さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年03月13日

「いのち」って?!「幽霊」になる前に


バチ.bmp



    あのバチ このバチ
  思い当たるバチがいっぱい
  それでもまだ、天がわたしを生かしてくれる


相田みつを
 

今回の東北地方太平洋沖地震は、未曾有の大惨事となりました。 
地震後数分で津波が押し寄せ、逃げる間もなかった多くの人たちもいたようですし、避難途中で巻き込まれてしまった人も多数いるようです。

最初の激しく長い揺れの中で、被災地に遠い私でさえも、恐怖を感じました。そして、その間、大きな被害が出なければいいと祈りながらも、湧いてきた胸騒ぎ。最初はテレビを見ていても、被害状況は容易に分かりませんでした。分かってくるにつけ、震えが来るような思いでした。
1000人を越える規模かもしれないと、思わされたのは、昨日の記事をあげる前のこと。その予感が当たってしまいました。まだどれくらいの犠牲者に膨れ上がるか、見当もつきませんね。

多くの人が、願わない死を突然迎えたことは確かです。
大量の仏様が出たのですが、このように突然死を迎えた時、あの世の自分にふさわしい場所に行くことができるだろうかと心配です。

人は49日までの期間に、あの世の自分の魂の基準にふさわしい場所に行き、落ち着かなければなりません。その期間が過ぎると門がしまってしまうといいます。
そうしなければ、さまよう浮遊霊(これが厳密にいうところの「幽霊」です)になるか、あるいは自爆霊になるか、生きている人たちや、物などに憑くか。一般にこういう霊は「浮かばれない霊(不成仏)」といいます。
「浮かばれる霊(成仏)」というのは、自分のあの世の家に落ち着ける霊です。
自分にふさわしい場所といっても、そこが「地獄」なら、絶対行きたくありませんし、成仏できたとはいえません。

私たちは、もっと善行を積んで、いざという時に、あの世に送られても、潔く自分の場所に行けるよう準備しておかなければなりません。
でき得るならば、犠牲になった方々が、無事に魂の住処に行って、新しい「あの世」の生活(霊界ライフ)を出発してほしいと思います。
今回の災害で、多くの人が、犠牲になり、成仏できなく彷徨いそうで、一昨日から心が痛くて苦しくて、落ち着かないのです。
とにかく、ご冥福をお祈りいたします。
そして、多くの命の無事を心からお祈りいたします。

地震の後には、津波も来るんですね。一難去ってまた一難、これは私たちの人生に往々にしてあることかもしれません。

私の話をたわごとだと思われる方もおられるでしょうが、いつか必ずあちら側に行く時が来るのです。後、一世紀後と言わず、何十年後かには、あなたも私もこの世の人ではなくなっているでしょう。
その時にわかっても後の祭りですから、今から準備した方がいいのですが。
でも、その時は、どうかせめて私の言葉を思い出してほしいのです。
そして、必ず、自分のあの世の家の門をくぐってくださいね。

こうして、今日も命があることを有難く思いながら、あの世では空気のように「愛」を呼吸して生きるといいます。少しでも慣れておかなければ。
肝に銘じて、もっとまともに生きよう、もっと誰かの役に立とう。そう思っているところです。

無事に一日を過ごせますように。
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村
 


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック