さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年02月16日

愛は幸せのもと、愛の過ちは不幸のもと?!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

梅一輪。


こんな男(女)と結婚したら
不幸になる?! 
その3ヵ条とは──


故ヨハネ・パウロ2世、既婚女性と約30年の親密関係 英BBC
(ニュースは下に掲載)◇


先日、とても、もどかしく、悲しくて、悔しく、残念なことがありました。
ある若い友人のパートナーとなるべき相手が、異性問題を起こし、別れざるを得なくなったというのです。

なんでこんないい人を裏切り、不幸にさせるのか。本当にかわいそうだし、なんともいえない気持ちで、悶々としてしまいました。


人を不幸にさせるもの、いろいろありますが、やはり一番は、男女問題でしょう。

以前に、相手を不幸にさせる男性の3か条を紹介したことがあります。
ようするに、こういう人と結婚したり、付き合ったら最悪だという人ですが、これは、男性だけではなく、女性でも同様か、もっと悪いですね。

第1は、男女問題にルーズな人。過去のものでも、浮気、本気に関係なく、不倫は、言うまでもありません。

第2はお金にルーズな人。金銭問題や、お金や地位・名誉に執着し過ぎる人。

第3は時間や約束にルーズな人。


2番目、3番目ももちろん避けたい人ですが、なんといっても、男女問題は、幸不幸に直結してしまいます。

問題を起こした本人たちだけでなく、配偶者や家族まで悲しませ、不幸の種は子ども孫まで引き継がれていくのです。

男女問題の場合は、元々だらしのない人だけでなく、優秀な人、美人・イケメンは誘惑が多いのではないでしょうか。

また、順風満帆な人が、大切な時に男女問題で足元をすくわれることが、ようようにしてあるので要注意ですね。


過ちを犯した人が制裁を受けるのは仕方がないのかもしれませんが、裏切られた相手は、かわいそうとしか言いようがありません。

どうかそれを恨みに思わずに、甘受して、これからも自分らしさを失わず、頑張ってもらいたいです。
神様はそういう健気な人を、応援しないはずはありません。

愛は幸せの素ですが、真実の愛でないと、長続きしないでしょう。

そして、愛の過ち、間違った愛というのは、一時的には喜びや幸せを感じるかもしれませんが、そのままだと不幸に直行してしまいます。

真実であり続けるしかないのです。
真実の愛が人を救うように、真実しか真実を連れて来られない。真実が真実を救うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:梅一輪。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


故ヨハネ・パウロ2世、既婚女性と約30年の親密関係 英BBC


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています