さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年06月22日

一年で最もロマンティックな日?! 世界で「夏至」をお祭りするのはなぜ?!  ★英ストーンヘンジで夏至の祭り、神秘の現象に2万3000人

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

頭隠して。


今日は夏至の日だということ。
そういえば昨日つくづく、日が暮れるのが遅いなぁと思ったのですが、そんな季節になったのですね。

「夏至」のことを英語では、the summer solsticeといい、夏に至る日という、同じような意味になります。

世界中で夏至祭が行われますが、特に有名なのが、イギリスのストーン・ヘンジです。
また、私がそれと同根に違いないと思っている、日本の伊勢の二見浦でも夫婦岩の間から昇る日の出を仰ぎ、禊をするお祭りがあります。

大昔から、世界中の情報を知る由がなかった頃から、同じように夏至をお祭りしてきたのは、とても不思議です。
以下、夏至祭りについてまとめてみたいと思います。


伊勢の夏至祭り


まず、伊勢の二見浦についてです。

古くから、伊勢へのお詣りの旅人は、まずこの二見浦の汐水で体を浄めてからお詣りをしていました。

その二見浦の二見興玉神社では毎年「夏至祭」が執り行われています。夏至祭というと、北欧をはじめとしたヨーロッパの華やかなイメージが強いかもしれませんが、日本においては伊勢という「天照大御神=日の恵みの神様」のおひざ元で粛々(しゅくしゅく)と継承されているのです。その内容はいたってシンプル。

まだ夜も明けきらぬ3時半から白装束(しろしょうぞく)をまとい、禊(みそぎ)をおこない、浄めた(きよめた)体と心になります。その姿で、一年で一番エネルギー溢れる日の出を拝むのです。華美なものは一切ない、日本ならではの神事であり、祭事です。


二見浦の海中には興玉神石(沖の石)があり、昔からその沖の石は、常世の国から神が寄りつく聖なるところといわれてきました。そして、夫婦岩はその鳥居(とりい)と見なされていました。
この夏至祭りでは、白装束に身を包んだ300人近くの善男善女が、天照大神(あまてらすおおみかみ)を迎えるために、祝詞(のりと)を唱え気合いを入れつつ海に入り、朝日が昇ろうとする夫婦岩に向けて歩いていきます。そして朝日に向かって国歌を斉唱するそうです。

天照大神は、神は神でも、その名の通り、太陽を表わすものですね。

そういえば、夫婦岩から昇る朝日というのは、女性神である天照大神がお通りになるわけですが、また、母胎から生まれ出る子どもを連想するのは、私だけでしょうか。
古代、女性神もそうですが、土偶などに女性を形し、子宝・繁殖を願ったといいます。

天照大神といえば、日本だけのものという気がしますが、これは神話・伝説ですから、世界に残る神話や伝説などと、共通のものがあるようにも感じられます。とても、不思議なことです。

また、日本の神話にも、イザナギノミコトとイザナミノミコト、という男性神と女性神が夫婦になる逸話が記されています。
天の御柱(あめのみはしら)を回って出会い、男女の交わりをしたのですが、天の神に聞くと、女性の方から先に声を掛けたのが間違いだったということで、もう一度回るところからやり直しました。

またイザナミの死後、イザナギが禊をして生まれたのが、天照大御神などの重要な三神です。
何か繋がりがあるような気がします。


世界の「縁結び」と「子宝」祈願?

英国のストーンヘンジは、近年、天文学的にも大きな意味が見出されていますが、そこでの夏至祭りは、ドルイド教に由来し、男性神、女性神の出会いを祝う意味があると言われています。

ストーンヘンジや二見浦以外にも、世界に夏至の伝統が伝わっています。

ヨーロッパでは太陽に感謝する日でもあります。
しかし、それ以上に、調べてみて驚くほどに、男女の出会いや、結婚、妊娠などに関わるものが多いのです。

以下ウィキペディアに掲載されている内容を参考にしてまとめてみます。

ポーランドではスラブ民族の祝日、「イワン・クパラの日」の夜には、人々が恋に落ちるという言い伝えがあります。

フィンランドの夏至祭りも、盛大で、様々な伝説があります。
• 女性が7種類または9種類の花を摘んだり、枕の下に置いたりすることで、将来の夫との出会いが約束される。
• 夏至の夜交差点に立つと、未来の夫と巡り合う。
• 夏至の夜、井戸で鍵が触れ合う音を聞けば、その家の女主人となり、赤ちゃんの泣き声を聞くと、子供が生まれる。
• 井戸または泉を裸でのぞくと、水面に未来の夫の顔が映る。
• 花輪を作って小川に行き、花輪を流して、そのまま流れて行けば結婚する。もし途中で止まれば、それは死を意味する。

夏至には官能的な刺激があるのか、スウェーデンの民俗学者によると、夏至を祝うミッドサマーの祝日から9ヶ月後に生まれる子どもが多いといいます。


なぜ無花果(イチジク)

子宝だけではなく、作物の繁殖も願う風習として、大阪の一部ではタコを食す習慣があるといいます。稲の根がタコの八本足のように深く広く張ることを祈願するもの。

尾張地方の一部では、夏至の日に無花果田楽を食べる風習があるといいます。

ギリシャ北部では、未婚女性が無花果の木の下に自分の持ち物を置くと、夏至の魔法により将来の夫の夢を見るという伝承があるとのこと。

このように無花果(イチジク)の伝承が多いような気がしますが、これも何か意味があるのでしょうか。

イチジクはその名の通り、花がなくて実が成るという意味で名づけられたようですが、とても葉が大きいからか、花が隠されていてわからないうちに実が大きくなるのだそうです。
どことなく、早熟のイメージがわきます。

聖書にある失楽園の物語で、過ちを犯し、エデンの園を追われることになったアダムとイヴが腰に付けたのが、無花果の葉でした。

イザナギノミコトとイザナミノミコトも日本神話では最初の人のような存在です。
これも関連性があるのかもしれない、と思うのです。


夏至は、神様が訪れる、神聖なものを感じる時。そして、男女の関係(結婚)や、命の宿りに関連するもののようです。
古来より、生命の誕生は神聖なもの、という思いがあったのでしょう。

そして、人生の節目と言われる、結婚、そして亡くなったときのお葬式、こういう時には必ず、神様の前での儀式を行います。
本来、その中でも人の誕生が最も大切なので、その時ほど、神様を通して生まれてくるように、なっている、昔の人はよく知っていたのではないでしょうか。

この時期は、やはり霊的な力が迫るときなので、悪い霊の影響を受けないように、清い精霊や、神様の霊によって導かれるように、していきたいと思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:頭隠して。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


英ストーンヘンジで夏至の祭り、神秘の現象に2万3000人



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています