さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年03月23日

見えない放射能はなぜ怖い?!「裸の王様」の服を信じさせるデマの効果






巨大地震、津波という想像を絶する出来事があり、今福島原発の問題で、三重苦を日本が襲いました。
福島原発の事態は深刻ですが、関係者が懸命に対処しているはずです。私たちは信じて祈り、必要以上に恐れないことです。

様々なデマが飛び交い、被災地で厳しい生活を強いられている人たちにまで、そんな噂で不安を煽っています。肯定的なことを、信じるべきでしょう。

トラックが福島方面には行かない現実があるようです。
原発の30km圏外であっても、ガソリンや食料などの物資は全然ない(来ない)と言います。多くの人は家や家族を失い、避難生活を余儀なくされています。家が残ったとしても、物資が来ないのでは…。
ある医療関係者は、病院の仕事のために現地に残っていますが、ガソリンがないので、家に帰ることもできないといいます。

もちろん放射能は恐ろしいものですが、見えないからといって、やみくもに恐れることはないと思っています。

政府の公式発表よりもデマを信じるのでしょうか。

政府は事実を隠しているんだ、と言われる方がいますが、だとしたら、政府がそんなことをする意図は何なのでしょうか。

政府が無能だから、信じられないという人がいますが、だからデマの方が信じられるのですか?

公式発表より確かな情報はないはずです。もっと知りたいのも分かりますが、危険性も十分配慮してくれていると、信じるほうが無難でしょう。本当かわからないデマを信じる必要はなく、情報量が少ないといっても、公式な発表を踏まえて考えるべきです。

政府が無能論は、今論じても仕方がないことで、今後私たちがしっかり選んでいかなければならないのではないでしょうか。トップに立つ人たちには、確かにしっかりしてもらいたいですが、私たちというのは、本来支えていく立場なのではないでしょうか。

支える立場が問題だと思います。政府に花を持たせてあげられるか、どうか。たとえ、頼りなかったとしても、様々な意見があったとしても、デマを流すのがいいとは思えません。

専門的な知識や、有用なアイデアがある方は、どんどん積極的に協力したらいいと思いますし、いろんな利害を超えて、今困難な事態に心を砕き、更に具体的に動くべきです。そんなことが現場ではされているに違いありません。

私たちは、見守る立場として、不安はあるのですが、デマなどのマイナス材料に踊らされているのではなく、やるべきことをやりましょう。
やるべきことをして、備えもしつつ、後は祈って待つだけ。

今回、日本中、世界中の人たちが祈ってくれていると思いますが、祈るといっても、祈り方があるのです。
パワースポットへのお参りの仕方で少しお話したことと通じるでしょうか。
今回、思わず祈ってしまった方も多いでしょう。確かに非常時には、大きな声を出すように、お祈りも緊急性のあるお祈りでも仕方がないと思いますが、今は静かに、原発が静まってくれることを信じて祈りたいと思います。

見えない放射能は恐れても、見えない神様を信じないで祈ることはできません。祈るなら、肯定的なことを信じて、祈るのがいいお祈りです。
放射能を恐れる気持ちはよくわかります。やみくもに、外に出たくはないですね。ただ、デマを信じるのは、裸の王様の着る、ありもしない服を信じるようなものです。

よい結果を信じて祈っていくと、気持ちも前向きになり、復興へのよい考えが浮かんでくるでしょうし、人に対しても明るい言葉掛けができると思います。パワーの源になってくれるはずです。
朝日のエネルギーは、より希望を与えてくれるパワーがあるとか。早起きして、朝日を浴びて祈りましょう。(ガラス越しでも。)
今日も笑顔と挨拶を。

震災以降、希望的な動画を発信してくれている
山中允さんのピアノから、
kuri-maのお気に入りの曲をどうぞるんるん


よい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック