さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年04月04日

この春、多くの「木蘭の涙」が…?!(元歌♪スターダスト・レビュー)


2011.03.31 和泉川 ハクモクレン.jpg


東日本大震災があってから、時が目まぐるしく過ぎて、子どもたちの卒業のシーズンも終わってしまい、今まで学生だった人が、社会人となり、季節は確実に春を迎えています。
被災地はまだ寒いのでしょうか。

気が付けば、木蓮の花が咲ききってしまいました。

木蓮は、「コンパスの花」と言われるくらい、正確に南を向いて咲くのです。
多くの花が同じ方向を向いて咲くのは、鳥がとまっているかのようであり、とても華やかで、気品のある花だと思います。

私の身近にも、写真の白木蓮、そして、唐木蓮と言われる赤紫に花びらの内側が白というものもあって、とても鮮やかで目の保養になります。
木蓮が咲くと、桜の開花も近い、というのがわかります。
木蓮は、一方向しか向かない、一人の人しか見ないというシンボリックなイメージもあるような気がします。

今日紹介する曲は、元々はスターダスト・レビューが歌っていましたが、最初はもっとアップテンポの曲だったのです。私は後に出されたピアノ・バージョンが好きです。多くの人に歌われていて、とても愛されている曲です。
スタ・レビの根元要と小田和正のセッション、コブクロと佐藤竹善などなど…。

歌の内容は、この世を去ってしまった恋人(パートナー)を偲ぶものです。

木蓮の咲く頃、記事に取り上げようと思っていたのですが、こういう未曾有の出来事が起こると思っていなかったので…。
多くの犠牲になった方々の魂に、また大切な方を亡くされた方々には、まだもしかしたら聞ける心境ではない曲かもしれませんが、捧げる気持ちで紹介します。

「木蘭の涙」

逢いたくて 逢いたくて
この胸のささやきが
あなたを探している
あなたを呼んでいる

いつまでも いつまでも
側にいると 言ってた
あなたは嘘つきだね 心は置き去りに

いとしさの花篭 抱えては微笑んだ
あなたを見つめていた 遠い春の日々

やさしさを紡いで
織りあげた 恋の羽根
緑の風が吹く 丘によりそって

やがて 時はゆき過ぎ
幾度目かの春の日
あなたは眠る様に 空へと旅たった

いつまでも いつまでも
側にいると 言ってた
あなたは嘘つきだね
わたしを 置き去りに

木蘭のつぼみが
開くのを見るたびに
あふれだす涙は 夢のあとさきに

あなたが 来たがってた
この丘にひとりきり
さよならと言いかけて 何度も振り返る

逢いたくて 逢いたくて
この胸のささやきが
あなたを探している
あなたを呼んでいる

いつまでも いつまでも
側にいると 言ってた
あなたは嘘つきだね
わたしを 置き去りに



いろんな方が歌っているにも関わらず、
私はこの動画の歌声が一番好きです。
プロの方ではないのですが。


尚、この歌の歌詞では、「木蓮」ではなく「木蘭」です。漢語の書き方だそう。ウィキペディアを見てて初めて気がつきました。


今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真はひでわくさん「ハクモクレン」



【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック