さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年12月03日

与え好きになる?!「わらしべ長者」と「舌切り雀」のお婆さんの違いは?〜正しい生き方をクセづけ、成功者のメッセージ2〜


2010.12.01 大池公園への道 銀杏.jpg


私が何を与えられることができるでしょうか。
そんな時、純真な子どもや、赤ちゃんや、きれいな花や、心を打つ音楽などを思い浮かべます。
かわいい、美しいものには存在するそれだけで価値があります。

では、私は何を与えられるでしょうか。

見返りを期待せず、与え好きになるギブ&ギブレベルは、
一見損をするように思えますが、実際はこれが一番、
ビジネスにおいても生活においても良い方法のようです。
上手に生きていくには、エゴをなくし、人間性を高め、
ギブ&ギブのレベルになるのが、もっともいいようです。
自分は何を与えることができるのか。
そのように考えて行動することは、世の中のためになりますし、
ひいては自分のためになるようです。
船井幸雄



自分がどれだけ与えられるかで人脈は決まりますから、
自分に力をつけるのが先決です。
お金持ちは人脈をたくさん持っていますが、それはお金を持っているから、
人が寄ってくるのです。
相手のほしいものを持っていれば、人脈ができます。
それはお金でなくとも、知識でもよいし、心地よさでもよい。
…人がほしいと思うもので自分がさしあげられるものをさしあげたら、
人脈ができます。
…人脈を求めるよりも、自分を磨くことが先決だと思います。
小宮一慶


正しいことしか通用しないと思うから、こういう方たちの意見、
というより生き方は参考にすべきだと思います。

与え好きになるというのは、なかなかできないことですね。
これは一つの天賦のものでしょう。

船井さんの奥様がそうだといいますが、宝物のような奥様だと思います。
逆にがめつい奥さんをもらうと、しっかり貯め込めそうですが
ガラクタばかりしか残らないのではないでしょうか。
舌切り雀のお婆さんは、重い思いをして大きいつづらを持って帰ったのに、
石ころだけだったではありませんか。

人の喜ぶ顔を見るのが好き、こうなると止められないのかもしれません。
笑顔は笑顔を作り、善意はただでもっと大きな善意を作ります。

奪い合うよりも、与え合う、
ビジネスの本質は、このようなところに基本があるように思うのです。


と言われていますが、ビジネスにとどまらず、全てにおいてそうですよね。
与え合うそれだけで、世界は成り立ってしまうはずです。

「わらしべ長者」がなぜ藁一本で長者になれたかといえば、
もらおうとしたからではなく、ほしい人に提供できたからです。
彼の人間性が、よいものを得、財産を作れたのだと思います。

船井さんは、人間の意識レベルは、三つあると言っています。
テイク&テイクレベル、ギブ&テイクレベル、ギブ&ギブレベルです。

ギブ&テイクというのはよく聞く言葉です。いわば当たり前のことで、何も変わらず、大きく広がりません。

それ以前のテイク&テイクレベルというのは、エゴ中心の生き方だといいます。
つまり、舌切り雀のお婆さんです。儲けばかりを求めたら、何も得られないばかりか、ふさわしいしっぺ返しがきてしまいます。

ギブ&ギブレベルというのは、とても高尚なようですが、とても気持ちがいいことだと思います。これが本来の人のあり方で、自然の理にかなっているのだと思えてきました。

何も差し上げられないので、私の心を添えて、今日の言葉をお贈りします。

今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


今日の記事はこの書籍を参考にしました


写真はひでわくさん 「銀杏(大池公園への道)」


【kuri-maの参考記事】 正しい生き方をクセづけする?!成功者からのメッセージ
「三年寝太郎」はニートのハシリ?!あるいは機を捉えた成功者?!



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック