さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年10月15日

もしも空がガラスだったら…神様が見える?!金子みすゞ詩の世界4


7.jpg


     山と空

もしもお山が硝子だったら、
私も東京が見られましょうに。
  お汽車で
  行った、
  お兄さんのように。

もしもお空が硝子だったら、
私も神さまが見られましょうに。
  天使に
  なった
  妹のように。

          金子みすゞ


もしも、山がガラスのように透明だったら、
もしも、空がガラスのように透明だったら…。
ドキッとするような表現です。

もしも私の心がガラスだったら…。
考えただけでもドキッとしませんか?

東京という具体的な見えるものの代表と対比して、
神様を置きました。
東京は距離的に離れているだけですが、
神様のいる空は、どれだけ離れているのでしょうか?

金子みすゞの最期は自殺です。
覚悟の上の、娘のために最後に命を張った自殺でした。

自殺する人にも、いろんな自殺があります。

細川ガラシャという人がいます。父は明智光秀。
彼女はキリシタンとして有名ですが、
関が原で石田光成の人質となることを潔しとせず、
具体的には、家臣に槍で突かせて亡くなります。

散りぬべき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ

ガラシャの辞世の句です。

覚悟の上の死だったわけです。

多くの自殺者は思い詰めてそれしかないと思って、
死を選択するのでしょう。

今年亡くなった韓流スターのパク・ヨンハさんも
自殺と思われますが、どのような種類の自殺になるのか…。

彼を霊視したという霊能者のブログを見てみましたが、
他の自殺者に比較すれば、彼は感謝していて穏やかだということ。
それが何を意味するのかは、私にもわかりません。
霊界に行ってみなければわからないのです。

生前が生き地獄だったなら、死んでその地獄が続いても
耐えられる人もいるのかもしれません。

私の心がガラスのように透明で筒抜けな世界、それがあの世です。

純粋な人はこの世では生きにくいけれど、
あの世では生きやすいかもしれません。
かも、ですよ。苦しさも一緒にあの世に持っていくんですから。

パク・ヨンハさんのファンの方々は、後を追うこともなくけなげだなぁ
と思います。
100日の頃にまたメッセージをと思っていましたが、
何か、今日書きたくなりました。(今日は何日目?)

祈り続けましょうね。そして、一生懸命生きましょうね。
私たちができるのは、それが一番いいし、
それしかないと、私は思います。

またこのお話は、追々いたしましょう。

今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村




【関連する記事】
posted by kuri-ma at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック