さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2017年12月11日

実在の皇女、「松虫姫」の伝承?! 父、聖武天皇を感動させたのは

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

秋景色・相模川芒屏風。


成田からの帰り道、友人が駅名を見て言いました。
「松虫姫だって、なんだろう?」

私は、「虫めづる姫君(蟲愛づる姫君)」が浮かんで、「おとぎ話かなんかじゃない?」とトンチンカンなことを言っていたところ、その場でググってみると、実在の人物だと分かりました。
それも、かなり数奇な人生を歩んだ人のようで興味をそそられました。

ひらめきタイプのその友人が「ブログに載せてみたら」というので、鉄は熱いうちにと、早速取り上げることにしました。


幼名をなぜ「松虫姫」と名付けられたかはわかりませんが、不破(ふわ)内親王という正真正銘のその時代のプリンセスがその人で、聖武(しょうむ)天皇の皇女です。
時代でいうと、奈良末期から平安初期の人。

駅名に()書きで「松虫姫」とあるのは珍しい気がしますが、近くに松虫寺、松虫姫公園などがあるとのこと。

松虫寺にまつわるエピソードは──

重いらい病を患った内親王が、夢で効験あらたかな薬師如来があられるとお告げを受け、その場所に行きお堂を見つけ、一心に回復を祈ったところ、全快したといいます。
喜んだ父の聖武天皇が、行基に命じて寺を建てさせ、内親王にちなみ「松虫寺」と名付けられたとのこと。


この松虫姫こと不破内親王の略歴を調べてみると、その病気からの生還も劇的ですが、その頃の天皇家の勢力争いも熾烈であり、まさに波乱に満ちた生涯だったようです。

おそらく720年前後の生まれだと思われるので、40歳前後の頃、夫が藤原仲麻呂の乱に参加したことで殺害されるも、連罪は免れます。

その5年後、時の天皇(称徳天皇=孝謙天皇)を呪詛したという疑いで、内親王の位をはく奪され、謹慎処分となりますが、3年後えん罪と認められ復帰します。

しかし10年後、息子が謀反を起こそうとしたとして、流刑になったということです。その後の記録はないですが、流刑地のどこかで亡くなったのでしょう。


歴史に記録が残るというだけでも普通の人ではありませんが、孝謙天皇方と対立する立場だったのか、同じ聖武天皇の娘同志、姉妹であるのに、明暗を分ける人生だったようです。

病気のために庵を結んだのを見る時に、おそらく信心深い方だったのではないでしょうか。
皇女がたくさんいる中で、父である天皇を感動させたのは、彼女のその一心な姿だったのかもしれません。
それが松虫姫の名が歴史に残ったゆえんだと思うのです。

こうして歴史を見る時に、権力を握った人が必ずしも正義ではなく、血で血を洗うような争いの絶えないものだったと、わかります。
それでは、いったいどうやって生きるのがよいのか、考えさせられますね。

平城京から平安京の時代、その頃の僻地・東国である千葉の地に、夢のお告げを信じ、求めていった健気な松虫姫の姿を偲ぶために、そのゆかりの地を一度訪ねてみたいと思うのです。


matsumushihime.jpg





今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:秋景色・相模川芒屏風。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 04:35| Comment(0) | 日本 天皇 皇族  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする