さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年03月05日

美しいものを美しいと思える心、素晴らしいものを素晴らしいと思える心?! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2016.03.04 山手 山手111番館 雛飾り



出版年明示された世界最古の印刷物、光る9世紀の職人技 英国
(ニュースは下に掲載)◇


「美しいと思える心」をもった人が美しい、という相田みつをさんの言葉が好きです。

私たちには誰にも感じる心があります。
美しいなら美しい、素晴らしいものは素晴らしい、楽しいなら楽しい。

そんな当たり前の誰もがもっている素朴な心、それが美しいといいます、素晴らしいと言うのです。

なんだか、ちっぽけな私自身を認めてもらえたようで、この言葉に触れると温かくなるのです。


私たちの心には、美を認める心があります。
正しいもの、真実を見極める目があります。

それを自分のものにしたいとかいう、行き過ぎた欲をもたなければ、その心自体、よいものを良いと認め、褒めたり、感動したりするのは、自然なことです。

そういうふうに穏やかに心を保つことができればいいのですが…。


私たちには、美しいものを美しいと思う心がある。そう思うと、心に「美しさ」が映るのではないでしょうか。

よいものをよいと認めると、その「良さ」が心に映る。

素晴らしいと思って讃えれば、「素晴らしさ」が心を照らす。

どれだけ真実なものに感動し、それを素直に認めていけるか、それが、心の美しさとして残されていくような気がします。


空の星を美しいと見上げる。

手を伸ばして取れないけれど、その美しさ、また宇宙の神秘や偉大さをそのまま認めるとき、私たちの心には、星のようなきらめき、宇宙の深遠さを秘めていくことができるのかもしれません。

一番、最高に美しいもの、素晴らしいものはなんでしょうか?

目に見えない神様は、美しさ、素晴らしさの極致であり、人間の英知や、芸術性や、人徳をすべて集めても、かなわないほどだとしたら、その神様を認め、讃えることは、その素晴らしさを、ほんのわずかでも私たちの心に映すことにならないでしょうか。


心というのは不思議です。
嘘がつけません。そのまま表れます。

その心に、神様を映すこと、植えつけていくこと、それが心にとっては一番いいのではないかと思うのです。

神様を認める、それは、私たちの心にとって、とても幸せなこと。
プラスになることばかりで、損になることはないはずなのです。

ちょっと素直に、あるものを受け容れてみる、それだけでいいのではないでしょうか。

美しいあなたの心にエールを送ります。


うつくしいものを
美しいと思える
あなたのこころが
うつくしい

相田みつを


P1040814.jpg



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:山手111番館 雛飾り
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


出版年明示された世界最古の印刷物、光る9世紀の職人技 英国


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています