さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年06月30日

星になった?!「Stars」パク・ヨンハ今日、一周忌


8518221天の川 by フォト僧.jpg




昨年の今日、6月30日にパク・ヨンハさんが亡くなってから、一周忌の日となりました。
告別式や49日、100日の法要でも、多くのファンが訪韓しましたが、この一周忌にも1500人が既に韓国入りしていると見られます。

日本では3月からパクさんの生前の公演のもようを上映するフィルムコンサート「Park Yong Ha FILMS 2004〜2010 ☆We LOVE Yong Ha☆」が行われている。来月7日まで全国9都市で計27回の開催で、約2万5000人が観覧する見通しだ。収益金の一部は日本赤十字社を通じ、東日本大震災の被災地支援に使われる。また、9月にはメモリアル展「パク・ヨンハForever展〜最愛の息子よ〜」も開催される。


昨年の今日、折りしも日本ではコンサート・ツアーの最中で、一時帰国した間の訃報でした。
STARSと題したこのコンサート・ツアーの日程を残したまま、本当に星になってしまった、パク・ヨンハさん。自殺と思われるということで、私のブログの自殺の記事のアクセスがぐっと増えたのでした。

どんなツアーだったのか気になって、動画を見てみました。同じツアー中なのに、顔つきが著しく違うのが気になりました。ウツ症状があったということも言われていましたが、そうだと思わされるような様子も見られました。推察すれば、かなり苦しいところに追い込まれていたんだろうなと思うのです。
遺書もありませんから、発作的に自殺したことは確かで、何かに連れて行かれてしまったんですね。
どんなコンサートで、どんなメッセージを伝えていたのでしょうか。一曲紹介したいと思います。





Stars

夜空を見上げて思ったんだ
あの星から 見れば僕も 星に見えるだろう
どれだけ 高く 手を伸ばしたって 届かない
だけどいつも 見守っている

何万年経ってもずっと 変わらない想いを
誰よりも先に 君に届けたいよ

見上げれば いつもそこに 幾千の星が瞬いてる
昼間でも 見えないけど 同じように 輝いてるんだ
見つめ合う 星と星は 遠く離れているとしても
いつだって 傍に感じてる

夜空を 見上げて祈ったんだ
君がいつも 君らしく 暮らせるように

プラネタリウムよりもずっと たくさんの星の下
君のこといつも 思ってしまうよ

見上げれば 天の川に浮かぶ 引かれ合う星たちが
これからも この夜空に 同じように 輝き続ける
目を閉じて 聞こえてくる 星屑たちのざわめきにも
いつだって 君を感じてる

見つめ合う 星と星は 遠く離れているとしても
いつだって 近くにいるから


この曲を聞くと、ああ、七夕の前だったんだね、と思い出しそうですね。

星になるというのはきれいなようですが、もう動けなくなるということです。(天国に行けるほどの人は自由だといいますが。)

生前、多くの人に愛を与えようとした人ではありますが、見守ってくれていたファンの大方はまだこの世にいますから、あの世で聞いてくれる人がいるかどうかわかりませんが、彼自身も歌っているのでしょうか…。
ファンの方々の動向で、彼のあの世での様子が変化できるかもしれません。彼の分も魂を輝かせ、生を全うして、彼の手を引いていけるぐらいの人がたくさん出てくるようになってほしいですね。

アフリカ・チャドにあるという彼の名を冠した学校、そういう活動もきっと受け継ぐ人がいるのではないでしょうか。


今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は「天の川」



kuri-maの参考記事:
自殺者に贈る言葉は?!続編〜パク・ヨンハさんの‘光と影’〜 → 添付したニュースが期限切れで表示されなくなったので、同じ内容のものを添付しなおしています。

パク・ヨンハさんのためのお祈り?!「笑顔を思い出してください」

なお、パク・ヨンハさん関連の記事はひとつのカテゴリーにまとめなおしました
「自殺と魂」からどうぞ



ラベル:パク・ヨンハ
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック