さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年08月25日

私たちの命の出発は?!絵本「つながってる!〜いのちのまつり」より


蝶&蕎麦の花


今日は小学校の道徳の副本にもなっているという「いのちのまつり」という本のシリーズを紹介します。
よくよく考えてみれば、私たちは皆、母のへその緒でつながっていました。命が一人の母から与えられたのですが、母も祖母と、祖母も曾祖母とつながっていました。子どもの視点で、へその緒がつながっているところを想像したのがユニークなところですが、血筋ということを考えた時、確かに私たちは先祖とつながっています。

4763197428.jpg


つながってる!
「いのちのまつり」


「生まれる!生まれる!」
ともだちにそう言いながら、
ミズちゃんは教室を飛びだしました。
いそいでくつをはき、
運動場をななめに横切って、校門からは全速力!
ランドセルの中で
教科書と筆箱がゴトゴトおどっています。

「生まれたー!?」
玄関のドアを勢いよく開け、
ミズちゃんは大きな声で叫びました。
「こっち! こっち!」
奥の部屋でお母さんがよんでいます。
すみにおかれたダンボールの箱の中から
「キュンキュンキュン……」
かわいらしい小さな声が、いくつも聞こえてきます。

「あっ、生まれてる!」
犬のパールが、子犬を産んだのです。
「1,2,3……うわぁ〜7匹も! かわいいっ!」
目をつぶったまま、
モコモコ動いている子犬たちのおなかに、
ひものようなものがくっついています。
「お母さん、これなぁに?」
「へその緒よ。パールと子犬は、
へその緒でつながっていたのよ」
「つながっていたの?」
おどろいているミズちゃんに
お母さんが言いました。
「ミズちゃんもお母さんとつながっていたのよ」
「えー! ほんと?」
ミズちゃんの目がまん丸になりました。

「お母さんはおばあちゃんとつながってたのよ」
「おばあちゃんは?」
「ひいおばあちゃんと」
「ひいおばあちゃんは?」
「人はみんな、生まれてくるまで
お母さんとへその緒でつながっているのよ」

ミズちゃんの頭の中で、
へその緒が次から次につながっていきます。
「ねーねー、お母さん!
へその緒って、どこからつながってきたの?」
お母さんはニッコリ笑いながら言いました。
「最初のお母さんじゃない?」
「最初のお母さん……?」

その夜、ふしぎな夢を見ました。
最初のお母さんからつながってきた、
へその緒のいちばん端っこをにぎって、
ミズちゃんは立っています。

空にポッカリ穴があいていて、
たくさん赤ちゃんがプカプカ浮かんでいます。
握っているへその緒をクイックイッとひっぱると……

「びよ〜ん!」ミズちゃんは、
穴の向こうに飛びだしました。

「すごーい!みんなつながってる!」

「ミズちゃん! 起きなさーい!」
お母さんの声で、ミズちゃんは目をさましました。
おへそをさすりながら夢のことを思い出していると、
奥の部屋から子犬の声が聞こえてきました。

のぞきに行くと、
小犬たちはパールのおなかにもぐりこんで、
いっしょうけんめい、おっぱいをのんでいます。
パールは子犬たちを1匹ずつ、
やさしく、ていねいに、ていねいに、なめています。
ミズちゃんの心がジーンとふくらんできて、
涙がこぼれそうになりました。

数えきれないほど、たくさんのお母さんたちが、
数えきれないほど、たくさんの赤ちゃんを産み、
数えきれないほど、たくさん抱きしめて、
つながっていく大切なもの……

ミズちゃんは、思わずお母さんに抱きつきました。
「お母さん、ありがとう!」
作:草葉 一壽(くさば かずひさ) 
絵:平安座 資尚(へいあんざ もとなお)



この絵本は、絵本ならではの楽しさがあって、「すごーい!みんなつながってる!」というミズちゃんの言葉は吹きだしになっていて、折り込んでいるページを開くと9倍に広がります。

「最初のお母さん」から、つながってきたのだという感性が、とても新鮮です。
実際、遺伝子の研究で、15万年前のアフリカの一人の女性の遺伝子が、人類の始まりだということが突き止められています。「最初の母」は存在するのです。はぁ。

これは、「イブ仮説」という内容をDVDにしたものの紹介です
イメージだけですが、どうぞ。↓



おんなじ母から生まれた人類ですから、兄弟げんかのような、いさかいや戦争はやめておいて、仲良くできるのがいいと思うのです。
隣の韓国に対してのフジテレビにあてつけてのデモも、自分のことしかかわいくない子どもじみた行為に思えてしまうのですが…。煽る人がいるのでしょうね。

絵本の女の子ミズちゃんのように「お母さん、ありがとう」と感謝の思いを満たしてみるのがいいと思うのです。
よくよく見たら、
今日の内容は第2弾だったようです。
順序が逆になりましたが、
第1弾の「いのちのまつり」は
また次回お伝えします。


今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:蝶&蕎麦の花 posted by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


つながってる!「いのちのまつり」
↓ 中身も見れます

kuri-maの参考記事「いのちのまつり」シリーズ
 「おかげさま」に支えられる感謝の毎日?!〜おかげさま「いのちのまつり」より
 私たちに命をくれた人って?!「いのちのまつり」



【関連する記事】
posted by kuri-ma at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命と赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック