さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年04月05日

「放射能ヒステリー」だった?!見えない放射能はなぜこわい(4)




今の原発問題で騒がれている放射能って、私たちにどんな影響があるのかというと、空気から自然被爆したとしても、タバコの煙よりも害が少ないし、影響がない、無害という発表は嘘ではないようです。(実際タバコの煙は有害ですが、皆ヒステリックにならず、寛容ですよね…)。
私が言っているというよりも、そういう専門家や、知識のある方々の見解であって、極めて信憑性が高いと思います。

放射能は、無条件に怖い、というイメージがありますが、医療現場でも使われていますね。健康のためにレントゲンや、CTスキャンを受けられる方もおられるでしょうが、それだって、放射線ですし、飛行機に乗った時はかなりな量だということですから、今回の事態での今のところの影響を怖がる必要は無いようですよ。やっぱり。
ラドン温泉ってありますが、これは逆に放射能の健康効果の表れともいえますね。

あれ、放射能って、怖くないの???
だから、「人体に即座には影響がない」と言われていましたね。

その辺りをもっと分かりやすく根拠を踏まえて知りたい、という人が多いと思います。分からないから、政府は何か隠している、とまで言い出す人がいますから(一から十まで発表する必要はそもそもないと、私は思いますが…)。影響力の多いマスコミの方々に、こういう時にこそ、頑張って分かりやすく補ってほしいのですが…。

私が、個人的に情報を収集しただけでも、ヒステリックになる必要は、きっとないのです。落ち着いて、これらに目を通されて、ご自分で確認されますように。
気になる水と放射能との関係もまとめ直しました。前回の記事の追記が膨れ上がってしまったので、整理して今日、新しい記事にすることにしました。さらに放射能について、分かりやすい情報も集めてあります。


【放射線】どんな種類がある?人体への影響は?
あるいはこちら どちらもNewtonから同じ内容です
これは科学雑誌ニュートンに2008年に掲載されたものです。読んで確認してみてください。

これは、犬のポチを語り役に、分かりやすく解説されていて、とても生理的に納得できる内容でした。

「自分の中にある勝手なイメージや他人のウワサやマスコミの騒ぎに乗せられて、必要以上に怖がるな。大して中身を知らないのに大騒ぎするのは、愚かなことでしかない。自分でしっかり正体を調べて、その上で自分にとって本当に怖ければ大いに騒げばいい」
って、これはポチのご主人様からのお言葉です。

「放射能ヒステリー」、その表現もとても的を得ています。
今日の記事の内容は、このサイトをかなり参考にさせて頂きました。



水の件についての情報を改めて整理します。浄水器は有効かということですが、活性炭などのカートリッジ(フィルター)でヨウ素は除去できるはずだということです。そして、フィルターに付着したものは?、という疑問についても、問題ないということです。
先回紹介したサイトのコメント欄をこの記事に移します。

分析などで使う純水製造用のイオン交換樹脂カートリッジであれば、ヨウ素もセシウムもかなり除去できるだろう。水質計が電池式であれば水道の蛇口につなぐだけで使える。しかし一般家庭で使うには経費が高いし、水質を維持するには慣れが必要。
 
樹脂の再生や廃棄は、現状程度の放射能環境であれば低濃度放射性廃棄物にはならないだろうから問題なく行えるだろう。しかし、逆に言えばそのような状況では使う必要もないと言うことかもしれない。

私は化学研究者だったので、分析実験用に純水製造装置を使っていました。だから、どんな物質が吸着除去できて、どんな物質が除去できないかは心得ています。でなければ化学の研究者などできません。
 
セシウムはナトリウムの仲間で今問題になっている程度の極微量であればほぼ完全にイオン化しているはずなので吸着されます。また、ヨウ素も極微量なので同じ仲間の塩素と同じくヨウ素イオンとヨウ素酸イオンとして水に溶けているので、これも塩素同様に吸着されます。ただし、水道水中の高濃度の塩素は樹脂を痛めるので、活性炭で前処理するのが普通です。
 
イオン交換樹脂にしろ活性炭にしろ、重量あたり吸着できる量には限度があるので、それを超える(破過する)前に、再生または交換する必要があります。再生には手間と時間がかかるので、最近は再生済みの樹脂を詰めたカートリッジをレンタルする方法が普及しています。

放射性物質と放射線は別ですよ? 放射性物質がフィルタにたまって放射線を出し続けてもそれを浴びなければ問題有りません。
放射線自体は食品の殺菌に使われたりするので、それが水に照射されたからといっても関係ないですし。
もちろん、フィルタをなめたりしたら問題ですけど(笑)

つまり、ヨウ素はろ過されるし、フィルターに残る放射能も問題にならない、ということです。


先回の記事で「放射能が来る」と風評報道のAERA謝罪記事を載せましたが、本当に心から謝罪して、いい報道をしてほしいですね。その関係のニュース記事の紹介は当初のものよりもひとつ追加させています。
他にも、放射能の説明でわかりやすいものを紹介していますので、参考にしてください。

以上、先回の記事を整理し、補足させて頂きました。
やっぱり、ヒステリーだった、かもしれないと、思えてきましたか?
電車に乗っている人を見ても、最近は落ち着いているようではありますね。
「裸の王様」の服はやはり見えなかった、ということです。
見えなくても存在するものは多いです。見えるか見えないかということよりも、大切かどうかが問題であると思うのです。

今日もいい一日を。
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村


参照:
放射能Q&A
ポチは見た!


追記:コメントを受けて、その返事を含む記事を書きました
    見えない放射能はなぜこわい?!(4)
   コメント欄も参照


【関連する記事】
この記事へのコメント
政府や電力会社が、
本当のことを隠して嘘をついた。
その結果。
すべての情報の信頼性は、等分化された。
(一見、あからさまにトンデモに見える情報と、権威筋の科学的に見える情報との間に、実はそんなに差、違いはありません、いや、以前はあったかもしれませんが、情報を握り公開する側が嘘をついてしまったために、同じになってしまったのです。)
ヒステリーだと形容される人と、
そうでない人の違いは、
信頼する情報の種類の違いですね。
どんなに安全であるという情報に信憑性が感じられても、それは情報である以上のものではありません。
危険だという情報に従えば、それが嘘でも本当でもリスクが減らせます。
安全だという情報に従うと、嘘であった場合、リスクをまるまる背負うことになり危険です。
(後者の道を選ぶことは、ほぼ、なにもしなくても済むわけですから、自動的に、ヒステリーに見える動作は見当たらなくなりますネ。)
はたして、このような状況で前者の道を選ぶことが、本当にヒステリーでしょうか?
私には、彼らをヒステリーと「呼びたがる」心理には、
自分の選んだ情報こそが正しい(残念です。断定し、その基準を持たなければ、ヒステリーという判定は生まれえないのです。)
信頼したい、だけど、本当かどうか、自信がないというジレンマを、反対の立場の人を批判的に形容することで解消しようというセンチメントな感覚が見て取れます。
ぶっちゃけ、どっちがヒステリーか、そうでないか、そんなことどーでもいいです。
大事なのは、情報を握り、公開する側が、
今後の情報を信じてもらえるための
彼らのアクション、我々下流の人間との信頼性の回復ですよね。
それと、
昨今の政府などの動きを見れば、
百歩譲ったとしてもそうなってもしゃあない状況でそうなってる人をヒステリーだと言うのなら、そう言える自分の余裕と冷静さを
どう活用すればよいのか、
彼らになにをどう言えば伝わるのかを
考えて見てほしいものですね。


Posted by 凡人 at 2011年09月21日 11:39
凡人さんへ
コメントありがとうございました。
このコメントの返事も含め
新しい記事にしました
http://kuri-ma.seesaa.net/article/227240505.html
見えない放射能はなぜこわい?!(4)

私がヒステリーと表現した方たちに、何をどう伝えたらいいのか、これからも考えていきたいですし、伝えるべきことは伝えていきたいと思っています。
Posted by kuri-ma at 2011年09月23日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック