さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年07月27日

イスラムの名を借りる殺人集団?! ★シリアでISに加わった仏女性、激動の3か月間を語る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.07.21 瀬谷市民の森 ヤマユリ 首を垂れて


強さは
肉体的な力から来るのではない。
それは不屈の意志から生まれる。


ガンジー



イスラム教と言うのは、宗派により日に何度もアラーに祈り、喜捨の精神など、慈愛に満ちた宗教です。

中東はイスラム過激派と呼ばれるテロ集団が多く存在し、また内戦の最中にありますから、ともすればイスラム教自体が、恐ろしいものであり、平和を壊すものというイメージがあるかもしれませんが、彼らとイスラム教の本来の教えは全然違うのです。

明らかに宗教の名を利用して、その教えとは反対のことをしているといえます。このニュースにある仏女性はセクトだと表現して、幻滅しきっています。

イスラム教の教理を教えるのですが、やっていることと、その動機がめちゃくちゃですから、イスラムの教えに則っているとはいえません。

本当に正しく、慈愛に溢れたものだったら、行動もそうなりますから、人々が尊敬し、認めるものになっていくでしょう。 
                                   
口先だけ上手いことを言っていても、化けの皮が剥がれる時がきます。

暴力と殺戮。
女性など、欲望のはけ口として騙して連れてきて、もしもカリフ制国家が本当にできたとすれば、カリフというのは、冷徹で横暴な独裁者に違いありません。

ニュース記事から抜粋します。

フランス人女性のナディアさん(21歳・仮名)は、今年の春にイスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」のメンバーにネットのチャットルームで勧誘され、ISが「首都」と呼ぶシリア北部ラッカ(Raqa)へ渡った。

だが彼女はすぐに幻滅した。過激化したIS戦闘員らが「コーランよりもカラシニコフ銃について夢想していた」からだ。

ラッカでISと過ごした激動の3か月の間に、彼女はISのメンバーと結婚・離別し、2回投獄された。それから何とか国境を越えてトルコに渡った末、警察に拘束された。

インタビューは、ナディアさん側も希望したものだった。他の女性たちに、自分のようにISに参加しないように呼び掛けたかったという。

「私は、『欧米は自分たちの敵だ。ダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)はカリフ制国家だ』と言っている若い女性たちの目を覚まさせるために話します」「ダーイシュはカリフ制国家ではない。セクト(危険な宗教集団)です」

ISの戦闘員たちの生活について、「イスラム教に従っていたものはほとんどない。コーランもほとんど読まず、ただ戦争のスローガンを唱えて生活して いた」と語った。「大半はイスラム教に改宗した人々で、イスラム教についてほとんど知識がなく、シリアについてすぐに学ばなくてはならなかった」

そしてISに協力する女性たちは、戦闘員らの性欲のはけ口でしかなかった。「私たちは男たちのための商品だった。彼らは『俺はブルネットがいい。ブロンドがいい。これぐらいの年のこんな女がいい』といったリストをもっていた」という。


シリアでISに加わった仏女性、激動の3か月間を語る



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:2015.07.21 瀬谷市民の森 ヤマユリ 首を垂れて
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


posted by kuri-ma at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

THE 郷愁?! ♪「坂の下に見えたあの街に」 尾崎豊   ★「生き神」生活を続ける女性、ネパール地震で初めて歩く

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

154596047_624_v1359020458夕富士。.jpg

☆毎月25日は 尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日)☆


尾崎豊さんの2枚目のアルバム「回帰線」からの1曲。

この曲は、独立した彼の視点で、両親への思いが凝縮した曲となっています。

お母さんにも、はっきり「さよなら」を言えず仕舞いで、前に進むことしか考えていなかった自分、そして、お父さんの言っていた言葉の意味が実感として分かってきた自分。

小さい頃の子守唄だった壊れたオルゴールが、時を奏でている。
きっと胸に残っているんでしょうね。

その優しい音は、郷愁を募らせる夕暮れの風景の中、いつまでも鳴り続けていることでしょう。









坂の下に見えたあの街に



まとまった金をため 
ひとり街を飛び出して行くことが
新しい夢の中 歩いて行くことだから
でも寂しそうに見送りに立ちつくす母親にさえ
さよならが言えずじまいで アクセルふみ込んでた
あなたの夢に育ぐくまれて 
その夢奪ってくわけじゃない

小さな俺を眠らせた
こわれちまった オルゴールが
バッグの中で 時をかなでている
Woo… Woo… 俺は車を止めて 手を振っていたよ
Woo… Woo… 坂の下 暮れていく街に

仕事を終えて帰ると 
俺のためにストーブをともして
親父はもう十九の俺の頭 なでながら
話す昔話の意味が その日俺にもやっとわかった
飛び立つ日から思い出は 夢の中で語るだけさ
排気ガスにすすけた窓 俺はひとり夢見ている
坂の下のあの街の中で 必死に探し続けてた物
あの日の親父と同じ様にね

Woo… Woo… 坂道のぼり あの日街を出たよ
Woo… Woo… いつも下ってた 坂道を
家庭飛び出してきたのは 
それより上目指してたから
やがて俺も家族を持ち 
同じ様に築きあげるだろう
何もかもわけあって行く様にね

Oh… Woo… Woo… 思い出す たそがれて行く街を
Woo… Woo… 坂の下 たたずんでいた街を
Woo… Woo… 俺はいくつもの 傷をきざみ込んだ
Woo… Woo… 坂の下に見えたあの街の中…




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夕富士。
by 芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


「生き神」生活を続ける女性、ネパール地震で初めて歩く


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

実践は、まず笑顔から?! 自信をもつためには 〈後編〉   ★墜落生き延びた米少女、自力で山下り数日後に保護

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ


シジミ君


「始まる」って文字を見て下さい。
「女」が「土台」って書くんです。
女性が笑顔でいることから始まります。

だから「嬉しい」って
「女」が「喜」って書くんです。

女性が笑顔でいるところに、
嬉しいことはやってきます。


ひすいこたろう



愛する

人の役に立つ生き方


「自信」を持つためにはどうしたらいいかというお話ですが、やはりなかなか、自分自身を信じることは難しいのです。
できない私のイメージが強いのかもしれません。

昨日は、信じるために、良心の声を聞き、正しい生き方をしましょう、とお話しました。

自分の使命を知り、目的に向かっていけば、日々充実しますし、自信も持てるというものです。

そこまでいかなくても、人には共通の正しい生き方というのがあります。
良心に恥じない生き方を選び取っていくと共に、私のお勧めは「人の役に立つ生き方」です。
信じる力が強くなるためには、とても有効です。

人の役に立つ生き方ができる人は、愛情が豊かになり、人の信頼も厚いのではないでしょうか。

「愛」と「信」の関係はとても深いものがある、ほとんどそのままツーカーです。

自信をもつためには、誰か愛しがたい人を愛することができたとしたら、とても大きな自信になるでしょうね。
人を許して、愛することが、自分を愛することにもなり、つまり自信につながる、ということになります。

自信をつけるために、人を理解し、愛していく。


具体的な実践法
〈笑顔〉

人に愛情をもって接したり、人の役に立つことを実践するのは、今までの癖があるので、なかなか難しいように感じるかもしれませんが、お祈りやホ・オポノポノでも、十分実践力があります。

更に、笑顔、挨拶、「ありがとう」の言葉と感謝、ちょっとした親切や思いやり、これを少しずつでも積み上げると、不思議、自分にも自信がついてくるのです。

これらは、自己中ではなく、人に役立つものです。
人のためになることをする、役立つ生き方をしていくと、「自信」のポイントが高くつきます。

その中でも笑顔は、自分で鏡に向かってやっていれば、かなりのナルシストか、おかしい人となってしまいます。
普通は、自分で自分の笑顔を見ることができません。笑顔はひと様のためにあるのです。
自分ではなく、相手の緊張を解き、気分をよくさせるために、私の笑顔があります。

人のために生きるために、とっても基本的で手軽でお金もかからないのが、笑顔のプレゼントであるのです。

例えば、赤ちゃんの美しい無垢な笑顔には癒されますね。
赤ちゃんが「自信がない」とか「人のために生きたくない」とか思うでしょうか。
自然に人の癒しとなり、力を与えています。かくありなん。

愛するとか、信じるとか、信頼関係を作るとか、人の役に立つとか、高度すぎるように感じるかもしれませんが、笑顔や挨拶くらいなら、できそうですね。

愛せない人に対して、また、大切な家族に接する時も、笑顔を心掛け、目を見て挨拶をしてあげると、愛情効果が高まります。
さらにできるならば、そこにスキンシップを加えるのです。握手、ハグ、疲れている相手ならマッサージ・・・。

このようにして、毎日笑顔を続けていると、前より自信を持った私を、いずれ発見することでしょう。小さなことでも続けることです。


過去の記事に加筆・編集して御紹介しました

今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:シジミ君
花はコリウス
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


墜落生き延びた米少女、自力で山下り数日後に保護



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています

posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする