さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年11月25日

♪「彼」 尾崎豊の最期を予知した作品?! 《尾崎豊の求めていたもの》

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

96770728 (2).jpg

☆毎月25日は 尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日)☆


つながるもの否定すれば 
過ちに傷つくだけ
彼は最後に祈った 
すべてに許されることを


尾崎豊



今日は、尾崎豊さんの月命日であり、もうすぐ生誕51周年を迎えます。

この記事は数年前のものですが、ちょうどコメントを寄せてくださった方がいましたので、以下、ほとんど編集せず、再掲載したいと思います。


月命日に尾崎豊さんにまつわる記事を書くようになってからどれくらいたつでしょうか。こうやって、彼を思い出すことが、供養になればいいと考えています。

今月は、「彼」という曲を紹介します。テンポのいいリズムとメロディーで、短い歌ですが、聴かせてくれます。

もしかしたら、この歌の「彼」とは尾崎豊自身だったのではないか。そう書きながら、きっとそうに違いないという気がしてきます。少なくとも、すごく共通項のある、私小説的な「彼」です。

「無口にならべたDrug」と出てきますから、ドラックをした時の感覚を歌っているのでしょう。

「彼」のさまよいが、いつか終わり、希望に向かってほしいと願わずにはいられないのですが…。

分かりやすい表現の歌ではありませんが、この「彼」って、「死」に向かっているようにも聞こえるのです。まるで、尾崎豊の死の時を予知するような歌だな、と。

またちょっと、重い詞ではあるのです。
「上も下もないさ 求めるとは失くすこと」なんて、実もふたもないことを言ったりして。
しかし最後に「彼」は祈ります。許されることを。

きっとこの「彼」と同じように、尾崎豊さんも最期は神様に祈ったに違いないと思うのです。

なんか、救われた気がするラストの締め方です。






「 彼 」


もろい暮らし しみついたコンクリート
おきざられた公園 ちぎれた夢
ひろい集め 彼は育った

そこでは何もかもが 彼へとつながった
弱い陽ざしの窓辺から 彼はいつも夢見てた
どこへ行くと言うのだろう いつまでも乾いていた

やがて遠く 街をだどると
水たまりのぞきこみ 闇をなげた
無口にならべた Drug

夢に泣きはらした目 静かに迷いこみ
時のベッドをたどって 形の中でさまよう
散らばる空にさがした あの歌の続きを

ぼやけた瞳で 彼はあの日をのぼった
アスファルトを抱きしめて ぬくもりを失くしていた
ほら 上も下もないさ 求めるとは失くすこと
つながるもの否定すれば 過ちに傷つくだけ
彼は最後に祈った すべてに許されることを


尾崎豊






今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする