さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年03月18日

心は見えないが、心づかいは見える?!ACジャパンCMから






行為の意味

    
− あなたの〈こころ〉はどんな形ですか
と ひとに聞かれても答えようがない
自分にも他人にも〈こころ〉は見えない
けれど ほんとうに見えないのであろうか
確かに〈こころ〉はだれにも見えない
けれど〈こころづかい〉は見えるのだ
それは 人に対する積極的な行為だから
同じように胸の中の〈思い〉は見えない
けれど〈思いやり〉はだれにでも見える
それも人に対する積極的な行為なのだから
あたたかい心が あたたかい行為になり
やさしい思いが やさしい行為になるとき
〈心〉も〈思い〉も初めて美しく生きる
− それは 人が人として生きることだ
 

宮澤章二


mienai.jpg

“Thought” is not visible to anyone. 
“Thoughtfulness”is able to see.
“Heart” is not visible to anyone.
“Warm-heartness” is able to see to anyone.
               (その気持ちを形に Express your warmth)


裏を返せば、行為で示しましょう、ということですが、
この詩の言葉は、お説教じみていなくて、とても優しいです。
今、金子みすゞさんの詩と共に、日に何度もCMで流れています。
え、知らない誰?と早速検索してみました。
今日も地震関連の記事にしようと思っていましたが、急遽、変更しました。
とても今にふさわしい詩だと思うから。
「心」「思い」は行為になる時に美しくなる、美しく生きることにつながるという言葉、心に響きますね。

中学生のために詩を書き続けられたという宮澤章二さん。
有名なものでは「ジングル・ベル」などがあり、
300もの校歌を作られた方だとか。

子どもにもわかる言葉で、中学生や若者だけでなく、私たちすべてに力を与えてくれるものとなりそうです。

息子さんが出演されたYouTube動画を見ましたがこちら
そこに紹介されていた詩も併せて紹介します。


君たちが歩くとき

君たちが歩くとき
君たちは一人ではない
隣りにも 前にも 後ろにも 
君たちの仲間がいる

仲間のすべてが 汗だらけの顔で笑う
仲間のすべてが 信じ合う声で歌う
その顔にかがやく 君たちの希望
その声が呼ぶ 君たちの未来
君たちの心のカメラは 
大自然のよろこびをとらえ
人間同士を結びつけるきずなの太さを写す

君たちが歩くとき 
君たちは一人ではない
隣りにも 前にも 後ろにも 
同じ道を行く仲間がいる
互いに支え合う仲間がいる
詩集のとおりに漢字等の表記を改めました
2012.3.9


最近、ACジャパン(公共広告機構)のCMが目立ちますが、地震の影響で企業がCMを自粛しているためだとか。でも、こうして見ると、いいCMが多いですね。
また、追々紹介していきたいと思います。

よい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


ACジャパンのページからも、CM動画など見れます。
(アクセスしづらい状況があるようですが)
ACジャパン―見える気持ちに。

kuri-maの参考記事
 私の言葉が返ってくる?!「こだまでしょうか」金子みすゞ詩の世界14

行為の意味―青春前期のきみたちに」宮澤章二
紹介はこちら
行為の意味.jpg  


posted by kuri-ma at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ACジャパンCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 同感です…行動科学を教えていただいた事が…言葉を交わさなくても思いは行動やしぐさで伝わります♪

 我先にと席取ゲームの学生…教育って必要な事までもそぎ落とされて♪
Posted by ひでわく at 2011年03月22日 09:53
ひでわくさん、ありがとうございます。
言葉ではいいことは言えても、ということはありますね。
学生たちの姿は、大人たちの反映かもしれないと歯思います。
よい心遣いや、思いやりの伝え方も、教える人が必要なんでしょうか。
Posted by kuri-ma at 2011年03月22日 17:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック