さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年09月09日

9.11に流れた陰謀説の真実とは?!


2011.09.06 和泉川 クサギ


過ぎてかえらぬ不幸を悔やむのは、
さらに不幸を招く近道だ。


シェイクスピア『オセロ』






昨年、9.11関連の記事を書く際に、この陰謀説を初めて知りました。テレビ番組で扱ったよく出来た動画だったし、納得できるような根拠もある気がしました。しかし、何とも言えないなぁ、というのが私の感想だったのですが、上の記事を見ると、反陰謀説のサイトでもその説のほとんどが検証され、陰謀説は覆った形になっているそうです。ほっとしました。政府が云々という陰謀説はあまり想像したくない内容ですから。

しかし、未だに米国民の心理の中には、少数のテロ実行者によって、あんなにも大きな被害を起こしたということ、その衝撃が受け止められない、それが陰謀説の支持につながっているのではないか、ということです。

ビンラディンが死亡したという発表に対しても、それは嘘だという説や陰謀説がまことしやかに伝わっていました。
人の噂というのは、本当らしく伝わるものですね。
関東大震災で多くの火災が起こった時も、朝鮮人が火をつけたという噂が流れ、多くの罪のない人が無実の罪をかぶせられました。
今も昔も、信じられないものは誰かのせいにしたい、受け入れがたいものがあると、鬼のせいにしたいのでしょう。

日本での東電の事故についても、放射能汚染についても、鬼の情報ばかりが先行していますが、真実の姿とこれからの明確な対策を知らせてほしいな、と思います。
それにしても、震災直後には、海外のメディアには日本は放射能汚染で危険だという内容が流れ、外国人はいっせいに出国してしまいましたが、あれほどの恐ろしい風評はないくらいでした。私たちが鬼の国にされたんですね、あの時は。その時の風評が逆輸入されて、日本人がおびえているのは、ナンセンスなことなのですが、欧米の意見は信じやすいようです。

鬼や怪獣が出現したわけではありません。実際に起こってしまった災害や、テロというものを直視し、現実は現実として、これからを確実に歩んでいきたいですね。
どうか、上のニュースの内容をしっかりお読みください。



今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:2011.09.06 和泉川 クサギ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



【関連する記事】
posted by kuri-ma at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック