さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年07月11日

朝晩お祈りしてみませんか?!

瞑想やお祈りの効用について、いつかお話したいと思っていました。
ヨガなどを通して、瞑想を会得している方もおられると思いますが、
そのリラックス効果は広く知られるところですよね。

深い瞑想によるリラックス状態は、
昨日も赤ちゃんの脳波でお伝えした7.5Hzなのだそうです。
確かに、宇宙のリズムと同調してリラックスできるなら、瞑想はいいと、
納得する方は多いはず。

以前紹介したように70年間も飲食しないで、瞑想だけで生きている方もおられるのですから*。

祈りというのは、厳密には瞑想とは違うのですが、
同じようなリラックス効果か、時にはそれ以上のものを得ることができます。

私は、朝の始めに「おはようございます」から、寝る時の「お休みなさい」まで、時に触れて(簡単にですが)お祈りしています。
何もかしこまらなくても、お祈りは、いつでもどこでも手軽にできるものです。

神様に向かっての時もあるし、亡くなったお義母さんの時も、
お祖父ちゃんや、具体的な人の場合もありますが、
そういうのをひっくるめた無形なものへのお祈りです。

人前では心の中で祈りますが、家の中だったら声に出して言っている事も…。
誰かに聞かれたら不気味でしょうが、誰が聞いているわけでもないし。

祈りは、私の心の中で、何か決めかねていることがあると、その方向性や答えのヒントを与えてくれるものです。
私の心の中は、たいていごちゃごちゃに乱れています。
あれもしなければならない、あれもそれも…と、小さいことから大きいことまで。というか、たいていは、小さいことが五万とあって、何からどう手をつけたらいいのかわからないのです。
祈りは、私の心を整理してくれます。

何か、トラブルがある時、それが特に家族のことだったり、自分以外の人のことだったりする時、やみくもに解決しようとしてもなかなかうまくいきません。
例えば子供のことだったりすると、子供を私たちの思う通りにしようとするのは、至難のわざです。
親や周囲の大人は、見守って、アドバイスくらいはできるけど、本人の心に届くかどうかは、別です。

そういうことをお祈りしてあげると、
そのことで心配ばかりしていた私の心も落ち着きますし、子供に対した時に、自然とその心にピッと届く言葉や態度ができたりします。

それは、仕事や人間関係にも活かされるでしょう。
例えば、上司に何か提案をする時、祈ってからしてみると、
おんなじ提案でも、いい表現が口をついて出てきたり、いいタイミングをつかめたりするんですね。お試しあれ!

私はよく考える前から、もちろんお祈りもしないで、衝動的に何か言ってしまったり行動して、失敗することが多々あります。
気がついた時に、祈って修正です。切り替えですね。

具体的にはどうやって祈るの?
またの機会にお話しますが、私の場合、たとえば側に亡くなった義母がいると思って、話しかけるように。
「これはまずかったでしょうか?」とか、いわゆる報連相ですね。

まずは朝晩の挨拶からしてみませんか?
見えない、けれども確かに存在する何かに、親しい人に話しかけるように、
「おはようございます。今日もいい日になりますように」
「今日も一日過ごせたことを感謝します」というように。
自然と力が湧いたり、気持ちが落ち着くはずです。

感謝と挨拶、これは人間にとっていいものですから。

では、また追々お話しましょう。

今日も挨拶と感謝でよい一日を
クリック! ↓ 
     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

*現代の仙人?!70年断食ヨギ(ヨガの聖者) 

【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
温かいコメントありがとうございます。
私の方にも書いていますが、保護措置の件は、
今の段階ではムリなようです。
少しでも良い方向に向かえばと思うのですが。

祈りは大切だと思っています。
朝晩、簡単にですがお線香焚いて祈ってます。
日常の中でも、ブツブツと言っている時も私も
ありますよ(爆)誰に話しかけているのやら^^;
瞑想は、頭が空っぽになってスッキリして良い
のですが、寝てしまう時も多い^_^;
あと、気功などもお勧めです。
Posted by ゆう at 2010年07月11日 17:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック