さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年08月07日

「目に見えないもの、な〜んだ」我が家の怪談(かいだん) ?!

「切っても切っても切っても、切れないものな〜んだ?」
昔からあるなぞなぞです。
「水!」
我が家の兄妹がしているなぞなぞ遊び、微笑ましい光景に見えたのですが…。

「目に見えないものな〜んだ」
妹はなかなか答えられません。自分で考えて答えを見つけたようです。
「…体」
「見えるじゃん」
「体の中」
兄はその答えに不服そうで、「見えるじゃん。もっと見えないものはいっぱいあるだろ?」

きっと、水の後ですから、「空気」とかそういう発想だったのでしょう。
しかし、私は「なるほど」と思いました。
見えないからこそ、病気を突き止めるために、お医者さんたちが苦労してきたのです。

いちゃもんをつけられた妹はまた考えて答えます。
「自分の顔」
「鏡で見れるじゃん」
兄は“見えない存在”を答えてほしいのですが、なかなか得られずに
かみ合わず、口げんかになってしまいました。

私は、娘の答え「自分の顔」も、なるほどと納得しました。
私たちの顔は、自分のためにあるのではない、と聞いたことがあります。
女性が化粧をし、きれいにするのも誰かのため。
自分のためにするものは限界があります。
微笑みも、誰かのためにするものですね。

子供たちは、毎日喧嘩をしています。
そして、どっちが悪いといっては、更にやり返し、収集がつきません。

子供のいいところは、それをあんまり根に持たないことです。
さっき喧嘩したと思ったら、すぐに仲良く遊んでいます。
子供に見習うことも必要だなあと思います。
マイナスの思いを持ち続けるのは無意味どころか、私たちの心を蝕むからです。

さて、夜になって、「今日は怪談をするんだ」
次男が、「先生の話にしようかなぁ」と言いながら
(一番最初の記事で触れたように、彼の担任は怪談好きのようです。)
結局、友だちが誰それに聞いた話をすることになったようです。

準備から大盛り上がりです。
「かいじゅう電燈どこ?」
また娘です。それは「懐中電灯」でしょう。娘は間違いに気付きません。
怪獣家族なだけに…!
娘は言っています。
「やっぱ怪談には怪獣電燈がないとね」

末の子も兄姉たちの中に入って楽しそうです。
ふと、私はもしかしたらと思い、聞いてみました。
「ねぇ。かいだんってなぁに?」
「“かいだん”はかいだんだよ。ほら、お2階に行くのにあるでしょ」
やはり、末の子は「階段」だと思っていたようです。
「怪談レストラン」も「階段レストラン」と思っていたわけで、
「かいだん」を怖い話とは思っていないのでした。
前から、怖いもの知らずのモンスターだとは思っていましたが…。

昨夜の「かいだん」は、「怪獣電燈」の効果で、大盛り上がりのようでした。

では、また追々こんなお話も。

今日もいい一日を。
↓ よろしかったら、応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村




ラベル:怪談
posted by kuri-ma at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 我ら怪獣家族の語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック