さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年03月31日

ホントの名前で出ています?! ブログ紹介を一新しました!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2016.03.26 和泉川 桜にメジロ 背景雪柳


【特集】写真で見るギネス世界記録
(ニュースは下に添付)

今日、ブログ紹介や、プロフィールなどの文章や写真を差し替え、一新しました。


これまで通り、カウンセリングを募集します。
夢を叶えたい人、自分の本当の生き方を求め、人生の目的を知りたい人
ズバリあなたの使命(天命)をお伝えします。

また幸せになりたい人
世界の平和を願う人
神様の真の願いを知りたい人

真の愛の実践による、本当に幸せになる方法をご提案します。


個別にカウンセリング希望の方は、この記事、あるいはこのブログの他の記事からでも結構ですので、コメントにてお知らせください。
あるいは、seesaaにブログをお持ちの方は、メッセージをお寄せください。

(コメントは私の承認がなければ、公開されませんので、非公開希望の方は、その旨を書き添えてください。ただしその場合、ブログの初期の記事はその設定がききませんので、この記事以降の新しい記事にコメントくださるようにお願いします。)


名前もハンドル名ではなく、小説用のペンネームに本名も掲載しています。

ブログの変更に伴い、ブログ村のプロフィールも新しくしました。

それでは、ブログ説明、プロフィール、カウンセリング募集など、スマホやRSS等で見られないものもありますので、続けてご紹介します。


幽霊っているんでしょうか

見えないけれど大切なものはたくさんあります
世界平和・神の存在・人生の目的・死んだらどうなるか…

真の愛の生き方の提案




さあ夢を叶えましょう


無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています




美しい日本を
世界と宇宙に誇ることができるように
大切に育みたい。
この日本から この私から
今日できることから始めましょう。

 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD



ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:桜にメジロ 背景雪柳
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【特集】写真で見るギネス世界記録


2016年03月29日

私は変わらぬ友! 世界を得るか、破滅に追い込むか。。。 私は何であろう?!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2016.03.26 和泉川 李にカワセミ


私はあなたの
変わらぬ友である。

私はあなたの背中を押すこともあれば、
失敗へと引きずり込むこともある。

私は何であろう



世界の高齢化、65歳以上の人口50年までに倍増 米報告
(ニュースは↓)◇


今年の私の目標としたものが、「本物勝負」「中身を身につける」ということです。

思っていても、なかなかできないのが、悲しいところですね。

印象深い言葉を紹介します。


「私はあなたの変わらぬ友である。

私はあなたの最大の支援者、そして最大の重荷である。

私はあなたの背中を押すこともあれば、
失敗へと引きずり込むこともある。

私は完全にあなたの思いのままである。

あなたがする仕事の半分は私に託されるだろう。
そうすれば私はすばやく、かつ正確に
その仕事を片づけることができる。

あなたが私に対して毅然とした態度をとっていれば私は扱いやすい。

どのようにしてほしいかを正確に示してくれれば、
少しの訓練で自動的に与えられた仕事をこなすことができる。

私はすべての偉大な人物の召使いである。
そして悲しいかな、すべての破綻者の召使いでもある。

偉大な人物は私のおかげで偉大になることができたのであり、
破綻者は私のせいで破綻に追い込まれたのだ。

私は機械ではないが、人間の知性と機械のような正確さで仕事をこなす。

あなたが利益を求めて私を働かせようが、
破滅に向かって働かせようが、私にとっては変わりはない。

私を利用し、訓練し、毅然とした態度で接すれば、
私は世界をあなたの足元にひざまずかせてみよう。

私をなおざりにすれば、私はあなたを破滅に追い込むだろう。

私は何であろう、習慣である!」


これは、ジョン・C.マクスウェルがいい言葉に出会ったと紹介しているのですが、誰の言葉かは紹介されていません。

真実の言葉は、誰が言ったかが問題ではなく、残り、広がっていきます。それは、真実には神様が関与しているからだと思います。


ライフスタイルにしていること、ありますか?
健康的な習慣、これは続けている、ということはあるでしょうか。

私たちが、何かをしたいという願いがある時、それを実現できるかどうかは、そこに向かう努力をあきらめずに続けられるかどうかにあると思います。


私たちの人生は、70年としても、寝て食べてなどの時間を除くと、純粋に自分の人生として使える時間は、一生涯で7時間しかないといいます。

あっという間に、時は過ぎてゆき、誰一人それを元に戻せません。


よい習慣を続けて行けば、継続は力で、良い結果が得られ、良い出会いがあることでしょう。

どのような習慣がいいのか、それは、私たちの良心に聞くのがいいと思います。
良心は正しいこと、そして愛が大好きです。

逆に自分さえよければという自己中は、良心を苦しめ、肩身の狭い思いにさせるのではないでしょうか。

悪い習慣は、悪癖となって、簡単には直せません。


人のために役に立つ生き方をしていきたいですが、その基本は、笑顔、挨拶、よい言葉がけ、という簡単なことからできます。

同じ時間を過ごすなら、笑顔で過ごしていくのがいいですね。


私のような人間にも、神様が私の良心を通じて語りかけ、インスピレーションを与えてくれます。

そのような、ひらめき、いろんな気づき、悟りを、具体的に形にしていきたいと思っています。

そして、このブログも、悪い習慣に流されることなく、よい動機で継続していきたいと思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:李にカワセミ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


世界の高齢化、65歳以上の人口50年までに倍増 米報告


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2016年03月27日

《復活祭って何?》 イースターエッグとバニーの由来?! 2016

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2014.04.15 山手 ブラフ18番館 エッグツリー


今日はイースター(復活祭)。

昨日に引き続き、復活祭は何なのかお話します。

まず、復活祭に、なぜエッグやバニーなのか???というお話です。

(イースター・エッグは、)もともとヒナが卵から生まれることをイエスが墓から出て復活したことに結びつけたもの、および冬が終わり草木に再び生命が甦る喜びを表したものといわれている。
英語圏やドイツではイースター・バニーが運んでくる(または産む)ものとされているが、フランスやイタリアでは教会の鐘が運んでくるものとされている。



また、復活祭にも、クリスマスやハロウィンと同じように、純粋なキリスト教の祭祀を越え、大衆に浸透した経緯がありました。
 
クリスマスはミトラ教の冬至の行事、ハロウィンはケルト人の収穫感謝祭が、諸聖人の日(万聖節)の前夜祭と結びついてしまったものでした。
ですから、クリスマスは正確なイエスの誕生日ではないということですし、ハロウィンは日にちは合っていますが、キリスト教の行事ではありません。

そして、この復活祭はというと、キリストが復活したというキリスト教の行事としても大切なものですが、イースターというのは、「春祭り」のような意味であり、ゲルマン人が行っていた春の到来を祝うお祭りから由来しているということです。

復活祭を表す英語「イースター(Easter)」およびドイツ語「オースタン(Ostern)」はゲルマン神話の春の女神「エオストレ(Eostre)」の名前、あるいはゲルマン人の用いた春の月名「エオストレモナト(Eostremonat)」に由来しているといわれる。


また、イースターは、ユダヤ教の「過ぎ越しの祭り」とも関連付けられます。元々は同じ日に祝っていたようです。

そして、それから50日後が5旬節と言われるもの。
キリスト教は、ユダヤ教の5旬節の日、つまり、死後3日で復活し、49日を過ぎた次の日に、ペンテコステが起きました。(昨日の記事を参照→こちら


宗教行事のようでそうでないような。
宗教というのは、生活や文化に密接にあるもので、堅苦しい儀式よりも、各種のお祭りや、家庭の行事として浸透したんでしょうね。

日本のお祭りも、今はただ盛り上がっているだけですが、その昔は収穫祭や、神道などにまつわる大切な宗教儀式であったはずですから。


さて、ヨーロッパでは、西方教会と東方教会では復活祭を祝う日付が違います。

これはそれぞれグレゴリオ暦とユリウス暦との違いによるものだとのこと。
古くから地方によって、また教派によって異なるものとなり論争を生んできたようです。

現代でもこの名残が残っていますが、西欧に倣った米国などの影響で、大勢はグレゴリオ暦で祝うことが多いようです。
しかし、いずれにしても4月4日から5月8日と、年によって祝う日が異なるため、それも論争の種になっています。

ということで、今年は、西方では今日3月26日ですが、東方教会(東欧)では5月1日となります。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:下ブラフ18番館 エッグツリー
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています