さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年09月10日

唯一、信用できるmade in China?! パンダ


先日の中国パイロット大量詐称の記事が、
(→ 見えない被害?!(2)旅客機墜落に隠された嘘
なぜか反響がよく驚きました。
中国が嫌いなわけではありませんが、ちょっと本当のことを
言ってみたのですが…。

中国の心証がよくなるようなものを、ということで、
上の写真記事を紹介してみました。
写真集になっているので、楽しんでください。
パンダは癒されますね〜。

そういえば、佐渡のトキも中国産ですね。

imagesパンダ.jpg




さて、ここからは話が少し飛んで生き物のお話。

うちの長男が何かに憑かれたように、
「まだみつかってない生き物がいるかなぁ?」
「マグマの近くに棲んでるのとかー」
「ネッシーっているの?」
立て続けに質問をしてきます。
最初は、在り得なさそうな怪しげな生物のことばかりでしたが…

「ねぇ、人間が動物を作れるの?」
ラバの話や
犬や家畜の品種について話してあげたら、
また興味シンシンで、新たな質問が始まるのでした。

ある意味人間が生き物を作ったといえるかもしれません。
日々生産していますし。

人間は、植物も動物も、品種改良などで、より、美しく、
食用にはよりおいしくしてきました。

でも、よく考えたら、もともとの自然の生き物というのは、
太古の昔から、種というものを保って生きているのです。

人間は、原種が存在しなければ、
何一つ自然のものを作り出すことはできないのです。

原種の持っているものと、自然の力に
少し人間が知恵と手を加えて、新種を作り出せる。
これはすごいことです。
他の動物にはできないことです。
道具を使える動物はいても、新しい生物を作り出せるものはいません。

人類の祖先が何か、懸命に研究する人たちがいますが、
類人猿が何種類存在したとしても、
今の人類とは基本的に別物ではないかという気がしてなりません。

チンパンジーがいくら三歳児と同程度の知能があるとしても
けっして人間とは違うのと同じで、
似てても違う生き物ではないかと、私は思います。

「猿が先祖」ってどうしても???と釈然としないんです。

動物もかわいがれば、人の情はわかります。
人間に似た情を持っています。
しかし、どうも魂は持っていないようです。
その点が人間と動物の違いではないでしょうか。

小さなアリや
咲いては散る花まで魂を持ったら、
なんだかあの世は大変なことになりそうです。
人間以外の生物はこの世だけのものなのです。

えー、かわいいペットの霊界もあるんでは?って?

あの世は、人間の魂の世界ですから、かわいがった動物はきっと
近くにいるのではないかと思います。
人間が願えば、きっと。
天国に行けば、きれいな花や、愛らしい動物もいるでしょう。
パンダもきっといるでしょうね。

というか、汚された魂を持った私たち人間よりも
他の生き物たちは、
大自然に融合してて、穢れがないのかも。
この世の生を謳歌してる、だから癒されるのかなぁ。

ちょっと飛躍しましたが、また追々こんなお話も。

imagesぱ.jpg


今日もいい一日を
よろしかったら、応援のクリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村



ラベル:パンダ 中国
【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・動物園ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック