さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年09月24日

見えないものを感じる目?! 「不思議」金子みすヾ2

han0327-066_m.jpg


不思議 

私は不思議でたまらない、  
黒い雲からふる雨が、  
銀にひかっていることが。  
     
私は不思議でたまらない、  
青い桑の葉たべている、  
蚕が白くなることが。  

私は不思議でたまらない、      
たれもいじらぬ夕顔が、       
ひとりでぱらりと開くのが。  
    
私は不思議でたまらない、       
誰にきいても笑ってて、       
あたりまえだ、ということが。  



当たり前だと言ういう人の多い中で、不思議だと思える感性。
見えないもの、見えてこない裏側を見れる感性。
子供の柔軟さに似ていますが、それだけではない。

金子みすゞという人がこの世に送られてくるまでに
知られない何十年もの期間を経ました。
誰にも知られずに、
その詩の理解者であった弟さんだけが密かに知るだけで
見えない存在でした。

私たちが彼女を必要だから
今、こうして陽の当たるところに出てきたのでしょう。

金子みすゞの生きた、戦争と闘争に明け暮れた20世紀はもはや終わって
私たちは、まだ見ることのできない未来をも憂慮し、
見えない次世代のために投資のできる
そんな時代になったと思います。

簡単に見えないものはたくさんあります。

私は、人の意見も参考にしますが、
何かを判断する時、自分の良心に聞いてみます。
お祈りするのですが、
そうすると、自分の感情的な思いではなく
真実が知らされるような気がします。

どうも、しっくりこない、とか
これが筋だ、とか
こうしてみる手もあるぞ、とか…。

静かに自らに語りかけると、おそらく見えない大きな存在が
答えをくれるのかなぁと、思うのです。

私も納得して、見えない神様も納得する答え、
あなたの隠れた一番、
探してみてください。

今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村







【関連する記事】
posted by kuri-ma at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック