さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年05月31日

犯罪の影に幽霊あり?! 「切り裂きジャック」事件


凶悪犯罪は、驚くほどに過去の事件と似通っていることがあります。
この事件の場合、犯人の大学院生は切り裂きジャック≠ノ傾倒していたことは明らかです。また、1970年代にも同様の事件が起こった因縁の地だといいます。

日本では、秋葉原通り魔殺人事件('08.6)という凶悪な事件がありますが、1999年にも下関で、恐ろしいほど類似する事件がありました。レンタカーで暴走して7人をはね、その後包丁を振り回し八人に切りつけた。五人が死亡、10人が重軽傷を負ったというもの。
更に下関事件の直前には池袋で通り魔事件があったが、秋葉原事件の前には土浦でも事件があり、アキバの犯人は、その土浦の事件と、仙台アーケード街トラック暴走事件('05)を参考にしたと供述しています。
下関での事件のことは特に意識していなかったのに、結果として全く同じ行動を取ったというのは、何かが乗り移ったとも思えます。歴史を遡れば同じようなことが起こっていたかもしれません。

凶悪犯罪は、何かが憑依して起こったものなのか、ここではあえてそれ以上は言わないことにします。では、また追々…。

追伸: 嫌な話題だったので、お口直しに、まだの方は前の記事を読んでみてください。(今日は二つ目の記事UPです。)


【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック