さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年05月27日

占いって当たるの?!

占いって、信じないという人も多いのに、今も昔もすごい人気ですね。つい気になって見てしまう人も多いんでは?
怪しげな占いもありますが、例えば東洋の陰陽五行説は、とても奥が深く科学的なものです。以前はやった動物占いも、それをもとにしていますよね。姓名判断や、血液型占いにしても、それぞれに根拠があり、なかなか馬鹿にしたものではないですよ。
その昔、陰陽師(おんみょうじ)という方々は、現代の天文学者のような超エリート科学者でした。星の動きから、暦を作成し、吉日凶日や方位・地相(今の風水)をみたそうです。何か妖術でも使うかのようなイメージがありますが、徐々に民間の占い師のこともそう呼ぶようになったとのこと。
科学的な占いだったとしても、それを表すのは言葉≠ナす。占い師の表現や、見るポイントによって、全然違うものになります。
学生の頃、タロット占いをしていて、友だちのうちでは、よく当たると言われていました。もっと極めれば、もしかしたら今頃はカリスマ占い師と呼ばれていたかも(笑)。科学的な種類の占いと違い、タロットは霊的なパワーが必要な占いです。私は、一人占ってあげると、どっと疲れてパワー切れになって、連続は無理でした。(30分は充電が必要でしたが、恋愛、特に不倫がらみの内容を占うと、時にはその日は立ち直れないことも…。)所詮、占い師は無理だったかなぁ。
その後、姓名判断や四柱推命、手相なんかも独学で勉強しましたが、こちらの方が科学的で面白いですよ。ただし占う時は、やはり言葉ですから、何かから与えられないと占ってあげれません。インスピレーションが来て、その人の未来が、まるで一つの物語のようにつながり、言葉が浮かんで来る感じです。
一般によく当たるという占い師は、それなりに霊的パワーを持っていないとできないでしょう。ただその霊的パワーが、どんな種類なのか、残念ながら私たちにはあまり判断できないのではないでしょうか。嘘つきの霊神の影響を受けてるのに、占い師自身が「自分は聖なる占い師」と思い込んでる場合もあるかも。(本物の人も多いのに、すみませんあせあせ(飛び散る汗)。)ですから、占い師の方の人間性を見てから、信じるられるか判断するのが吉、かもしれませんね。では、また追々…。

【関連する記事】
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なんで運勢が見えるのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック