さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年06月19日

日本人の包容力と消化力?! 安岡正篤   ★トランス脂肪を全面排除へ、2018年までに 米FDA

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

なにしてるの?


『陶鋳力』
安岡正篤一日一言

日本には世界中の飲食物がある。
そして我々が食べても実際おいしいと思う。
西洋人にはこれができない。
他民族のものを食べると直(す)ぐ腹をこわす。

この点日本人の胃の腑(ふ)
非常な包容力・消化力を持っている。

山鹿素行(やまがそこう)に言わすと
陶鋳(とうちゅう)力である。

『陶鋳力』とは消化力・包容力を併(あわ)せた創造力をいう。

仏教が来れば仏教、儒教が来れば儒教と、なんでも自由自在に消化してしまう。

時には腹下りも中毒もやるが、いつの間にか日本化してしまう。


日本の和食も世界遺産になりましたが、日本には、フレンチ、イタリアン、中華だけでなく、インド、タイ等など、多国籍のレストランなどがあり、それもおいしさのしのぎを削っている状態です。

また、カレー、シチュー、コロッケ、ラーメンなど、日本独自のものにまで発展して、家庭にも定着したものもあります。

ケーキやお菓子、スイーツ、パンなども、日本のものは、絶妙においしい、と思います。

器用に取り込んで、さらにいいものにしてしまう、日本人の得意技ですね。


これからは、日本が、戦後高度成長と共に失っていったものを取り戻しつつ、欧米の真似だけではない、日本らしい良さを発揮できる時代になった思います。

日本の伝統も見直されています。

「消化力・包容力を併(あわ)せた創造力」を、日本人は持っているといいます。

そして、何より世界から尊敬され、信頼されるのは、日本人の勤勉さ、まじめさ、人の好さ、人を立てられる謙虚さや、心を思いやり理解できる包容力かな、と思います。
我慢強さ、というのもありますね。

何をするにも、動機が問題です。才能や努力だけではだめです。

そこに、大きく左右する運のよさ、というのは、心根のよさ、今までの地道な積み重ねがあってこそ、もたらされると思うのです。
奇跡は、ただ単に偶然に起こるものではない、と私は思います。

いいもの、悪いものの判断というのは、私たちの良心に聞くのがいいかと思います。
良心は神様が働ける部分。

時に、厳しい道を行けと、良心は伝えてきますが、そうしていけば、私たちの心も納得するし、運も開けてきます。


さて、トランス脂肪全面禁止というニュースですが、これはアメリカのお話です。

すでに2013年からその方向が出ていて、米国では、例えばマクドナルドでも使用しなくなっているというのですが、実は日本には、まったく関係のない話として、野放し状態になっているのが現状です。
メディアなどに、その危険のほんの一部が流されて、知った人がやきもきしているに過ぎません。

悪いものは悪い、危険なものは危険なので、排除しなければなりませんね。
こういうものは、いくら人が好いからといって、受け容れたままにしてはいられないのではないか、と思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:なにしてるの?
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


トランス脂肪を全面排除へ、2018年までに 米FDA



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています