さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年07月26日

「何かが気になる症候群」の、これが究極の克服法?!

究極の克服法をお伝えする前に、昨日のおさらいです。

1 会話と、スキンシップ
2 生活環境を変えて、規則正しい、自分のリズムを作る
3 適度な運動と休息、栄養バランスのとれた食事
4 適度にきれいな環境(掃除、整理整頓)、定期的な入浴
5 世の中の動き、ニュースなどに関心を持ち、
  できる範囲で社会奉仕する


会話とスキンシップは特に大切なポイントです。
目を見て会話するのが、更に効果が大です。
スキンシップも、手を繋ぐだけで効果があります。

さて、一番目の究極的な方法ですが、これは夫婦限定です。
それは、愛情を持って夫婦関係を持つことです。

セックスレス夫婦の中に、
先に挙げたような不安症候群や、
潔癖症などの強迫神経症を持つ方が多かったり、
それがあるから、キスすら拒んでしまう、という悪循環になります。

性関係を復活しただけで、嘘のようにそういう症状がなくなったり、
落ち着いたりするといいます。
それはまるで魔法のようだと体験者は言います。
騙されたと思って、お試しを。

とはいえ、それがなかなかできないから苦労するんでしょう。
手をつなぐ、目を見て返事をする、優しい言葉を掛けるところからでも、
出来るところから始めたらいいと思いますよ。

スキンシップと、理解されているという安心感が、やっぱり一番ですか。

また、男性のEDなどもストレス性のものが多いとか。

昨日あげた、手が汚れているように感じて洗ってばかりいた女性ですが、
環境を変えたこと、
また何より愛する家族の存在によって、
活き活きと生まれ変わったようになれたのだと思うのです。

では、もう一度整理して、別の言葉でお話してみましょう。

神経症の克服法は、人間関係の回復を図ること
信頼関係をもてば、それが力になります。

そして、次には周りに目をやる余裕を持つんです。
本当は、あなたのできることが、いっぱいあります。
人の役に立つことをすることに喜びを感じ始めたら、
こんなことしてはいられないと、奮いたつかもしれませんね。

何かが新しくなるきっかけがあれば、環境を変えず同じ家に住んだままでも、
それができると思いますよ。

本当は、本人しだいなんですよね。環境のせいではない。

ひろーい世界の真実に気付くだけでも、克服できることがあります。

克服したという体験談を聞くと、ショック療法的なものがあります。
これはそういう治療を受けたというよりは、
何かにショックを受けて、そのきっかけで、
目から鱗が取れるように、大丈夫になったというものです。

よいショックを受けれればいいんです。

潔癖症だった人は、ある時、手についた細菌を顕微鏡で覗いて、
どんな強力な殺菌をしても、なくならないし、
また五分後には爆発的に増えることを、この目で見たのです。
細菌を取り除くことは不可能だと知り、急に治ったそうです。

自分の世界観が壊れるほどのショックがあればいいんですね。

いい意味で、ショックを受けてほしいですね。

さて、もう一つの究極の方法があるのですが、
ついでですので、次回もお付き合いください。

今日もいい一日を!
 ↓ 応援してくださる方は、1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック