さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年07月25日

一晩中戦った末得たものは?!「太陽の破片」〜尾崎豊の求めていたもの9


5883742乳房雲と太陽柱 - コピー.jpg


自由 平和 そして 愛を何で示すのか
だから 一晩中 絶望と戦った
僕はただ 清らかな 愛を信じている




尾崎豊が一晩中戦った相手とは、失望、欲望、絶望…。希望の対局にあるもの、マイナス的な望み、よこしまな望み、そしてそんな望みさえもう、絶え果ててしまったというそんな絶望の淵から、這い上がるようにして、新しい朝を迎えるのです。太陽の輝く朝を。

「太陽の破片」とは何なんだろうかと考えました。
字のごとく、ほんの小さな太陽のかけら、のような意味でもあるとも思えます。それも切れそうなくらいに鋭いかけら…。
詞を読んでいくと、「太陽の破片」の前の部分には、「悲しみがこぼれぬよう」とか、「あわれみが…生まれる」とかあって、「太陽の破片が(僕の)頬をつたう」という表現になっています。
もしかして、「太陽の破片」とは涙につながる表現なのかな、とも思いました。

一見、さらっと聞いていると、愛を失った男が失恋の絶望と、手に入れられなかったものに対する消えない欲望への葛藤で一晩眠れなかった歌だ、と取れるようになっています。
しかし、尾崎の歌い方は、そういう安っぽい恋愛沙汰を越えているように聞こえます。
それに、自由、平和、愛という言葉を連ねたのは、それを信じたいからでしょう。まだ清らかな愛を信じている彼は、真の自由や平和も信じていたのに違いないと思うのです。

もしかして、彼の求めていたものは、息子の裕哉さんに実っているのかもしれないな、となんだか思わされました。
私たちが人生の中で、必死に求め、得ようとして努力したことは例え徒労に終わったとしても、それは決して終わりではありません。形にならなくても無駄ではなく、努力した注いだエネルギーは、私たちの大切な人に受け継がれていくようになっています。未来の人たちに、受け継がれていくでしょう。

一晩中戦ったもの、毎日頑張ったこと、誰にも認められなかった苦労や、人知れぬ流した汗や涙は、とても貴重なものであるからです。「太陽の破片」を集めれば、大きなエネルギーになりはしないでしょうか。


尾崎豊 太陽の破片 

昨晩 眠れずに 失望と戦った
君が悲しく見える 街が悲しいから
昨晩 一晩中 欲望と戦った
君を包むもの全てが 僕を壊すから

すり変ってゆく現実との はざまに
描いた夢が 愛を傷つける
暮しはただ 街明りに照らされ
何を信じるの どこへ向かうの
僕の手も握らずに 消えるのは何故

誰も手をさしのべず 何かにおびえるなら
自由 平和 そして 愛を何で示すのか
だから 一晩中 絶望と戦った
僕はただ 清らかな 愛を信じている

目をつぶってみる 涙がほら渇くまでの間に
忘れられるさ 破れた約束の前で
人はいつも 偽りつづける だけど
君を もう欲望の果てに ただ
奪われたくはない

君を守りたい 悲しみ こぼれぬよう
あわれみが 今希望の内に生まれるよう
もし君が 暗闇に光を求めるなら
ごらん 僕を 太陽の破片が頬をつたう

昨晩 眠れずに
昨晩 眠れずに





今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:「乳房雲と太陽柱」




【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック