さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年12月29日

カウントダウンを、笑顔と感謝で締めくくろう?!  ──人は何で生まれてきたのか?! 10

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.12.26 瀬谷市民の森 切株の冬


シーズン終了後のひげそり、リオのサンタ

img_ed59b7a43c47ac5df3f2de7c416686e8145442.jpg

(ニュースは下に添付)◇


今年も、あとわずかになりました。

もうすぐ終わり、と思うと、惜しくなるものが出てきたり、ああしたらよかった、こうしたらよかった、もっとこうできたのに、と反省することも多いと思います。

私も人生半世紀を過ぎて、ほぼ毎年そんなくり返しです。


そんな中、最近ようやく気づいたことがあります。
私は時間を惜しみすぎるんだと。

時間がない、時間がない、と言いながら、何をなくしていくかといえば、心をなくしている。余裕を奪われ、自分の平常心や、本来やるべき目的まで忘れてしまうこともあります。

また、おかしいことに、「時間がない」言えば言うほど、時間は早くなくなってしまいます。そう言っている、歯の間からこぼれるように時間は過ぎていきます。


時間は惜しいものですが、いつか過ぎ去っていくことを、潔く認めるのがいいような気がします。

どうせなら、目の前に現れた事態を楽しんでしまう。時間はどうせ取り戻すことはできないのだから、あれこれ欲張っても仕方ありません。

今できることで最高のことをしていく。

5分時間が残されている時、ただ一生懸命走らなければならないこともありますが、もう2度とは訪れることのない「時」というものを、目いっぱい、満喫する。

何か、かっこよく決めたいところですが、何にもできなくても、できることがあります。
「笑顔」「感謝の言葉」、こういうものはわずかな時間でも、高ポイントを取ることができます。


時間を司るのは、本来神様ですが、どうも、悪魔というものが、よいように私たちの時間にちょっかいを出してくる気がします。

焦らせたり、じらしたり、油断させたり、あきらめさせたり…、翻弄されてしまいがちな私たち。

平等に与えられている一日24時間、一年365日であったとしても、ちょっとした瞬間の隙間を、笑顔と「ありがとう」で固められれば、悪魔の付け入る隙はないんですよね。

終わりよければすべてよしで、今日も笑顔と感謝で終え、そして大晦日まで、いろいろあったとしても、そうやって締めくくりたいです。(悲願必勝!!)



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:切株の冬
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


シーズン終了後のひげそり、リオのサンタ


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています