さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年05月04日

神様、人間について考えます?!・・・ ☆映画と主題歌♪「風に立つライオン」!!  ★5月4日はスターウォーズの日、伊ミランにファン大集合

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

kazenitatsulion2.jpg


この偉大な自然の中で病と向かい合えば
神様について ヒトについて 考えるものですね
やはり僕たちの国は残念だけれど何か
大切な処で道を間違えたようですね


さだまさし



5月4日は、「スターウォーズの日」だったそうですね。
Googleによれば、ピアノを発明した人の生誕360年となる日でもあるとのこと。
ということで、今日は、映画と音楽にまつわるお話です。

家族と出掛けて、久し振りに映画を観てきました。
観た映画というのは、原作者のさだまさしさんの番組「今夜も生でさだまさし」において、たびたび紹介されていた、「風に立つライオン」です。

その番組では、紀子様、佳子様が試写会にいらしたエピソードも話しておられましたが、「東京で桜が開花したその日に、この映画に出会えたことを嬉しく思います」というような、感激するようなお言葉を頂いたのだとか。





この映画は、同名のさださんの名曲から生まれたものですが、物語としてよく感動的に作ってくださったと感心すると同時に、映画としても、見応えがあり、まっすぐで、重いテーマも取り扱っているというのに、とても爽やかな後味が残りました。

ドキュメンタリー風に、主人公の航一郎を現代の人たちが回想し語るインタビュー形式になっているのも、とても自然でリアリティーを感じました。
実際に航一郎のような人がいたとしたら、どうだったでしょうか。


私が感じた、この映画のは、隠れた核心的なテーマというのは、この部分です。
「神様、ご先祖様が今日は行くなと言っている」という現地メンバーの声を押し切って、「いつも自分を信じてくれただろう」と強引に出掛けたことで、結局、航一郎は還らない人になってしまいます。
一人でも多くの人を救いたい、その気持ちは大切ですが、神様や霊界の声を優先できなかった。それで、もっと救えるはずだった多くの生命を救うことが、もうできなくなったのです。

「やはり僕たちの国は残念だけれど何か
大切な処で道を間違えたようですね」

まさしく歌詞の通りです。

映画の中で、彼の送った手紙は、歌の内容とは全然違うのですが、死した航一郎の魂が、伝えたいことがそうだったともいえるかと思います。

ラストに流れた歌のメッセージが、とても胸に残りました。
やはり特に、冒頭にあげた「神様について ヒトについて 考えるものですね」ここが一番、重要なことだと思うのです。

航一郎の遺体がみつからなかった点について、これはイエス・キリストの遺体がなくなったこと、また、古くはモーセの遺体が決して見つからなかったということを、ふと連想しました。
まさしくその地に散った生命。


主演を務めた大沢たかおさんが、自分が主役をやりたいからと、まず原作小説をさだまさしさんに依頼したことが、そもそもの映画化のきっかけだったといいます。
構想数年、執筆数年を経て、ようやく2013年に小説が出版され、映画化も企画されました。

また企画がなかなか進まなかったため、大沢さんは自分でアフリカのドキュメンタリーの仕事を引き受け、それをさださんに見せることで本気度をアピールしたといいます。

撮影が始まってからも、エボラ出血熱の流行など、アフリカ、ケニアにおけるロケも簡単ではなかったことでしょう。

さだまさしさんの歌は、映画の中ではラストに流れてきただけだったと思います。
以前のものと同じにも聞こえますが、これは映画用に新たに編集しレコーディングしたものです。前より短くする予定が、オーケストラの演奏がゆっくり目だった影響などもあって、結局は前より長くなってしまったのだとか(笑)。

最後のアメイジング・グレイスのハミングが、やはり驚くばかりの神様の恵みを表わすものでもあり、心に染み渡りました。


kazenitatsulion.jpg



風に立つライオン


突然の手紙には驚いたけど嬉しかった
何より君が僕を怨んでいなかったということが
これから此処で過ごす僕の毎日の大切な
よりどころになります
ありがとう ありがとう

ナイロビで迎える三度目の四月が来て今更
千鳥ヶ淵で昔君と見た夜桜が恋しくて
故郷ではなく東京の桜が恋しいということが
自分でもおかしい位です おかしい位です

三年の間あちらこちらを廻り
その感動を君と分けたいと思ったことが
沢山ありました

ビクトリア湖の朝焼け 100万羽のフラミンゴが
一斉に翔び発つ時 暗くなる空や
キリマンジャロの白い雪 草原の象のシルエット
何より僕の患者たちの 瞳の美しさ

この偉大な自然の中で病と向かい合えば
神様について ヒトについて 考えるものですね
やはり僕たちの国は残念だけれど何か
大切な処で道を間違えたようですね


去年のクリスマスは国境近くの村で過ごしました
こんな処にもサンタクロースはやって来ます
去年は僕でした
闇の中ではじける彼等の祈りと激しいリズム
南十字星 満天の星 そして天の川
診療所に集まる人々は病気だけれど
少なくとも心は僕より健康なのですよ
僕はやはり来てよかったと思っています
辛くないと言えば嘘になるけど しあわせです

あなたや日本を捨てた訳ではなく
僕は「現在」を生きることに
思い上がりたくないのです

空を切り裂いて落下する滝のように
僕はよどみない生命を生きたい
キリマンジャロの白い雪 それを支える紺碧の空
僕は風に向かって立つライオンでありたい


くれぐれも皆さんによろしく伝えて下さい
最后になりましたが あなたの幸福を
心から遠くから いつも祈っています

おめでとう 
さよなら


作詩・作曲 : さだまさし



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


kuri-maの過去の記事
 ♪千鳥ヶ淵の桜に偲ぶ?!「風にたつライオン」さだまさし
 ♪「アメイジング・グレイス」ってどんな歌?! 英詞、和訳、日本語賛美歌

 映画『風に立つライオン』公式サイト http://kaze-lion.com/



5月4日はスターウォーズの日、伊ミランにファン大集合



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

魂を安値で切り売り?! それで得るもの、失うもの。。。  ★虐待する男たちの「ラブレター」集、『僕のせいで死なないで』

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.04.28 山手 エリスマン邸 居間


もっとも恐ろしいことは、
「自分の生存のため」には、
背に腹は変えられなくなって
たとえ悪だと分かっていても、
みずからの魂を
その悪に売り渡してしまうことです。


沢野只幸(フェイスブックより)



魂とはなんでしょうか。心のことでしょうか。
心の中の性根、一番の核心部分なのではないでしょうか。

相田みつをさんが、「いのちの根」と表現した言葉も、「魂」に近い言葉かなと私は捉えています。
魂というのは、私たちの生命の根っこ、根本になるものかなぁと思います。

生命=人生、英語のlifeはそうですね。
たった一つの生命、たった一つの人生。

魂を売るというのは、つまり、時間を切り売りすること、ともいえます。
大切な人生の一瞬一瞬は、私たちの魂を育てていく時間。

しかし、そんな魂のかけらとも言うべき、大切な時間を、ともすれば何もしないで、あるいは食べたり飲んだり、楽しんだり、そういうことばかりで使ってしまうと、あっという間にその時は過ぎ去り、何をしていたんだ、ということになってしまいます。

魂をほしがる魔物はいくらでもいます。
最近は、お金まで払って、魂を売り払ってしまう人も多いとか。


こういう魔物のことを、「時間泥棒」と表現した人もいました。

例えば、ゲーム。ちょっとした息抜きぐらいならいいのですが。。。
お金も、時間も奪って、魂を脆弱にしていく。
無料であろうと、魂を売った代価は、お金で買えるものではないですね。

「時間」ほど、惜しまなければならないものはありません。誰も作ることも、買うこともできないのですから。

でも、奪われるのは、簡単です。
一瞬でも身ぐるみはがされるようなことになってしまいます。


テロより、恐ろしい、お化けより恐ろしいものが悪魔ですが、目に見えないのに、見えるものを通じて、楽しそうなもの、おいしそうなもの、美しく見えるものを通じてやってくるので、厄介です。

私も、結構、時間、持っていかれています。
それも、無料ってのに、ちょっと弱いです。

焦るとよけいイライラして、集中力も奪われて、結局また、時を奪われています。

ああ、もったいない。

そんな間に、「ありがとう」の一つでも余分に言って、「神様、愛しています」と笑顔で得点をあげておくべきだった。。。!

気がついたところから、やっていくのがいいですよ。
それしかないですし。

今を奪われないようにすること。
そして、まだ明日以降は、まるまる手付かずのままです。


自我に生きていることが
もっとも恐ろしいことは、
「自分の生存のため」には、
背に腹は変えられなくなって
たとえ悪だと分かっていても、
みずからの魂を
その悪に売り渡してしまうことです。
そうやって、
自我は「悪の手先」に転じてしまうことが、
この世で一番恐ろしいことであり、
最悪の不幸な事実を作ることに成ります。
それは、
自我に生きるしかない魂の弱さを
不断の実践で鍛え磨いて行くことを、
怠り続けて来た
おのずからの「結果」です。
この事実に本当に心底から気づけたら、
自我に支配されている人生から
真に脱却できる転機は、おのずから訪れます。

沢野只幸さん(フェイスブックより)



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:エリスマン邸 居間
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


虐待する男たちの「ラブレター」集、蔓延するDVに警告 ペルー


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています