さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年07月25日

THE 郷愁?! ♪「坂の下に見えたあの街に」 尾崎豊   ★「生き神」生活を続ける女性、ネパール地震で初めて歩く

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

154596047_624_v1359020458夕富士。.jpg

☆毎月25日は 尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日)☆


尾崎豊さんの2枚目のアルバム「回帰線」からの1曲。

この曲は、独立した彼の視点で、両親への思いが凝縮した曲となっています。

お母さんにも、はっきり「さよなら」を言えず仕舞いで、前に進むことしか考えていなかった自分、そして、お父さんの言っていた言葉の意味が実感として分かってきた自分。

小さい頃の子守唄だった壊れたオルゴールが、時を奏でている。
きっと胸に残っているんでしょうね。

その優しい音は、郷愁を募らせる夕暮れの風景の中、いつまでも鳴り続けていることでしょう。









坂の下に見えたあの街に



まとまった金をため 
ひとり街を飛び出して行くことが
新しい夢の中 歩いて行くことだから
でも寂しそうに見送りに立ちつくす母親にさえ
さよならが言えずじまいで アクセルふみ込んでた
あなたの夢に育ぐくまれて 
その夢奪ってくわけじゃない

小さな俺を眠らせた
こわれちまった オルゴールが
バッグの中で 時をかなでている
Woo… Woo… 俺は車を止めて 手を振っていたよ
Woo… Woo… 坂の下 暮れていく街に

仕事を終えて帰ると 
俺のためにストーブをともして
親父はもう十九の俺の頭 なでながら
話す昔話の意味が その日俺にもやっとわかった
飛び立つ日から思い出は 夢の中で語るだけさ
排気ガスにすすけた窓 俺はひとり夢見ている
坂の下のあの街の中で 必死に探し続けてた物
あの日の親父と同じ様にね

Woo… Woo… 坂道のぼり あの日街を出たよ
Woo… Woo… いつも下ってた 坂道を
家庭飛び出してきたのは 
それより上目指してたから
やがて俺も家族を持ち 
同じ様に築きあげるだろう
何もかもわけあって行く様にね

Oh… Woo… Woo… 思い出す たそがれて行く街を
Woo… Woo… 坂の下 たたずんでいた街を
Woo… Woo… 俺はいくつもの 傷をきざみ込んだ
Woo… Woo… 坂の下に見えたあの街の中…




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夕富士。
by 芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


「生き神」生活を続ける女性、ネパール地震で初めて歩く


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする