さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年09月11日

9.11、この日が「最後だとわかっていたなら」?!


2011.09.02 和泉川 畑のひと雫


充実した一日が
仕合せな眠りをもたらすように、
充実した一生は
幸福な死をもたらす。


レオナルド・ダ・ヴィンチ




今日で10年たつのですね。
10年前はまだ生まれていなかった娘が、貿易センタービルにハイジャック機が突入する画像を初めて見て、衝撃を受けていました。本当にあったこととは信じられなかったようです。

誰にも、今日いまから何が起こるのか分からないし、いつどこで死ぬかも分からないのです。そんな私たちが、愛をたくさん残せるように、昨年紹介した詩をまた載せることにします。

今日、大切な人によい言葉をかけ、抱擁してあげてください。
よい記憶の残る一日一日にしたいですね。



 「最後だとわかっていたなら」
"If I Knew It Would Be the Last Time"

ノーマ コーネット マレック作
佐川睦訳 


あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう
あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは 
あなたを抱きしめて 
キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 
抱きしめただろう
あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは 
その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう
あなたは言わなくても 
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・
「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう
たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい
そして わたしたちは 
忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから
微笑みや 
抱擁や 
キスをするための
ほんのちょっとの時間を 
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして 
してあげられなかったのかと
だから 今日
あなたの大切な人たちを 
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも 
いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう
「ごめんね」や
「許してね」や
「ありがとう」や
「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば 
もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから


今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:2011.09.02 和泉川 畑のひと雫
by (C)ひでわさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


以前の記事はこちら ↓ 英語の原詩も掲載しています
「最後だとわかっていたなら」?!



【関連する記事】
この記事へのコメント
反省させられました。

Facebookで紹介させていただきます。

だめな場合はいってください。削除します。
Posted by excel at 2014年02月18日 00:14
excelさんへ

訪問、コメントありがとうございます。
感動的な詩ですよね。
私も毎年、このブログで紹介しています。

この詩についてなら、私は許可する立場にはありません。

これは米国人のノーマ コーネット マレックさんがお子さんを亡くされた時に作った詩で、9.11の直後に全世界に広がったものです。
訳詩も佐川睦さんで、
本来は、詩の全部を掲載するには許可が必要なのかもしれません。

一部なら無許可でもOKでしょう。
マナーとして、引用元、つまり詩の作者と訳者の名前を記載すれば大丈夫だと思います。

尚、私の文章の転載については、同様に一部ならOKですが、お断りしてくださり、転載先を教えてくだされば尚嬉しいです。
(最低でも引用元は必ず記載してください。)
リンクについても同様です。

フェイスブックにおいては、いいものはどんどんシェアする、という精神だと思います。どうぞ、私のブログも御利用ください。



 
Posted by kuri-ma at 2014年02月18日 11:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック