さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年05月22日

「いっしょに幸せになりましょう?!」祝400記事〜いつも「幽霊」と一緒





今日のこの記事で400記事目を迎えます。毎日(時折、初めて?!)訪問してくださる皆さん、本当にありがとうございます。

一日も欠かさず続けられたことは、ある意味、奇跡的なことです。
日々、怠け者の自分との闘い、24時間では足りないという時間との闘いの中で、早朝のUPには間に合わなかったこともありましたが、なんとかやってきました。

自分の中に語ることがこんなにあったのだろうか、と思うのですが、色んなことに触発されて、やればできるものですね。
で、振り返って見ると、自分がやったというよりは、お陰さまでという言葉しかありません。

私の目的がどこにあるかというと、言ってみれば「幸せな人作り」です。
元気になる言葉を提供したり、心がまっすぐ向かうような、また家族や周囲の人とよい関わりを持てるような、自分自身も心掛けていることを、お話しています。

その中で欠かせないのが、気持ちの持ち方ですね。心持ちというものです。人との関わりの中で、波風が立って、平静でいられないことの多い私たち、でも一人では生きていくパワーも湧いてこないんですね。
目に見えない心のこと、目に見えない、神様のこと、あの世のこと、そんなことを小出しにしながら、一緒に「幸せになろう」という趣旨なのです。

見えない心、神様や霊的なものを無視した生き方というのは、「そんなのは関係ない、自分は自分の考えでいく」というのですが、自然の流れに逆らっていますから、自分勝手に暴走し、実は居心地のよさを求めるあまり、幸福には遠ざかっています。幸福ではなく快楽を求めていたに過ぎないということになります。

幸福というのは、一生懸命何かのために生きているときに、訪れてくるものであって、自分の好き勝手にしていて、得られるものではありませんね。
いつの間にか、ちょうちょが花にとまるように、いつの間にか美しい花を咲かせて、よい香りを漂わせたいものだなぁと思うのです。

「継続は力」と言いますが、毎日やるということは、できる時にやる、ということと実は似ているようで全然違います。400という数字は、できる時に続けて達成しても価値はあるのですが、毎日続けるというと、それにプラス「羽」を与えられるとでもいいましょうか。継続は力なのです。
というのは、やはり自分がすごいからできたというのではない、という経験が濃くなるからよかったかなぁと思っています。
自分のできる時にだけやるとなれば、最初から最後まで自分の力でやったという思いしかないかもしれません。

「何も無理して毎日やらなくても」という声がきこえないわけではなかったのですが、神様と幽霊たちが、「やれ」というので始めたこのブログ…。自分の中には何もなかったとしても、湧いてくるものを、毎日のように感じることができて、幸せのつまった400記事を作ることができたかなぁと思います。
この400の記事は、私の指がキーボードを叩いたものではあるのですが、自分の力ではありません。無から有を生むといいますが、何もない中から、こんな風にひとつの記事を生んでいくというのは、人間が自分で生まれてこないように、生命を与えてくれる者の力が本当に強いと、実感するのです。

感じるものすべてを表現できませんが、時には亡くなったお祖父ちゃんが導いてくれ、亡きお義母さんや、先祖、あるいは亡くなった多くの霊(たとえば、尾崎豊、金子みすゞ、相田みつを、パク・ヨンハ…)などが隣にいて、書いているという感覚です。毎日、いちいち書いていると記事が長くなってしまうので書きませんでしたが、多くの幽霊の方々、ありがとうございます。

そして、生きているみなさま、一緒に幸せになりましょう。

2010.04.13 和泉川 シロヤナギ 新芽.jpg
ひでわくさん「シロヤナギ 新芽」


今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


ひでわくさん、芥川さん、
写真の提供ありがとうございます。
感謝しています
黒ハート
*^‐^*るんるん


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/202878352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック