さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年04月28日

朝の「笑い」は幸せの始まり?!幸せはつかむものではなく、引き寄せるもの(3)


2011.04.25 和泉川 シロバナタンポポ.jpg


薬を10錠飲むよりも、
心から笑った方がずっと効果があるはず

アンネ・フランク
(『アンネの日記』の著者)


病気にも、不運にも、「笑顔」は何より薬になるのです。
朝、笑顔で目覚めることができれば、幸せ度がかなり高い状態で出発できます。
朝のうちにいかに笑顔で過ごせるか、これは大きなポイントです。

私は、寝起きが悪いんだ、低血圧で…とかいう方もおられるでしょうが、そうやって無愛想で朝を過ごすことになると、もったいないですよ。

朝というのは、季節では春。種をまく時だからです。
種まきは、笑顔でたがやし、挨拶や明るい言葉を植えていくのです。

仏頂面で、不機嫌な言葉、マイナスの感情的な言葉ばかりを植えていたら、どうなるでしょうか。収穫の時が恐ろしいのです。自ら蒔いた種の結果として、不機嫌な状況を得ることになるでしょう。夕方には疲れ切って、寝るときには、感謝の思いも出ずに休んでしまう、そして朝もまた……となると、悪循環です。

朝はしっかりリセットするのです。
大きな伸びをして、朝日を浴び、プラスの気をもらいます。
最初は多少無理やりでもいいから、笑顔を浮かべましょう。家族には優しく元気に、やはり笑顔を向けて挨拶するのです。そこから、希望的な思いが湧いてくるものです。

たとえ、とても心配な状況でも、朝日が昇るといういうだけで、元気をもらい、なんとかなるような気がしたりします。

一人暮らしの方も、できるだけ朗らかに、家からの一歩も希望をもって踏み出すのがポイントです。

朝は神様に挨拶するのにふさわしい時間ですから、私は朝起きるときも、できるだけ一番最初に神様に「おはようございます」を言うようにしています。
一番の運勢というのは、神様がもたらすものだと思います。大自然と言ってもいいのですが、ちょっと漠然としているので、私は「神様」と呼びかけるのが好きです。

出会った最初の人、家族や近所の人だったりすることが多いのですが、神様が会わせてくれた人だと思って、爽やかな挨拶をしてみるのです。
これで、幸せなスタートですね。

先々回、「穴あきだらけのザル」と、「花とちょうちょ」のお話をしました。

不機嫌に朝の時間を過ごしてしまうことは、後の時間を徒労に終えることになります。幸福をすくう、ひしゃくに、穴を開ける行為です。
静かに笑うだけで、ちょうちょやミツバチは自然に寄ってきます。幸福は、優しく香って咲くだけの花に自然と引き寄せられます。
花のようになりましょう。花のようになるとは、優しく笑いかけて幸せを呼び込み、豪快に不幸を笑い飛ばすことではないでしょうか。

会社や学校でも、きっと朗らかな笑顔と挨拶をする人は、花が自然に咲き香るように、爽やかな薫風を伴ったように、よい運気を持っているはずです。

朝は、笑顔、そしてできれば一日笑顔で過ごしたいですね。

終始一貫、
笑顔でとおすようにしてごらん。
不運な人、体の弱い人は、
ひとしお、笑いに努力するんだ。
笑うにつれて、
人生の幸福と幸運がどんどん開けてくるから…。

中村天風
(天風会創設者)


今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は「シロバナタンポポ」ひでわくさん


【kuri-maの参考記事】
微笑みの法則?!





【関連する記事】
posted by kuri-ma at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック