さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年01月14日

間引きと断捨離、選択と決断、行動と実践の年?! 《2016年(丙申)って、こんな年》1

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2016.01.13 追分市民の森 ナノハナ 初氷


森で迷った女性、「ブッシュクラフト」で生還 オーストラリア
(ニュースは下に掲載)◇


今年は、丙申(ひのえさる/へいしん)の年です。

一言でいえば、行動、実践の年、でしょうか。

そして、悪いものはバッサリと捨て去る、断捨離の年。
言い換えれば、選択、決断し、その後は、集中して最後まで敢行する、そういうことが必要になると思います。


選択は、もちろん、ただ単なる日和見や、自己の利害を優先するものではなく、国や社会を助け、人の為になる良い選択であるべきです。
つまり今年は、やはり、いよいよ本物であるべき、それを隠せない時になってきます。

選択し続けていくということは、ただ、「♪どれにしようかな」などと、悠長に選んでいる場合ではありません。
生きるか死ぬかの、選択といっても過言ではないかもしれません。

今までの、人生の体験、英知・機微をすべて結集すべき年です。

私が個人的な目標として、感謝と、本物になること、有言実行を掲げたのは、そういう時運を感じたものです。


2011年から、干支による年回りの記事をあげてきました。
まとめると、こうなります。

'11 辛卯(かのとう/しんぼう)革新・革命の年。枯死した後、新たに発芽し青葉が生い茂る、「死と再生」を意味する……東日本大震災 中東の革命
'12 壬辰(みずのえたつ/じんしん)何かをはらむ、新しい時代の訪れ 
'13 癸巳(みずのとのみ/きし)一つの流れが終わり、秩序ある新たな動きが始まる……安倍政権
'14 甲午(きのえうま/こうご)反対勢力の突き上げ、内紛など試練が多い(2年目の試練)
'15 乙未(きのとひつじ/いつび)枝葉の繁茂で暗く曖昧になる。改革に対する抵抗が強い等


この流れからいっても、茂り過ぎて、いいものも悪いものも分かりにくくなっているので、昨年を受けて2016年は、ばっさり枝葉を切り、間引きしてこそ、強くて健康な枝葉が育ち、きれいな花も咲くことでしょう。

昨年から、曖昧なものをはっきりさせるため、枝葉を切るとよいという話はありましたが、今年は、更に大胆にしていく時であるといえるようです。

四柱推命の専門家のサイトには、以下のようにありました。


2014年は様々な新たな動きがあって、それが成長し、繁茂したことで本来の天運エネルギーが成長した枝葉に遮られて地表に届かなくなってしまう状態が2015年に到来しました。2016年は、さらに様々なことが明らかになり、課題を一つ一つ克服していく危機管理能力が問われる年となります。


具体的に丙申(ひのえさる/へいしん)となるのは、陰暦であると思いますが、時は刻々と移り変わっていて、もうその傾向が表れているともいえます。

また、今から準備していくのは、なおいいことだと思いますので、例年のごとく、干支(えと/かんし)の意味を学んでいきたいと思います。
(明日以降から連載します。)


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ナノハナ 初氷
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


森で迷った女性、「ブッシュクラフト」で生還 オーストラリア


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています

2016年01月12日

幸せになるためには、「目に見えない世界を信じる」?! 水木しげる

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2016.01.11 和泉川 カルガモ


目に見えない世界を信じる

水木しげる
「幸福の七カ条」より

伊ボトルキャップ会社の
創業者、遺言で計1.9億円を従業員に
(ニュースは下に添付)◇


よく考えてみれば、「幸せ」も目に見えません。
だからといって、幸せをあきらめたりしません。

目に見えない大切なもの、「愛」もそのひとつでしょうか。

そういう目に見えないもので、「しあわせ」はできているのかもしれません。


昨年亡くなった水木しげるさんが、著書の中でまとめられた「幸福の七カ条」。
SNSで知りブログでも紹介したいと思っていたのに、年を越してしまいました。ふと思い出して、取り上げることにします。


幸福の七カ条

第一条
成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

第二条
しないではいられないことをし続けなさい

第三条
他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

第四条
好きの力を信じる。

第五条
才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条
怠け者になりなさい。

第七条
目に見えない世界を信じる。



水木さん自身が、体験の中から勝ち得た真実の言葉。
これは、単なる「水木しげる」という人の個人的な考えではなく、大きな存在に教えられた真理に触れる内容だなぁと思います。

ひとつひとつ掘り下げてもいいのですが、特に、第七条の「目に見えない世界を信じる」
これが一番大切ではないか、と思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:カルガモ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

水木サンの幸福論 (角川文庫)

伊ボトルキャップ会社の創業者、遺言で計1.9億円を従業員に


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2016年01月10日

17歳のきらめきをもう一度?! 今しかできないことをしよう!  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

17歳の誕生日を覚えていますか?

おめでとう


奇跡求めて黒いキリスト像に信者殺到、フィリピン
(ニュースは下に添付)☆


私の17歳というのは、きらめきの中というより、迷いや悩み、不安と自意識過剰の塊のような、しかしそれでも「箸が転んでもおかしい」年頃であったという、おぼろげな(?)記憶があります。

早いもので、同じ月に生まれた息子と姪っ子が、17歳の誕生日を迎えます。

以前、若い友人に、メッセージ(詩)を贈ったことがあります。
またその時の記事を編集して再投稿しています。

若者に送ったメッセージなのですが、これは人生の折り返し地点を過ぎたような私の世代以上の人たちに対しても、同じように言えるのではないか、と思いましたので、紹介することにします。


17歳の君へ──

今日から17歳、何かができる

まだまだ17歳、と思っていたら
あっという間におじさんになってしまうけれど
一日一日、一瞬一瞬を大切に
魂に焼き付けて生きよう

きっと大人になって、思い出しても
眩しくて仕方がないような
17歳の日々を、作り上げてほしい

それは神様からのプレゼント
そして一緒に作り上げる新たな歴史。。。

今しかできない笑顔
今しかできないいたずら
今しかできない感謝
今しかできない涙の使い途
今しかできない優しさ
今しかできない絆つくり
今しかできない失敗
今しかできない跳躍。。。

17歳こっきりの特別チケット
有効期限が切れるまで
使い切って、乗り回して
たくさんスタンプを押して
自分の目で確認し、足で覚えよう 
その土の感覚 空気の匂いを
記憶していこう
それがきっと財産になる

期待しているよ!



「17歳」という言葉の響きがなんとも言えずにいいですね。
若いからできること、経験を積んだからこそできること。

今しかできないことを、いっぱいやっていきたいですね。いくつになっても、自分で体験し、記憶したことしか、魂には刻まれないでしょう。

そしてまた、自分が自分の足で歩き獲得したことは、その人のポイントであり、心の財産になることに違いありません。

私たちの寿命も長い短いといいますが、宇宙の歴史から見たら、一瞬のこと。若者、年寄りも、大差ありません。
こうして生きて、笑ったり泣いたりし、感動したり、愛おしく思ったりできることは、本当にありがたい事です。

人を愛した分だけ、人に役立つことをした分だけ、私たちの心は余裕ができ、広く深くなっていくようです。

柔軟な17歳の私の息子たち、頭も体も硬くなりがちな私、体力では絶対に勝てないけれど、今しかできない体験の競争なら、張り合ってみたいですね。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:おめでとう
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


奇跡求めて黒いキリスト像に信者殺到、フィリピン


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています