さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2019年10月10日

違いの分かる人に?! 日本にしかない “無双”「十三夜」!!  ≪2019年は10月11日≫ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

9728399月夜 by coco-A.jpg

中秋の名月がキングの月なら、
十三夜はクイーンの月。
今年は幻の月となるか◇

街のそこここ、ウェブの世界ももちろん、
ハロウィンらしくなってきましたが、
その前に、お月見のシーズンでもあります。

今年の十三夜は、明日、11日の金曜日。

陰暦の8月15日が中秋の名月で、
9月13日が十三夜となります。

陰暦は月の満ち欠けの周期で数えられますから、
十五夜の満月が掛けていき、月のない新月を迎え、
また二日月、三日月…半月…
そして15日かけて満月になるわけです。

十三夜はまん丸ではありません。
微妙に欠けている、
その不完全さに美を見出すということが、
日本人の美意識なのかもしれません。


十三夜は、日本固有のものであると言われています。

旧暦の毎月13日の月が、十三夜ではあるのですが、
ある意味、9月13日は、特別です。
“THE 十三夜“ともいうべき風流な月なのです。

「919年(延喜19年)の醍醐天皇の月の宴に始まるとも、
宇多法皇がこの夜の月を無双と賞したのにもよるという」
と「広辞苑」にあります。

観月の風習は中国から伝わり、それは十五夜のことを言います。

“THE 十五夜“、キングの月が、いわゆる中秋の名月です。

中秋の名月がキングの月なら、十三夜はクイーンの月…。

その昔には、片見月(片月見)といって
十三夜も同じ人と月見をしないと縁起が悪いと
言われていたこともあるとか。


台風などで雨が多いこの秋ですが、
明日も雨の予報で、大型の台風が近づいています。

無双(二つとして並ぶものがない)とされる、十三夜。
年に一回のものですから、
味わいたいものですが、
今年の十三夜は、
雲の上でしか見られないかもしれません。
飛行機も飛ぶかどうかわかりませんが。

見られない月を仰いで、天に祈り願う
明日は、そんな晩にしてもいいかもしれません。

明日の十三夜本番には、
樋口一葉の『十三夜』を紹介します。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:月夜
by coco-Aさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 00:43| Comment(0) | 歳時記 陰暦 和の伝統行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする