さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年02月28日

「呼吸」と愛情の共通点?! 出すのが先か、入れるのが先か?!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

快速特急 イエロー・ハッピー号。


何事にも大切なのが「呼吸」
よいタイミングに、
よい呼吸をしたいものです。



コスプレで都内を駆け抜ける市民ランナー、東京マラソン
(ニュースは下に掲載)◇


いつもは無口な次男が、中学のコーチが東京マラソンのテレビに映っていたと、嬉しそうに話してくれました。

42.195kmという、私がいまだかつて走ったこともない距離を、ランナーたちが走ったわけです。
マラソンにも大切な呼吸法。生きる基本も、呼吸からです。

さて、私はここ数年、合唱をしていて、月1回は専門の先生にボイストレーニングをしてもらっています。

高校生の時、1学期だけ合唱部に在籍したものの、ずっと何10年も自己流で歌ってきた私にとって、発声の基本を学べることは、ありがたいことですが、なかなか先生の言われることが身につかないお年頃で、いつも自分自身で内心あきれながら、顔は笑顔を作ってやっております。

先生が常に言われること、いくつかありますが、その一つ。それがやはり「呼吸」のことです。


息は吸おうとしなくても、吐き切れば、自然に入ってくる、というのです。

その通りなのですが、気がつくと、音を出して慌ててブレスしたり、酸欠の金魚のような状態になっています。

呼吸というのは、実に不思議なものですが、誕生の時に「おぎゃあ」と叫んだ瞬間から、意識しなくても自然に毎年、毎日、24時間休むことなく続けているわけです。

「吸う」ことよりも、「吐く」ことが大切だといいます。

いかにすべて吐き切るか。
普段はしているのですが、歌を歌うとなると、なんだか力んだり、別の意識が働いて、ついたくさん吸おうとしてしまう。これは、不自然なことなんですね。


「過呼吸」というものがあります。
パニック障害をもったような方が、パニックに陥ると、息を吸い過ぎてしまい、普通の呼吸ができなくなって、逆に苦しくなってしまうことがあります。

泳ぐ時に息継ぎをしますが、溺れてしまった時には、吸うべき時に吸わず、水を飲んでしまい、とても苦しい思いをして、生死に関わることもあります。

そういう時は、深く息を吐き、深呼吸をすると落ち着きますね。
深呼吸も、深く吸うことを意識するのではなく、いかに吐き切ってしまえるか、吐くことを意識した方がいいようです。

気功やヨガ、ストレッチなども、呼吸を意識してやると、とても健康にいいといいます。


呼吸とよく似ているのが、愛情かなぁと思います。

愛してほしい、と愛を求めすぎると、過呼吸のように苦しくなってしまいます。

小児性の喘息は、お母さんが仕事が忙しかったり、嫁姑や夫婦関係などに問題があったりして、愛情不足を感じる子どもに多く起こるとか。

人を温かく笑顔で包み、明るい挨拶をし、優しくよい言葉で元気づけてあげる。
人を批判したり否定したりではなく、受け止めて理解していく、そういう愛のあふれた人には、自然に周りに似た人が集まってきます。

愛を呼吸する。
それは、まず与えることから。受けることばかり求めるというのは、不自然なことなんですね。


私たちの心、その一番の核心にある、魂の一番のごちそうは、愛です。
ギトギトの自己愛ではなく、温かく明るい、見返りを求めない愛。それは具体的な行動を伴います。

行動だけでなく、思いも伴わなければならないようですが、よい行動を心がけていると、よい心持ちになりやすいという、よい循環もおこります。

私たちが、自然に呼吸して生活しているように、愛情も自然にキャッチボールしながら生活していく。そこには循環が生まれます。

よく吐ききった分だけ、たくさん息を取り込むことができます。
いつも与えている人は、その愛の分だけ、よいものが返ってくるのではないでしょうか。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:快速特急 イエロー・ハッピー号。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


コスプレで都内を駆け抜ける市民ランナー、東京マラソン


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2016年02月18日

愛は幸せのもと、愛の過ちは不幸のもと?! part2

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

暖冬。


【AFP記者コラム】スウェーデンの暗い冬に見つける小さな喜び
(オーロラのニュース、下に掲載)

最近不倫騒動を起こした人、いろいろおられますね。
制裁を受けることが多い気がします。

隠しておきたくても、真実は表れる時は表れます。


先回、結婚したら不幸になる男(女)の3つのタイプをお話しました。
その一番目が何といっても、男女問題です、と。

これらは、「不幸癖」という、負の遺産となって、子どもや孫、7代先までずっと影響を与えます。

この「不幸癖」、つけるのは案外簡単かもしれません。直すのは大変です。

また、女癖が悪い、といいますが、男女問題を起こす場合、相手が必要です。
例えばW不倫だった場合、お互いの家族も巻き込む、大変厄介なものです。


以前は、不倫や浮気が当たり前、あるいは仕方がない、という風潮、一色だった気がします。

でも、イケイケの風潮や、様々な誘惑に流されたところで、いい思いをするのは一時のことで、必ずツケを払わされることになることでしょう。
結婚前の火遊びも実は、同様です。

イケイケとあおった人たちは誰も責任を取ってはくれません。

男女問題ほど、人の恨みがからむ問題はないでしょう。だから、簡単ではありません。
恨みというのは倍返しにしても晴れないのです。

1回の過ちが、その人の命で償っても償いきれないともいえます。
だから、男女関係が派手な人は、子どもや孫の運勢まで弱めることになります。

もちろん、女癖の悪さは代々受け継がれていってしまい、おんなじところで失敗しやすくなります。


今は、はっきり、処断される時代となったようです。
不倫は大きなリスクがある、そう考えたらいいと思いますね。

人が愛し合うことは素晴らしいことですが、男女の愛の場合は、間違いも犯しやすいです。

しかしそれは、宇宙の法則にも反し、人の道に外れることであり、誰かを悲しませる行為ですから、誰にも知られず、たとえ制裁を免れたとしても、天は見ていますし、魂に刻まれています。

社会的制裁などを受けるまでもなく、そのままでいけば、不幸の道を、家族みんなで行くことになるのです。

幸せになる生き方をしたいですね。
正々堂々、人を喜ばせる笑顔の生き方をしていきましょう。それが一番の、未来の自分と子孫への資本であり財産となる、このように思います。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:暖冬。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【AFP記者コラム】スウェーデンの暗い冬に見つける小さな喜び


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2016年02月16日

愛は幸せのもと、愛の過ちは不幸のもと?!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

梅一輪。


こんな男(女)と結婚したら
不幸になる?! 
その3ヵ条とは──


故ヨハネ・パウロ2世、既婚女性と約30年の親密関係 英BBC
(ニュースは下に掲載)◇


先日、とても、もどかしく、悲しくて、悔しく、残念なことがありました。
ある若い友人のパートナーとなるべき相手が、異性問題を起こし、別れざるを得なくなったというのです。

なんでこんないい人を裏切り、不幸にさせるのか。本当にかわいそうだし、なんともいえない気持ちで、悶々としてしまいました。


人を不幸にさせるもの、いろいろありますが、やはり一番は、男女問題でしょう。

以前に、相手を不幸にさせる男性の3か条を紹介したことがあります。
ようするに、こういう人と結婚したり、付き合ったら最悪だという人ですが、これは、男性だけではなく、女性でも同様か、もっと悪いですね。

第1は、男女問題にルーズな人。過去のものでも、浮気、本気に関係なく、不倫は、言うまでもありません。

第2はお金にルーズな人。金銭問題や、お金や地位・名誉に執着し過ぎる人。

第3は時間や約束にルーズな人。


2番目、3番目ももちろん避けたい人ですが、なんといっても、男女問題は、幸不幸に直結してしまいます。

問題を起こした本人たちだけでなく、配偶者や家族まで悲しませ、不幸の種は子ども孫まで引き継がれていくのです。

男女問題の場合は、元々だらしのない人だけでなく、優秀な人、美人・イケメンは誘惑が多いのではないでしょうか。

また、順風満帆な人が、大切な時に男女問題で足元をすくわれることが、ようようにしてあるので要注意ですね。


過ちを犯した人が制裁を受けるのは仕方がないのかもしれませんが、裏切られた相手は、かわいそうとしか言いようがありません。

どうかそれを恨みに思わずに、甘受して、これからも自分らしさを失わず、頑張ってもらいたいです。
神様はそういう健気な人を、応援しないはずはありません。

愛は幸せの素ですが、真実の愛でないと、長続きしないでしょう。

そして、愛の過ち、間違った愛というのは、一時的には喜びや幸せを感じるかもしれませんが、そのままだと不幸に直行してしまいます。

真実であり続けるしかないのです。
真実の愛が人を救うように、真実しか真実を連れて来られない。真実が真実を救うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:梅一輪。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


故ヨハネ・パウロ2世、既婚女性と約30年の親密関係 英BBC


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています