛みを考えなくなれば、人間ではなくなります。
今日の記事はコンゴのメチャクチャぶりを、あえて「メチャクチャ」という言葉を多発してお伝えしました。



今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は: ヒメジョオン
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maのコンゴ関連記事
 災害は神の怒り?!沈みゆくバンコク、火で焼かれるコンゴ
 陵辱された女性たちへ〜コンゴ集団レイプ事件で感じたこと〜



【関連する記事】
posted by kuri-ma at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック