さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年04月25日

〜命日に〜 鉄を喰え 飢えた狼よ!! ♪「Bow!」 尾崎豊

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

8792085.jpg


午後4時の工場のサイレンが鳴る
心の中の狼が叫ぶよ
鉄を喰え 飢えた狼よ
死んでもブタには 喰いつくな




今日は、尾崎豊さんの24回目の命日です。

昨年の誕生日に生誕50周年を迎えましたが、いまだに彼の魂は、中年になることができない、自分すらどうすることもできない青年のまんま、という気がします。


だから働き盛りの中年のおじさんたちを批判するのは、大の得意で、でももしかして、下手をしたら同じところに向かっているかもしれない、そんな気配も感じたのです。

今日紹介する「Bow!」も、中年を皮肉った強烈で爽快ともいえる歌詞が、ビートの聞いた曲とマッチして、歌としては評価の高い曲の一つです。
2ndアルバム「回帰線」に収められています。

若者がそういう大人にはなりたくない、惨めな中年にはなりたくないという、それはよくわかるできた歌だと思います。


ただ、青年で年齢を止めた尾崎には気づかないかもしれませんが、彼があの世に行ってからの年月を、この世の荒波で過ごすしかなかった私が、改めて聞くと、これ、絶対違う、とわかってしまう部分があります。

彼の歌の世界に時々あるのですが、「社会のルール」に抗(あらが)うことが、美徳でもあるような物言い。

きっと、彼が生で生きていたら、よい中年男性の一人になっていたでしょうし、自分でその間違いに気づいたかもしれませんが。

歌詞の一部をつつくのはどうかとも思うのですが、やっぱりそれは、真実ではないという気がするので、あえて指摘します。


「世の中のモラルをひとつ 飲み込んだだけで
ひとつ崩れ ひとつ崩れ
すべて壊れてしまうものなのさ」

こう歌われていますが、「モラル」というものが人を崩し、壊し、「ちっぽけな金にしがみついている」「飲んだくれの中年たち」にしているのではありません。

逆にモラルに反していくことが、人を崩していくと私は思うのです。

また、「ラッシュアワー」の電車にもまれることで、人は何かを失っていくのではないと、こんなふうに私は感じます。
もまれても、失わないか失うかは、その人次第です。その人の責任ではないでしょうか。


生き方の本質を彼は気づいていなかった。
知っている部分もあったけれど、すべてではなかったと思うのです。

それは、世の中のルールの中の、もっと本質的なルール、モラル、良心的な生き方というものが、実はとっても私たちにはいいものであるからです。

もちろん、なくしていくべき古くて悪い慣習もあることでしょう。時代にマッチしていないものもあることでしょう。
しかし、すべて抗うものと勘違いしてはいけないのではないでしょうか。


難しい環境に文句を言っていても始まらない。
抗うならば、代案を用意して、もっと苦労して開拓していく必要があります。責任を持たなければならないと、私は思います。

「ちっぽけな金にしがみつき ぶらさがってるだけじゃ NO NO 救われない」というのですが、ちっぽけなお金でも、得るためには、身を粉にしなければなりません。

彼はどうしたら、救われたのか。

間違っているものに抗っていくこと、ドン・キホーテは彼だったのでしょうか。

それにしても、過激なリズミカルな単語が続くのが、痛快なくらいの曲です。



尾崎豊Bow! (87年 有明コロシアム)
(アルバムとは、テンポやアレンジが違うような気がします)



Bow!


Bow!
否が応でも社会に飲み込まれてしまうものさ
若さにまかせ 挑んでくドンキホーテ達は
世の中のモラルをひとつ 飲み込んだだけで
ひとつ崩れ ひとつ崩れ
すべて壊れてしまうものなのさ

あいつは言っていたね
サラリーマンにはなりたかねえ
朝夕のラッシュアワー 酒びたりの中年達
ちっぽけな金にしがみつき
ぶらさがってるだけじゃ NO NO
救われない これが俺達の明日ならば

午後4時の工場のサイレンが鳴る
心の中の狼が叫ぶよ
鉄を喰え 飢えた狼よ
死んでもブタには 喰いつくな

Bow! 夢を語って過ごした夜が明けると
逃げだせない渦が 日の出と共にやってくる
中卒・高卒・中退 学歴がやけに目につく
愛よりも夢よりも 金で買える自由が欲しいのかい

午後4時の工場のサイレンが鳴る
心の中の狼が 叫ぶよ
鉄を喰え 飢えた狼よ
死んでもブタには 喰いつくな

鉄を喰え 飢えた狼よ
死んでもブタには 喰いつくな



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:空と光
遣らずの雨彦 さん copyright
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います




プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

神が与えた最高のもの、それは、…愛?! 【スティーブ・ジョブズ最後の言葉】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

10f41eb7.jpg


神は、誰もの心の中に、
愛を感じさせるための「感覚」
というものを与えてくださった。

あなたの家族のために
愛情を大切にしてください。


スティーブ・ジョブズ



【AFP記者コラム】
この赤ん坊がわが子だったら? トルコの海岸で見た耐え難い現実
(下に掲載)◇


誰もが、死の時を迎えます。
その時になってようやく、人生において最も大切なものは何であったか、知るということもあるでしょう。

私たちも他人ごとではありません。
いつか死ぬのは、世の成功者と呼ばれる人も、たとえ失敗者と呼ばれるような人であっても、ごく普通の人も、みんな一緒です。

であれば、成功することが人生の目的、ではないのではないしょうか。

スティーブ・ジョブズ、最も成功者と言われる人の、最後の言葉です。



【スティーブ・ジョブズ最後の言葉】


私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
   
他の人の目には、私の人生は、
成功の典型的な縮図に見えるだろう。
    
しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。

人生の終わりには、富など、
私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。
  

病気でベッドに寝ていると、
人生が走馬灯のように思い出される。
  
私がずっとプライドを持っていたこと、
認証(認められること)や富は、
迫る死を目の前にして

色あせていき、何も意味をなさなくなっている。
   
この暗闇の中で、生命維持装置の
グリーンのライトが点滅するのを見つめ、
機械的な音が耳に聞こえてくる。
   
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
   

今やっと理解したことがある。
   
人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、
富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
   
もっと大切な何か他のこと。  
   
それは、人間関係や、芸術や、
または若い頃からの夢かもしれない。
   
終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。
私のようにね。
   

神は、誰もの心の中に、
富みによってもたらされた幻想ではなく、
愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。

私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。
   
私があの世に持っていける物は、愛情にあふれた(ポジティブな)思い出だけだ。
    
これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと
一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの
あなたの道を照らしてくれるものだ。
    

愛とは、何千マイルも超えて旅をする。

人生には限界はない。 
行きたいところに行きなさい。  
望むところまで高峰を登りなさい。
  
全てはあなたの心の中にある、  
全てはあなたの手の中にあるのだから
    

世の中で、一番犠牲を払うことになる
「ベッド」は、何か知っているかい? 
シックベッド(病床)だよ。
   
あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。
お金を作ってもらうことも出来る。

だけれど、
あなたの代わりに病気になってくれる人は
見つけることは出来ない。
   

物質的な物はなくなっても、また見つけられる。
しかし、一つだけ、なくなってしまったら、
再度見つけられない物がある。
   
人生だよ。命だよ。
  
手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない
本が1冊あったことに気付くんだ。
   
「健康な生活を送る本」
  

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、
誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
     
あなたの家族のために愛情を大切にしてください。

あなたのパートーナーのために
あなたの友人のために。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。

  スティーブ・ジョブズ
  1955年2月24日 - 2011年10月5日
  資産家、作家、教育者
  アップル社の共同設立者の一人




スティーブ・ジョブズ、ある意味、自分が神のように生きた一人のカリスマ的人物が、最後の最後に悟ったのは、神様のこと、そして愛の大切さでした。

それしか、あの世にはもっていけないのです。

私を愛してくれる家族や友人がいます。
あるいは、たとえ誰が認めてくれなかったとしても、孤独な立場だったとしても、神様は、私たちを愛して認めてくださっています。

それを死の瞬間に身に染みて悟ったとして、何になるでしょうか。

スティーブ・ジョブズ、彼は私たちの生活を革命的に変えてくれました。(スマホやタブレットのない生活が考えられない人も多いでしょう。)

それ以上に、彼が最後に伝えてくれたこのメッセージを無駄にすることなく、活かしていきたいと思います。

命あるうちに、もっともっと私の心を成長させ、愛情の器を広げ、愛した体験を魂に刻んでいきたい、今からでも遅くはないと思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


【AFP記者コラム】この赤ん坊がわが子だったら? トルコの海岸で見た耐え難い現実


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スティーブ・ジョブズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする