さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年11月30日

延坪島砲撃で考える「クロッシング」?!隔てられ引き裂かれた二つの国


20100423_1112892クロッシング.jpg


延坪島砲撃が世界に大きな衝撃を与えました。
北朝鮮はただ武力を顕すために、威嚇攻撃を仕掛けたのでしょうか。

先日の記事で朝鮮半島に厳然としてある38度線という国境は、
生死を分けるボーダーだと述べました。→こちら

北にいる人たちは、あまりの貧しさにこのままだと死んでしまうと、
命懸けの脱北を試みます。(38度線ではなく中国側からですが)

どこの国にも苦しい現状はあるといっても、ここまで人を死に追いやる国
というのは、正常ではありません。核を保有したり、砲撃したりする状況
ではないはずですが、軍備で虚勢を張るしかないのでしょうか。

フランス革命で処刑されたマリー・アントワネットが、民衆がパンがない
と暴動を起こしていると聞き、「じゃあ、なぜケーキを食べないの?」と言ったという逸話は本当かはわかりませんが、似たようなことが北朝鮮でもあるのかも。
きっと、北朝鮮のトップはルーマニアのチャウシェスクのように惨殺されることを恐れているのかもしれません。

ベルリンの壁が崩壊した時も、実は西ドイツ側が東ドイツを受け入れる姿勢を示し続け、解放しても安心だというものがあったから解放されたのです。
トップが粛清されるという恐怖があれば、解放されなかったのです。

韓半島の統一というのはそういう包容力がなければできないでしょう。
北の貧弱な群れを全て引き受ける、そして北朝鮮のトップにいる人たちの安全が保証されない限り、この無謀な独裁政治は続くと思うのです。

映画「クロッシング」は、脱北者の悲劇を描いた韓国映画です。




中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、
肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。
しかし、脱北の罪で追われる身となり、
北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、
他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。
その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。
一人残された11歳の息子・ジュニは、
父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。

クロッシング - goo 映画


この映画の主人公は妻の結核の薬を手に入れるために脱北したのですが、
その薬は保健所で無料で配られると聞いて愕然とします。

食べ物も薬もない国。自由に居住地から旅行する自由すらない中で、
多くの人はこの国に閉じ込められています。

脱北できたとしても、家族が共に過ごせるためには、
また命懸けの関門をくぐらなければなりません。無情なこれでもか、
というくらいかわいそうな、しかし現実を描いた映画だと思います。

「神様はなぜ北朝鮮をほっておかれるんですか!」
という主人公の叫びが耳に残ります。

北朝鮮の状況がもうそんなに長く続くはずがないと私は信じたいです。
そのいつか来る明日の境目というのは、誰にもわかりませんが、
それが終わってしまえば、あっけなく北の人も自由になれるのです。

祈ることしかできませんが…。祈りは大きいと思います。
無関心にだけはならないようにしたいと思うのです。

この映画のコメントから一部紹介します
クロッシングは、北朝鮮の人々がこの10数年、どのように生きて
死んでいったのかを、詳細に見事に描き切った。
日本に住む者が、隣人の未曾有の苦難と悲しみを知る上で、
現在、最も良質な作品である。

(石丸治郎、ジャーナリスト・アジアプレス)

どんなに涙が流れても、目をそむけないでみてほしい。
ルワンダでも、スーダンでも、コートジボアールでも、
私は、こういう子ども達を見てきた。
誰のせいにもしないで、大人を信じて、必死に生きようとする子ども達!
世界中から、こういう風に生きる子どもが、いなくなりますように。

(黒柳徹子、女優・ユニセフ親善大使)


アフリカの国々の比ではありません。最も近い国で、このような悲惨な
状況があるということを、心にとめていきたいです。

クロッシング.jpg
写真は親子がサッカーをしている幸せな頃の回想シーン


今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村



参考サイト:映画『クロッシング』オフィシャルサイト


【kukri-maの参考記事】延坪島砲撃!朝鮮半島はいつなぜ分断され、いつそれが解けるのか…?!





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック