さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年11月02日

切ないことがあったなら…男は河に女は海に?!


src_11569728.jpg



まず、詩を読んでください。

さだまさし 男は大きな河になれ
〜モルダウより〜

♪ せつないことが あったなら
大きく叫んで 雲を呼べ
それでも雲で覆えぬほどの
男は大きな宇宙(そら)になれ
嬉しい時は腹から笑え
笑えば嬉しい花が咲く
心を花で埋めて見せろ
女は優しい風になれ
苦しい時こそ意地を張れ
目をそらさずに雨を見ろ
泣かずに雨を集めて そして
男は大きな河になれ

寂しいのは一人だけじゃない
歩けば転ぶ 怪我もする
そこで捨てたなら負けになる
男は大きな夢になれ
喜びは人と分かちあえ
悲しみは人に預けるな
許せる限り受け止めてやれ
女は大きな海になれ

寂しいのは一人だけじゃない
歩けば転ぶ 怪我もする
泣かずに雨を集めて そして
男は大きな河になれ
男は大きな河になれ るんるん




原曲は、ご存知チェコの作曲家スメタナの「モルダウ」です。
6つの交響詩「わが祖国」の中の一つですね。

ヴルタヴァ川というようですね。モルダウは、ドイツ語です。
プラハで撮影した素敵な写真がありましたので、ご覧ください。
こちら

モルダウは日本では、合唱曲としての編曲が有名ですが、
このスメタナの交響詩は、本当に雄大な流れが聞こえてきそうな
曲ですね。

秋らしいきれいな画像の、次の動画でお楽しみください。
スメタナ / 交響詩「モルダウ」SMETANA The Moldau


なぜか、この季節に合わせて、素敵な画像ばかり集まってきたようで
とても満ち足りた気持ちになります。

何にも書く必要がないようですが、再びさだまさしに戻りましょう。

この詞は一言一言がとても効いてくるような、力のある言葉です。
どこを切り抜いても、様になる詩というのはなかなかありません。

喜びは人と分かちあえ
悲しみは人に預けるな
許せる限り受け止めてやれ


泣かずに雨を集める」という表現も好きです。

チェコのプラハというと、「プラハの春」が連想されるように、共産化時代の悲しい歴史がありました。
スメタナの頃には、まだ美しく豊かなものだったのでしょう。

では、また追々こんなお話も…。

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村






【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック