さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年10月31日

「落ち葉のカルタ」を山風が拾う?! 《金子みすゞ詩の世界》  ★紅葉に染まった米シェナンドーア国立公園 大勢の観光客で渋滞も

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2010.10.28 蔦温泉 菅沼

11月も目前になって、深まりを見せてくる秋。
趣きある季節がやってきました。
晩秋の山を金子みすゞが描くと、
このようになります。
黄金色になった山々を思い浮かべながら
味わってみましょう◇



「 落タ 」


山路に散ったカルタは
なんの札。
金と赤との落葉の札に、
虫くい流の筆のあと。

山路に散ったカルタは
誰が読む。
黒い小鳥が黒い尾はねて、
ちちッ、ちちッ、と啼いている。

山路に散ったカルタは
誰がとる。
むべ山ならぬこの山かぜが、
さっと一度にさらってく。


金子 みすゞ



これはそのまま童謡になっていてもおかしくない詩ですね。

落ち葉のカルタに、虫くい流の筆で書かれた文字、
チチッと鳴く小鳥がカルタの読み手で、乱暴な山風が、取り手。

秋の山の風景が、みすゞの手に掛かると、こんな風に色を変えたようになるのです。
赤や黄色の落ち葉の一枚、一枚が、意味のあるカードに変わります。

「むべ 山風」というと、百人一首のこの歌を思い浮かべます。

吹くからに 秋の草木の しをるれば 
むべ山風を あらしといふらむ


 
文屋康秀
 

吹いた途端に、秋の草木を萎えさせるのを見れば
山風を「あらし」=「荒らし」「嵐」というのはもっともなこと。

こんな意味ですが、みすゞもこの山風を、乱暴者の風、あるいは、茶目っ気のあるいたずら者というような感覚で書いたものでしょう。
ちょっと有名な、「山風」。
時折吹く強い風も、秋ならではの風流というところでしょうか。

山で、落ち葉を拾ったり、踏みしめたり、また山風も体感してみたくなりました。
紅葉もこれからですね。


今日もいい一日を!

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:蔦温泉 菅沼
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

この記事は、こちらを再編集しました
落ち葉のカルタを山風が拾う?!「落ち葉のカルタ」 金子みすゞ詩の世界5

紅葉に染まった米シェナンドーア国立公園 大勢の観光客で渋滞も


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

ハロウィンって何の日?! 発祥は?! なんでカボチャなの?! ☆2015  ★<写真特集>赤ずきんや「ヨーダ」も、六本木や川崎でハロウィーン・パレード

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.10.17 RIVIERA GRAND BLUE フロント


ハロウィンはかぼちゃというイメージがありますが、
もともとは、りんごだったって知っていますか──



我々は霊的な経験をしている人間ではない。
人間的な経験をしている
霊なのである。


ティルハード・D・チャーディン



明日は、ハロウィンですね。

子どもたちの学校では、クラス単位で、ハロウィン・パーティーをするのが恒例でしたが、今年は企画していないようで、昨年までは売り切れ続出だった100均のハロウィングッズが、どうもそのまま残っているようなのが、気になります。

とはいえ、友だち同士で企画したり、ハロウィンが何かもよく分からないのに、すっかりイベント化しています。

ハロウィンは、もともとアイルランドやスコットランド(英国の一部)のケルト民族のお祭りでした。

収穫を迎えた大地は、冬に向けて休息に入ります。ケルトでは、この収穫祭を新しい年の切れ目の日としていました。つまり、大晦日のようなもの。

ハロウィンは特別な日であり、この晩は、先祖の霊や、精霊などが異界(霊界)の境界線を越え、やってくると信じられていました。

そもそもハロウィンは、キリスト教とは関係なく、正教などは、ハロウィンを嫌う傾向もあるといいますが、実は、語源だけは、カトリックの伝統行事と結びついてできたらしいのです。

11月1日の諸聖人の日(万聖節)の前夜祭、"All Hallows"のeve(ハロー・イブ)、というのがその語源と言われています。


さて、ハロウィンにはかぼちゃがつきものと思っていましたが、ケルト地方では、かぼちゃではなくリンゴを使ってきたということです。
恐らく、新大陸、アメリカでは秋に多くのかぼちゃが収穫され、結果、かぼちゃのお祭りみたいになってしまったのかもしれません。

ここ10年ほど前から、すっかり日本にも定着した感のあるハロウィンですが、ようするにお化けのお祭りのようなもの、楽しいイベントという感じですね。
まあ10月の風物詩、といえるのではないでしょうか。私的には、グロテスクなものは、やめてほしいですが…。

仮装というのも、日本でも定着して来ました。

息子の高校の文化祭に行きますと、お化け屋敷が各学年に1つはあって、それぞれ個性的なホラーを演出し、さらに生徒たちの仮装やメークも本格的で凝りに凝っていました。

ハロウィーンの仮装にも通じると感じました。


ヨーロッパのケルトの収穫祭として始まったハロウィン。
しかし、現代のハロウィンの発祥というのは、アメリカなのでは、と思うのです。

恐ろしい精霊、悪霊を追い払うための扮装が、米国に行き、現代の仮装になったようですね。

仮装した子供たちが「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらいながら家々を回るというのも、やはり米国で盛んになったものです。
歴史の浅いアメリカにとっては、もはや伝統行事といってもいいのではないでしょうか。

アメリカというのは、あらゆる文化の発祥となっています。コカコーラにフライドチキン、アメリカン・ポップスやハリウッド映画がその普及に貢献し、相乗効果を生んできました。

それと同じように、アメリカの文化に定着した、アメリカ版ハロウィンが、今、ヨーロッパにも、全世界にも伝わっているというのが、本当のところ、私たちが認識するハロウィンかと思います。

ヨーロッパにも、ジャック・オー・ランタンが逆輸入されているのが現状のようです。


ジャック・オー・ランタンといえば、ハロウィンの晩は、異界(霊界)から、精霊が自由に出入りするということで、これは元々、魔よけの意味があるらしいです。

ナスやキュウリなどをお供えして、灯篭で飾る、お盆の行事を連想してしまいますね。
お盆は日本では夏の行事というイメージがありますが、もともと旧暦では秋の収穫の頃と重なります。お月見の頃ですね。(ついこの前、十三夜を迎えたばかりです。)

霊界の暦が変わるこの晩、実際、スピリチャル的な気が高まるというのも確かなようです。
日本人も名月を愛でながらも、しみじみと亡き人を偲んできたかと思うのですが、海と大陸を隔てた、北の島国(アイルランドなど)では、ケルトの収穫祭を祝いつつも、霊界の幕が開く日だと信じて大切にしてきました。

静かな瞑想とお祈りにも最適な晩となるはずですから、ハロウィン・パーティーは早めに済ませて、そんな時間をもたれるのはいかがでしょうか。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:
RIVIERA GRAND BLUE フロント

by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


赤ずきんや「ヨーダ」も、六本木や川崎でハロウィーン・パレード
写真45枚


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2015年10月26日

娘の推薦曲?! wacci ♪「大丈夫」  ★スペイン首都を羊2000頭が大行進、 移牧ルートの保存訴え

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.10.25 外交官の家 グラス


涙を流した君にしか 
浮かべられない笑顔がある
転んで泣いても大丈夫 
素直になっても大丈夫




秋になって、合唱など発表する機会や聴く機会も増えて、このところ娘の「ブログに載せて」というリクエストがたまっていますので、ほぼ一月のブランクを経て、ちょっと頑張って連続ブログアップを目指したいです。

まず今日は、「37.5℃の涙」主題歌、wacci(ワッチ)の「大丈夫」という曲を紹介します。

娘が、いい曲だとしきりに言うように、歌詞も、癒し系で、心に響くものになっています。

動画に出演する園児役の子どもたちや、先生役の女性がかわいくダンスが上手という点も、推薦理由の一つだそうです。






涙を流した君にしか 
浮かべられない笑顔がある
そのままの君で大丈夫 
こぼれおちた分だけ強くなる
変わりたいのに 変われない日々
本当の気持ちから 毎日少しずつ逃げた
見えないフリや 聞こえないフリで
綺麗事ならべても 自分は騙しきれなくて

負けそうな心 抱えても 
僕らは笑う 無理して笑うけど

きっと
涙を流した君にしか 
浮かべられない笑顔がある
たまには泣いても大丈夫 
素直になっても大丈夫
生きていくだけで人は皆 
数えきれぬほど乗り越える
強がらなくても大丈夫 こぼれおちた分だけ
強くなる 強くなる 強くなれる 大丈夫

誰かの理想になろうとしすぎて 
越えられないボーダーライン
気がつけば 引いてしまってる
自分で選んだ道なんだからって 
誰にも頼れずに 一人ぼっちで戦ってる

プライドや夢を守るため 
僕らは笑う 無理して笑うけど

でもね
涙を流した君にしか 
迎えられない明日がある
見守ってるから大丈夫 
焦らなくたって大丈夫
生きていくなかで人は皆 
幾千もの自分に出会う
そうして大人になっていく 
見つけられた分だけ 強くなる

世界は涙じゃ変わらない 
でも君は変わってゆけるさ
そう僕も ちっぽけでも 踏み出していくよ
胸を張って 
君だけじゃない 僕ら 一人じゃない

そうさ
涙を流した君にしか 
浮かべられない笑顔がある
転んで泣いても大丈夫 
素直になっても大丈夫
生きていくだけで人は皆 
数えきれないほど 乗り越える
だから大丈夫 こぼれおちた分だけ
強くなる 強くなる 強くなれる 大丈夫




載せて載せて、というくせに、昨日娘に訊かれました。
「お母さんはなんでブログをしているの?」

そうです。ただ書くのが好きだから、というのではありません。
「いいものを読んでもらうためだよ」

すべての人が幸せになること、そのために私は書き始めたのです。
鋭い娘の一言で、原点に帰らせていただきました。

娘に答えたその通りに、少しでも皆さんのお役に立ちたいと思っています。

ありがとうございます。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:外交官の家 グラス
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


スペイン首都を羊2000頭が大行進、 移牧ルートの保存訴え


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています