さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年09月21日

婚カツ時代のよい結婚の勧め?!(3)そもそも、私はよい伴侶になれるのか

han0306-039_m.jpg


先日出した宿題を覚えているでしょうか。

いい伴侶を得たい、
そして私もいい伴侶になりたい
」と心から願うこと。

まず、願わなければ、何となく頭で理想の人を思い浮かべているだけで
実現するわけがありません。

大丈夫。自分にふさわしい人が現れると思ってください。

そうすると、自分のことも振り返ってみてしまいますね。
「私は素敵な人がいいのに、そういう人は、今の自分には
釣り合わないかもしれないな」となります。
なんか悲しくわびしいけれど…。鏡に写る現実はそうです。

でも、それであきらめたら生まれてきた甲斐がありません。

だから、自分磨きをするのです。
幸福になる三要素の一番目、愛情を育てるのです。
内面を輝かせるのです。

考えてみれば、結婚とは自分を主張していたら、成り立たない
ところがあります。
相手のために家族のために犠牲になる部分は大きいかもしれません。
結婚前は友人関係の中で、そういうものが培われるでしょう。

私の父が、まだ私が10代の頃、
「結婚する相手は、その友だちを見たらわかる」と言っていました。
友人が多く、みんなから慕われて信頼されている人がいい、と。
友人が、「あいつはいい奴だ」と言う男と結婚しろ、というのでした。

私はそういうものか、と思っていましたが、
結婚前、主人のことを周りの方々が褒めてくれ、
中には「できた人ですよ」なんていう意見もあって、それを真に受けて
結婚したのです(笑)。

周囲の人の意見も参考にしたらいいですが、やはり
お互いにふさわしい相手と縁があるいうのは、何よりの真実です。

婚活時代は未来の相手が、誰なのかわかりませんね。
いい伴侶を得るために、私もその見えない未来の伴侶に
ふさわしい人になりたい、まずここがスタートではないでしょうか?

そういう動機、その「見えない人のために」というのが、男性を頼もしく、
女性を美しくしていく、と私は思います。

今しかできない、自分の内面、魂を磨くこと、
それはあなた自身を高潔に保つことです。
内面から出る輝き、特に結婚前の男女が持つ輝きは、
磨くのは大変ですが喜びを伴うでしょう。

それは永遠の伴侶を深く愛するための、準備になるのです。

浅はかな行動で、その輝きを失うのは簡単です。要注意です。
せっかくの苦労は実らせないと。

  
  内面を輝かせる秘訣を伝授しましょう。
  現実を映す鏡、そこにあなたが映っています。

  にこっと笑ってください。これであなたの魂も何割増しかに見えるはず。
  そして、挨拶と返事を爽やかにできるように、訓練しましょう。

  第一印象が大事とよく聞くと思いますが、これはそう思っていても
  普段の地が出てしまうもの。

  日頃から、素敵な笑顔と、爽やかな挨拶、よい返事を心掛けることです。
  もちろんそれだけではないのですが、
  自己実現や自分磨きをするにしても、基礎となるものかと思いますよ。

    
    また追々続きのお話も…。


今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村


ラベル:婚カツ 結婚 婚活
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック