さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2018年06月23日

美しいものを美しいと思える心が美しいのは、心に美しさが映るから?!  2018

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2018.06.07 和泉川 ハルジオンに梅雨の一滴



「美しいと思える心」をもった人が美しい、という相田みつをさんの言葉が好きです。

なんだか、ちっぽけな私自身を認めてもらえたようで、この言葉に触れると温かくなるのです。


私たちの心には、美を認める心があります。
正しいもの、真実を見極める目があります。

それを自分のものにしたいとかいう、行き過ぎた欲をもたなければ、その心自体、よいものを良いと認め、褒めたり、感動したりするのは、自然なことです。

私たちには、美しいものを美しいと思う心がある。そう思うと、心に「美しさ」が映るのではないでしょうか。

よいものをよいと認めると、その「良さ」が心に映る。

素晴らしいと思って讃えれば、「素晴らしさ」が心を照らす。

どれだけ真実なものに感動し、それを素直に認めていけるか、それが、心の美しさとして残されていくような気がします。


空の星を美しいと見上げる。

手を伸ばして取れないけれど、その美しさ、また宇宙の神秘や偉大さをそのまま認めるとき、私たちの心には、星のようなきらめき、宇宙の深遠さを秘めていくことができるのかもしれません。

一番、最高に美しいもの、素晴らしいものはなんでしょうか?

目に見えない神様は、美しさ、素晴らしさの極致であり、人間の英知や、芸術性や、人徳をすべて集めても、かなわないほどだとしたら、その神様を認め、讃えることは、その素晴らしさを、ほんのわずかでも私たちの心に映すことにならないでしょうか。


心というのは不思議です。
嘘がつけません。そのまま表れます。

その心に、神様を映すこと、植えつけていくこと、それが心にとっては一番いいのではないかと思うのです。

神様を認める、それは、私たちの心にとって、とても幸せなこと。
プラスになることばかりで、損になることはないはずなのです。

ちょっと素直に、あるものを受け容れてみる、それだけでいいのではないでしょうか。

美しいあなたの心にエールを送ります。


うつくしいものを
美しいと思える
あなたのこころが
うつくしい

相田みつを


P1040814.jpg



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ハルジオンに梅雨の一滴
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 13:24| Comment(0) | 心に響く言葉・感動エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

「呼吸」と愛情の共通点?! 出すのが先か、入れるのが先か 2018

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2017.06.17 三条クラフトフェア 微風


何事にも大切なのが「呼吸」
よいタイミングに、
よい呼吸をしたいものです。




息は吸おうとしなくても、吐き切れば、自然に入ってきます。

呼吸というのは、実に不思議なものですが、誕生の時に「おぎゃあ」と叫んだ瞬間から、意識しなくても自然に毎年、毎日、24時間休むことなく続けているわけです。

「吸う」ことよりも、「吐く」ことが大切だといいます。

いかにすべて吐き切るか。

普段はしているのですが、歌を歌うとなると、なんだか力んだり、別の意識が働いて、ついたくさん吸おうとしてしまったり、慌ててブレスしたり、酸欠の金魚のような状態になっています。
これは、不自然なことなんですね。


「過呼吸」というものがあります。

パニック障害をもったような方が、パニックに陥ると、息を吸い過ぎてしまい、普通の呼吸ができなくなって、逆に苦しくなってしまうことがあります。

泳ぐ時に息継ぎをしますが、溺れてしまった時には、吸うべき時に吸わず、水を飲んでしまい、とても苦しい思いをして、生死に関わることもあります。

過呼吸になった時には、深く息を吐き、深呼吸をすると落ち着きますね。
深呼吸も、深く吸うことを意識するのではなく、いかに吐き切ってしまえるか、吐くことを意識した方がいいようです。

気功やヨガ、ストレッチなども、呼吸を意識してやると、とても健康にいいといいます。


呼吸とよく似ているのが、愛情かなぁと思います。

愛してほしい、と愛を求めすぎると、過呼吸のように苦しくなってしまいます。

小児性の喘息は、お母さんが仕事が忙しかったり、嫁姑や夫婦関係などに問題があったりして、愛情不足を感じる子どもに多く起こるとか。

人を温かく笑顔で包み、明るい挨拶をし、優しくよい言葉で元気づけてあげる。
人を批判したり否定したりではなく、受け止めて理解していく、そういう愛のあふれた人には、自然に周りに似た人が集まってきます。

愛を呼吸する。
それは、まず与えることから。受けることばかり求めるというのは、不自然なことなんですね。


私たちの心、その一番の核心にある、魂の一番のごちそうは、愛です。
ギトギトの自己愛ではなく、温かく明るい、見返りを求めない愛。それは具体的な行動を伴います。

行動だけでなく、思いも伴わなければならないようですが、よい行動を心がけていると、よい心持ちになりやすいという、よい循環もおこります。

私たちが、自然に呼吸して生活しているように、愛情も自然にキャッチボールしながら生活していく。そこには循環が生まれます。

よく吐ききった分だけ、たくさん息を取り込むことができます。
いつも与えている人は、その愛の分だけ、よいものが返ってくるのではないでしょうか。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:微風
by (C)ひでわくさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD



posted by kuri-ma at 14:54| Comment(0) | 幸福・宇宙の法則 人生の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

「少年よ大志を抱け!」の続きは?! 中年、老人、女性も! <私の使命はどこ?>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

20170728.jpg


「少年よ大志を抱け」というえば、有名な言葉ですが、その言葉には続きがあるとか。

大志といっても、ただ大きければいいわけではありません。方向を間違えば野望になってしまいます。

さらに、これはクラーク博士が北大を去る時に語ったスピーチの中の言葉であり、学生たちに語られたものですが、だからといって、大志を抱くのは若い人だけの特権ではありません。

おじさん、おばさん、おじいちゃん、おばあちゃん、希望に燃える人にも、風前の灯火のようになってしまっている人にも、大志は必要でしょう。

では、博士の言葉の続きを紹介します。
(二つ以上の説をドッキングしてみました。)


 少年よ大志を抱け!この老人のように。

 金のため、または利己的な出世のためにではなく、
 ましてや名誉と称する空しきもののためにでもない。
 知識に対して、正義に対して、
 かつ人々の向上のために大志を抱け。
 人としてまさにかくあらねばならぬ。

 これら全ての事を達成せんとするために、大志を抱け。



(なお、「少年よ大志を抱け」がそれだけで有名なので、「少年」という訳が定着してしまっていますが、これはもともとBoys, be ambitious!の「Boys」を直訳したもので、その時の大学生といえば、青年という年代だったでしょうし、そこにいた人たちへの呼びかけということなら「みなさん」というような意味にもなりますね。)

よいことのために、人のために、大志を抱きなさい。
この言葉はもちろんその当時の日本を担う若い学生たちに語られた言葉ですが、老若男女すべての人に通じる言葉として記憶していきたいと思うのです。




ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:さん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 15:16| Comment(1) | 幸福・宇宙の法則 人生の目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする