さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年10月31日

ハロウィンの季節は霊的感性が高まる?!


はろうぃん〜キャンドル〜


味わう
ということは
どんなささやかな
ことでも
宝石に変えてしまう
不思議な体験です。


五木 寛之







今日はハロウィンですね。
ハロウィンについては、私の昨年の記事を参考にしてください↓ 

今では、すっかり定着した感のあるハロウィンですが、カボチャ(ジャック・オー・ランタン )だけでなく、精霊の仮装をして楽しむ人たちも多いようですね。
精霊といえばようするに「お化け」です。日本では、長くお岩さんとお菊さんが名のある幽霊でしたが、今では「貞子」の方が知名度がありますね。フィクションではありますが。

お化けとは言えないのかもしれませんが、「妖怪人間ベム」の実写版ドラマの連載が始まり、うちの子どもたちははまっています。
鈴木福くんが出ていて、いい感じですし、ベムがイケメンだと評判だとか。
なかなかメジャーになれない感じのあった「妖怪人間ベム」。「ゲゲゲの鬼太郎」よりも古かったんですね。私はリアルタイムでは全然知らなくて、関西にいた高校生の頃再放送を少し見たことがあります。
「早く人間になりたい」という台詞はとてもインパクトがありますね。

ハロウィンはそれよりも楽しいイメージがあります。子どもたちが変装して、「お菓子をくれないと食べちゃうぞ」と言ってお菓子をもらう。
無邪気な子どもたちだから、いいのかもしれません。

もともとは、精霊のいる異界と、この世との境が曖昧になるのが、今日31日の晩だと言われています。この時期には幽霊や魔女などが表れやすいと信じられていました。そのために祭司が聖なる火をたいて儀式を行ったようです。
最もしっかり残っているのはアイルランドですが、ヨーロッパ各地の収穫祭や慣習から影響を受けているようですし、キリスト教(カトリック)の「諸聖人の日」の前夜祭と、11月2日の「死者の日」に村々を回って「聖なるケーキ」を求めたものが、ひとつになった感じですね。

異界が近くなるというこの時期、霊的なインスピレーションも高まるようです。霊的インスピレーションというと怖い感じも受けるかもしれませんが、何も霊が見えたりするということではなく、つまり、感性が敏感で豊かになるということでしょうか。
芸術の秋というのは、そういう雰囲気が満ちているからかもしれませんね。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:はろうぃん〜キャンドル〜
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


今年のハロウィンのニュースの数々は
翌日の記事にも掲載しました
 大正時代のカッコいい日本人の話?!〜パリでのエピソード+ハロウィンニュース



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック