さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年01月25日

♪自由はあと少しさ ♪「ハイスクールRock'n'Roll」 尾崎豊

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

a1380_001291.jpg


Rock’n’Roll
踊ろうよ
Rock’n’Roll
くさらずに
Rock’n’Roll
手を伸ばせば自由はあと少しさ



☆毎月25日は 尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日)☆

米東部の歴史的暴風雪、死者25人に 首都ワシントンで影響続く
(ニュースは下に添付)◇


満員電車にもまれ、なぜ毎朝行くのか。
退屈な授業を聞いていて何になるのか。

そんなふうに思うかもしれません。

向かってくる現実を、ただ悪天候、悪環境のように感じて、受け止めているだけだと、たしかにキツイかもしれません。
人生に意味を感じないと。

自由はあと少し、だと言うのですが、ただ待っているだけではシンドイでしょう。


尾崎豊は、音楽に道を見つけたかのようでしたが、せっかくの才能も26歳の若さで終止符を打つことになりました。

行き詰っていたように、私には見えます。
答えが出ていなかった。
いつも期待に応えることなどへの重圧があったような。

それで、やみくもにぶつかっていったり、高い所から飛び降りたり、コンサートのハイ状態は、通常の彼とは違うと思うのですが。


苦しい環境、なんでこんなこと、というような日常、それもプラクテスなのかもしれません。

大人になったからといって、シンドイことがなくなるわけではありません。

どんな気持ちで乗り切るのか、まともに反発するのか、笑って越えるのか、しのぎ方の練習、心の切り替え、リフレッシュの時間をもちながら、耐えるところは、耐えていけたらいいですね。

だから、歌ったり踊ったりで、気分転換するのも、いいですね。尾崎ファンは、それで尾崎にひたるんでしょう。


「必死にあがいている」と、歌っていますが、ある面、彼はそういうところは、第3者的に超えたようなところで、この歌を作っている気がします。

歌の中では、越えているのです。

たとえば、批判というのは、あまり大人の方法じゃない、と思います。
反戦歌のようになっていない、誰かのせいにしてはいないのが、この歌のよいところです。

尾崎は多少愚痴っぽくはあるけれど、「必死にあがく」ような状況を、吹き飛ばすように、歌ってくれている。

これは、若者にはかっこよく見え、かつての若者も、力を得るのでしょう。

カンフル剤というのでしょうか。麻薬のように、この歌の間だけは、コンサートの間だけは…、違う世界に行くことができる!

もちろん、問題は、解決したわけではありません。
それは、現実の私たちが越えるべきことです。

方向性を間違えたら、悪魔に身を売ることになるので、御用心。









ハイスクール Rock’n’Roll


Oh! 朝は目覚めても昨日の疲れひきずったまま
様にならない制服着て表へ出るよ
そして ぞろぞろと駅へ歩く人達に
まぎれ込んで 俺も歩いてゆくよ
満員電車に押し込まれ 言葉さえなくした Strange boy
何がどうなろうと 誰にもどうにも出来ないみたいさ
セーラー服のLittle girl 小さな躰もみくちゃにされ
それでも夢見てるの 失う事ばかりなのに

Rock’n’Roll 踊ろうよ
Rock’n’Roll くさらずに
Rock’n’Roll 手を伸ばせば自由はあと少しさ


Oh! これから半日は退屈な授業で費すだけで
身も心も疲れはて 魂さえも Knock Knock down
こっそり抜け出し 小さなコーヒーショップの Smoking time
ジュークボックスにいかしたRock’n’Roll
俺らに聞かせて欲しいのさ
ちょっと! こんなラッシュアワーに死ぬまでもまれたくないよ
何がどうして誰のために縛られなくちゃならないの
逃れられない流れの中で
必死にあがいてる俺が 見えるよ

Rock’n’Roll 踊ろうよ
Rock’n’Roll くさらずに
Rock’n’Roll 手を伸ばせば自由はあと少しさ


詞・曲 尾崎豊


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


米東部の歴史的暴風雪、死者25人に 首都ワシントンで影響続く


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

さよならなんて言いたくないのに… 歩いてゆこう ♪「桜色」(合唱曲) 《卒業式シリーズ》

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.04.04 和泉川 桜にユスリカ?


さよならなんて言いたくない
離れたくないのに
どうして今日という日が 来るのだろう




年が明けたと思ったら、節分、バレンタインデー、そして、卒業式のシーズンがやってきます。

早いもので、娘が小学校を卒業します。
今、練習中ということで、是非にとリクエストされました。

ほとんどが地元の中学校に行くため、友だちとは別れるわけではありませんが、馴染んだ小学校や先生とさよならします。

子ども時代に卒業し、いよいよ思春期に突入していく、親にとっての方が、きっといろいろ感じてしまう感動の卒業式になることでしょう。



「桜色」



 旅立ちの時 友の顔に
 流れる涙一筋に
 落ちては消える 春の日差しが
 悲しみごと 全部とかしてゆく
 さよならなんて言いたくない
 離れたくないのに
 どうして今日という日が 来るのだろう
 桜舞い散る季節に
 僕ら旅立つ時が来る
 桜舞い散る道の上を
 思い出踏みしめながら
 歩き始める

 悲しいことがあった時は
 共に過ごしたこの時を
 ここで一緒に頑張ったこと
 思い出して
 もう一度歩き出す
 遠ざかる風 桜色に染まって
 包む空見上げるたびに 切なさ胸をよぎる
 君と過ごした季節は
 淡い光に溶けてゆく
 あの日誓った言葉は今
 明日へ踏み出す勇気に 変わってゆく

  桜舞い散る季節に
  僕ら旅立つ時が来る
  桜舞い散る道の上を
  思い出踏みしめながら 歩いて行こう…


山崎朋子 作詞・作曲










今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:桜にユスリカ?
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


「美女と野獣」などの童話、数千年前から存在か 研究


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

今年は、積極的で行動派の猿年?! 《2016年(丙申)って、こんな年》2

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2016.01.19 追分市民の森 ナノハナ


今年は、「積極的な猿」
あるいは「行動派猿」

猿は猿でも、
内面を表わす十干によって、
違う性質の猿となる

いったいどんな申(さる)年?!



国際宇宙ステーションで初の開花、オレンジ色の百日草
(ニュースは下に掲載)◇


干支(かんし)による2016年、丙申(ひのえさる/へいしん)の年回りについてお伝えします。

先回は、丙申のポイントをお伝えしましたが、今日は、やはり餅は餅屋ということで、専門家のサイトから抜粋します。



十干が「心」とすれば、十二支は「体」。どちらも大切ですが、十干が内面的な本質を見るとすれば、十二支は、より外形的な、外面的な特性が分かります。


丙(火の兄)は太陽を表し、強い集中力のあるガスバーナーの火にたとえられます。

第一の意味としては「積極的行動」を意味し、「丙(へい)は炳(あきらか)なり」と表現されるようにすべてを明らかに曝していきます。「横柄」「権柄」「政柄」という漢字表現でも明らかなのですが、無理矢理、積極的な横暴な行動を展開していく時期という意味があります。

「明らか・明らかになる」「炳(明るい)・モ(明るい)」という意味もありますので、隠れ潜んでいたものが浮き彫りになる時期です。

ですから、憂いが出てきて、先々まで見通せるので心配事が増える時期となります。

古代中国では丙は人の手足がピンと左右に張った様子を示し、魚の尾がピンと張った様子でもあります。心がピンと張る――つまり、緊張状態に入ることを意味します。

さらに、公正明大で勢いがあって気さくで悪いことができない良い人との意味もあります。

融通性に欠けて他人の意見を聞かず、自己中心的になると、心が堅くなり、柔軟性がないことを意味しますので、柔軟性、フレキシビリティ、臨機応変さが大切な時期です。

丙種合格(戦時中、旧軍隊の徴兵検査で甲乙丙の三段階のうち最下位で合格すること)を意味し、合格してもトップではない状態です。


「申」は新興勢力が伸びるので、果断が必要な時を意味します。

説文解字では「申(しん)は伸(しん)なり」と評されていて、古い勢力が果断されて新たな勢力が伸びることを意味します。
つまり、新興勢力が伸び、果断(未の茂りが続くので果断が必要・午と未で極みのピーク)でいかに間引くかが重要な時期なのです。

申の語源は語源は緩(かん)で、時間的、精神的にゆとりがあるようにすることで、ゆるめてゆったりゆっくりし、手を抜くことを意味します。
新興勢力が伸び、果断(未の茂りが続くので果断が必要・午と未で極みのピーク)でいかに間引くかが重要な時期です。

大胆な断捨離が求められ、必要なものを取り、不必要なものは思い切って捨てる時です。



以上が、細かい丙申(ひのえさる/へいしん)の意味となります。

猿は猿でも、内面を表わす干によって、違う性質の猿となるようですね。

セコイ猿やら、悠長なサルもいますが、どうやら今年は、「積極的な猿」あるいは「行動派猿」と言えるでしょうか。
明るく、はっきりした、公明正大な猿でもあるかもしれません。

上の内容をふまえて、丙申の意味をまとめたのが、先回の記事になります。私なりの予想も含んでいます。

今後、中東の動きなどと絡めたりして、丙申のお話ができたらと考えています。
(不定期に続きます。)



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ナノハナ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


国際宇宙ステーションで初の開花、オレンジ色の百日草


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています