さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年05月09日

遅ればせながら、初めまして?!

自己紹介をした方がいいと、家族から指摘を受けましたあせあせ(飛び散る汗)
私のことを紹介する機会は今までなかったので、戸惑いますね。私の財産は、何もないのですが、ぴかぴか(新しい)四人の子宝を得ました。立派な夫もいますし。その他はというと、いずれ捨てなければならないものばかり持っているかもしれません。庭の花くらいはきれいに咲かせたいなぁかわいい
現在、千葉在住です。生まれたのは静岡県焼津市、富士山と海を当たり前に見ながら、少女時代を過ごしました。滋賀県の東近江市(現在)に移った時には、同じ日本なのに、言葉も文化も違って、でも共通のものもあることも知りました。今は関西弁はちょっと通で、ドラマで俳優さんたちの話されるのが、気になってしまいます。
地元で就職して、もしかしたら滋賀から出れないのかと思っていた私が、海外ボランティアに行ったのは、30を目前にした頃でした。東欧、ブルガリアを中心に活動しましたが、他の国々にも行きました。これも私の財産かなぁ、無形文化財クラスの。
飛行機大阪から渡欧した私は、三年振りに帰国した時は成田に降り立って、家庭を持ち、東京都民として出発しました。それこそ、カルチャーショックというか、浦島太郎ショックというか、同じような流行の服を着た若い女の子たちとは、だいぶ違う私の姿だなぁと思いました。外人が神秘的だと言う素敵な黒髪を、皆が染めていて、美容院でも「ちょっと染めた方が…」と不思議がられましたが、私は今も染めたことがありません。そろそろ白髪染めは必要なのですが…。
家庭を持つと、夫は外からは優しい家庭人に見えるようですが、実は宇宙人だと気付きました。女性から見ると、男性は未知との遭遇です。子供たちも、アンビリーバボーです。両親の写し鏡と言いますが…。四人の内訳は三男一女で、小学生が三人、末がもうすぐ5歳になります。それぞれが個性の塊で、でも兄弟よく似ていて、仲がいいのに喧嘩が絶えない、私も怒らないことがない替わりに、笑わないこともありません。
十年くらい常に乳飲み子がいた状態から開放され、二十代の頃以来、久し振りに小説を書くようになりました。昔は文学少女でしたが、今は不肖わたくしの書いた小説を直しながら読み返すのが、何より浸れることです本
ブログを始めるなら、無難に子育て奮戦気ダッシュ(走り出すさま)でも、十分ネタは尽きない我が家ですが、私にしか作れないブログ、ということでひらめいて、その日のうちに立ち上げたのが、モバQ幽霊っているんでしょうか≠ナす。
みんなが、いつかは迎える死≠ノ対してあまりにも無頓着な私たち。後の祭りにならないためにも、ちょっとお付き合いください黒ハート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149323044
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック