さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年04月30日

プリンセスたちの幸せへの道は?!英国「世紀の結婚式」に思う




写真は更に増えています↓




「世紀の結婚式」が行われる中、式典を避けるようにロンドンを脱出する人々がいたり、ウェディングの中継を見るという人は32%なのに対し、見ない人が45%という予定だったとのこと。実際はどんな結果になったかはわからないですが、イギリス国民の王室に対する意識の低さを物語っているようです。あまりの過熱気味の状況に辟易という感じなのでしょう。

ヨーロッパの王室というと、華やかなイメージがありますが、各国王室に嫁いだプリンセスたちというのは、本当に幸せなんでしょうか。
とっても失礼な言い方ですが、故ダイアナ妃の婚礼の時も世紀の婚礼と言われたような気がするのです。もちろん世紀は変わったわけですが…。
「世紀のウェディング」でも、普通の結婚式でも、それがゴールではなく、そこからが本当の勝負、幸せへの道の出発となるからです。今日は少々辛口のお話になるかと思います。

ヨーロッパの王子の妃となった方たち(プリンセス)を見てみますと、スペインのフィリペ皇太子が結婚したのは、離婚暦のあるレティシア妃。
フェリペ皇太子と出会う前、レティシアさんはマドリッドの高校で文学を教える教師と10年間の交際を経て、27歳のときに結婚しています。その1年後に離婚が成立していますが、このことについて皇室スポークスマンは「彼女の離婚は(皇太子との結婚の)障害にならない。今日のスペインでは普通のことだ」と発表しています。ちなみに、レティシアさんの両親も1988年に離婚しています。

ノルウェーの皇太子妃は、シングルマザーで麻薬の経験者、もちろん立ち直って、ドラッグ防止のための社会貢献をしているようですが。
デンマーク女王の次男ヨアキム王子は、離婚しています。
また、オランダのフリーゾ王子は王位継承権を放棄してまで、スキャンダラスな過去を持つ女性を選びました。麻薬王や、マフィアや、もと国連大使の愛人だったという疑いがあるようです。
モナコ公室となると、もっと開放的で、故グレース妃の忘れ形見の二人の王女(公女)は、それぞれ数回以上の離再婚を繰り返しています。

厳しいはずの王室、イギリス王室は1981年のチャールズ皇太子がダイアナ妃と結婚した頃には、王室に嫁ぐ場合はバージンが条件のひとつになると聞いていましたが、そのダイアナ妃とは離婚して、若い頃に付き合っていた離婚歴のあるカミラさんと再婚しました。
ダイアナ妃も素晴らしい人ではありましたが、夫である皇太子との愛情関係は失敗し、その後は恋人がいたことは周知のことです。

こと恋愛問題、男女問題となると、ヨーロッパの王室は開かれているという言葉を越えています。
いずれ、ヨーロッパの王室をネタにして、奔放な愛情関係がどういう結果を招くか記事にできそうです。
もちろん、王室の人たちは、そこに嫁ぐ人を含めて、素晴らしい才能・資質、また美貌などに恵まれた人たちです。世を羨むロイヤルウェディングの背後には、多くの努力・苦労も伴うでしょう。
そういう人たちには、更に愛情の誘惑はつきものでしょう。だからといって…。
本来、王室であるならば、世の中に模範を示してほしい、と思うのですが、まぁ愛情を治めるのはどんな英雄ですら難しいといいますから。

故ダイアナ妃もその両親は離婚していて寂しい家庭で育った人でした。
ヨーロッパというのは、その世の中自体が、家庭が崩れているし、夫婦以外の、また結婚前の男女関係が豊かというか、乱れているというか、離婚経験者やシングルマザーは、日本よりも多いでしょう。そういう人たちには、他のことでは素晴らしい人たちも多く、差別するつもりは皆無ですが、褒めることでもないと思うのですが。

「世紀のウェディング」を見て、感じたのは、ウィリアム王子は少年の頃はとても凛々しく薄幸の王子ながら将来有望という印象だったのですが…、その時のオーラを失っているということです。嬉しいのはわかるのですが少々にやけすぎでしたし。
素晴らしいという評判の中で私の意見というのは、王子と王妃にしては、清楚さが感じられないというのか…、申し訳ない意見ですが、思春期の頃に持っていた輝きを喪失したというのが、やはり一番の印象です。ご両親が築いてしまった負の資産である、失敗した愛情の城の上に立っているからなのでしょう。
英国では一番の由緒ある王家ですが、複雑で重い背景、人の血と愛憎がからんでいるのでしょう。あくまで憶測です。

新しく生まれたカップルが、英国国民の希望となって、こんな私の不確かな感想を吹き飛ばして、よいカップルになってくれることを願っています。

今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村


kuri-maの参考記事:
ロイヤルカップルたちの本当の未来とは?!英国に続きモナコ、ブータン
New「花嫁逃亡」報道は誤報か?!アルベール公挙式、モナコ【動画とニュース】




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック