さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年10月28日

「じゃじゃ馬ならし」どうして、じゃじゃ馬は馴らされたのか?!


50e71c9c.jpg


今日は思い切って、シェイクスピアを書くことにしました。

日本人に深く愛されているというシェイクスピアですが、私も好きです。
小説ブログで、「じゃじゃ馬ならし」のあらすじを載せると予告したので
どうせなら、ということで…。

「じゃじゃ馬ならし」というタイトル(邦題)がまたいい。
全作を訳している坪内逍遥の力です。すごい。

「じゃじゃ馬ならし」からイメージされるものが楽しい。
「じゃじゃ馬」というのは、逍遥がこれを訳してから女性を指す言葉になったという説がありますね。おそらくそれまでは、暴れ馬ということだけだったのかもしれません。

前置きがどんどん長くなりますので、あらすじを紹介しましょう。

ある裕福な商人に二人の娘がいた。
妹は美しく性格もよいので、求婚者が絶えない。

しかし、問題は姉のカタリーナ(ケイト)だった。
彼女は誰も手のつけられないじゃじゃ馬だった。
極端に熱しやすく、誰も制御できない。

困った父は、姉に大きな持参金をつけ、
更に姉が嫁いだ後でなければ、
妹のビアンカを嫁に出さないと公言する。

困ったのは、妹の二人の求婚者たち。
求婚者のひとりは、
お金に目のない友人のペトルーキオ(以下ペト*)に持参金の話をする。

ペトは人並みの男でなく、いわば破天荒な怪物。
じゃじゃ馬のカタリーナも口で負かされて、瞬く間に結婚式に。

夫となったペトは妻をケイトと呼び、馴らし始める。

食事をさせない、睡眠をとらせない、着飾らせない、
ペトはあらゆる理由をつけて、これを徹底し、
ケイトは生まれ変わる。
従順な女へ。

実家では、妹も結婚し、
ペトの友人はあきらめて他の女性と結婚する。

この三組の夫婦が集まった宴で、男たちが賭けをする。
父は更に大きな持参金を添えると言い出す。

夫たち三人の「すぐに来なさい」という申し出に従ったのは、
ケイトだけだった。


あらすじでは実は、この「じゃじゃ馬ならし」の面白さは伝えられません。
言葉の掛け合いが面白いのです。
ケイトがああいえば、ペトがこういう。
最初は、まるで反発しているように見えるケイトも
最後には、ペトが太陽を月といえば、そうだと言うようになります。

「じゃじゃ馬ならし」の経過は描かれていないので、若い頃読んだ時は、
どうして、ケイトが従順になったのか、不思議だったのですが…。

ペトは、彼女に食事、睡眠、着飾ることをさせない間は自分もしないのです。
そして、最後には褒めてやろうというのが彼の作戦でした。

「褒める」というのがよかったと思いますが、
彼はなかなか優しい人で、器が大きいんですね。
きっとペトは優しくしてあげたんではないでしょうか。

ケイトもその掛け合いの中で、愛情を育んでいったような気がします。

彼女は徹底的に否定されたようで、実は内面に持つものを引き出された、
つまりすべてを認められたんではないでしょうか。

“Kiss me Kate”という台詞が三回出てくるのですが、
応えるケイトの気持ちが、変化していっているのは確かです。

張り合うよりは、夫の言う興にのってみよう、そんな風に彼女も楽しんでいるのかもしれません。

フェミニストが、反対する面の多い戯曲ですが、
多くの人に愛されるのは、気分のよさの残るお話だからでしょう。

また、追々こんなお話も。

今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


*ペトについて
追記:ケイトというのは、カタリーナの愛称の一つで、
   ペトルーキオが実際そう呼んでいますが、
   ペトルーキオをペトというのは、私が勝手に略しました。
   聞きなれない名前だとややこしいので。
   正確さをきするシェークスピアファンの方がおられたら、
   失礼をお詫びします。

参照:じゃじゃ馬ならし - Wikipedia
   『じゃじゃ馬ならし』 The Taming of the Shrew←シェイクスピア全作品解説、あらすじ


【参考書籍】
        

【参考ブログ】 kuri-maの小説を発表しています↓
      「じゃじゃ馬ならし」プロジェクト?!(3)眠り姫と眠り王子36
 

写真は「パノラマな人生」より『女心と秋の雲』



posted by kuri-ma at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の本棚 文学の香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック