さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年05月17日

「ただいるだけで」心が安らぐ人?! 《相田みつを》  ★教室はジャングル、家族はゲリラ コロンビアの子ども兵たち

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.05.12 追分市民の森 朽ち栗にブタナ


「ただいるだけで」
     

あなたがそこに
ただいるだけで
その場の空気が
あかるくなる

あなたがそこに
ただいるだけで
みんなのこころが
やすらぐ

そんな
あなたにわたしも
なりたい


 相田 みつを



先日、周りの人がホッとしてくれるような人になりたい、と言われる若い女性に会いました。学生さんです。
その言葉を聞くだけで、ああ爽やかでいいお嬢さんだなぁと、こちらも癒やされるような気持ちになりました。

その時に思い出したのが、相田みつをさんのこの詩の言葉です。

「みんながホッとする人」そうなりたいと心がけるというのは、いつも周囲の人のことを気遣っていなければできません。

挨拶が気持ちのいい人、人当たりのいい人、いろいろおられますが、一見爽やかでも、一瞬だけではその人の正価はわかりません。
その時にいい人だなぁと感じても、あれ、と、そのよい期待は簡単に裏切られてしまうこともあります。

私もどうなのか、反省します。
つい、いい返事をしてしまって、その時にはよい顔を作るのですが、その言葉に責任を取る行動ができているか…。

とにかく継続し続けるしかないですね。

失敗はあるし、うっかりはあるし、完璧には程遠いのですが、やっぱりやると言ったものはやらなければ。

あきらめなければ、必ず世界制覇、ではなく、世界平和がくると、今日も断言することにします。


そして、このブログも、毎日更新、という思いはあっても、気づくと0時の鐘がなる、それすらもPCの前で船をこいでいて、聞き逃したりしてしまう、あ〜あ、ということも多い日々です。

で、新しいお日さまが昇ったら、もう開き直って、今日また頑張ろうと、そんなふうに心に言い聞かせながら、運よく記事を上げられたり、もうろうと次の日になったり、時には今日はもうダメと観念したりしながら、図太くも開き直って、しょうがない、という言葉で片付けたり等々…の日々でもあります。

それでも、毎日更新中! の言葉は取らずにおいています。

カウンセリングも募集しています。
そんな中で、出会いもあります。

運勢鑑定も募集しようかなぁとも考えています。

一日は24時間しかない中で、そんなにできるはずがない、のですが、だって、神様がやればいい、と言われるのではじめたこのブログです。
神様と、幽霊(私の御先祖様などの霊人たち)が後押ししているのですから。

やめるのは簡単ですが、大変でもやり続けることには意味があると思います。それがよいことであるのなら。


何よりも大切なのは人との出会いだと思います。ご縁です。

そういう意味では、家族も、いろんな人間関係も、神様が与えてくださったご縁なので、うまくやれよと、神様から託されているのですから、やるしかありません。

ただし、限られた一生、限られた一日24時間、ということなので、申し訳ないことに、毎日更新のはずのブログに穴ぼこだらけとなったりしている現状です。

ただ、全力投球でいこう、と思っています。ばたっと倒れてもいますが。

だから私の周りの人には、ホッとする人、ではなく、お騒がせな人、となっているかもしれませんね。

それでも、皆さんのことを祈りつつ、周囲の癒やしとなり、肥やしとなり、励みとなり、嫌味とならないように…、そこにいるだけで、ちょっといいと思われるの人になりたいと思うのです。


irudakede.jpg



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:2015.05.12 追分市民の森 朽ち栗にブタナ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 《相田みつをの言葉》「ただいるだけで」「あのひと」


教室はジャングル、家族はゲリラ コロンビアの子ども兵たち


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

♪消えそうに咲きそうな「蕾」が、今年も僕を待ってる?! コブクロ♪  ★ヘンリー英王子「パートナーと子どもが欲しい」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ


つぼみ♪

聴こえない頑張れ──



消えそうに 咲きそうな 
蕾が今年も僕を待ってる 
今もまだ摑めない 
あなたと描いた夢 

立ち止まる僕のそばで  
優しく開く笑顔のような 
蕾を探してる 空に




また、今年も「蕾」の季節が来ました。

昨日も季節にちなんだ歌の紹介をしましたが、今日はコブクロの代表的なこの曲です。
「ハナミズキ」もそうですが、実は母の日にふさわしい歌だったかなぁと聞きながら思うのです。

きっと亡くなったお母さんに捧げられたものに違いないと思うのですが、切ないラブソングにも聞こえますね。

「優しく開く笑顔のような 蕾を探してる 空に」
お母さんを亡くされた人は、母の日には、そうやって空を見上げたり、花を見つめたりするんだなぁと思うのです。

大切な人を失った人にも、聞いてほしい曲です。
恋しい、とかいう言葉はひとつもないのに、「I miss you」という気持ちが伝わってきます。

さて、この歌の言葉は本当にいいですね。
歌い出しも、心がそそられますが、詞のどこのフレーズを切り取っても、いいんですよね。

ブログのタイトルに何を持ってこようか、とても悩むくらい。
先回は「信じた夢は咲く場所を選ばない」でしたが…

小渕さんの詞というのは、ジンと来るいい日本語を使っています。
何が何っていう凝った表現はしていないのに、心に響いてくる…。

メロディーとマッチした中で更に心に響くのですが、それは「詞」だけですでに完璧だからでしょう。

聴こえない「頑張れ」が、心に残りますね。
そしてまた「頑張れ」と言いたくなります。

切ないんだけど、元気が出てくる、だからこそ、愛される曲なのだと思います。


なぜ蕾なのか。
蕾というのはとても象徴的なものをいろいろ連想させます。

「優しく開く笑顔のような 蕾」
と言っていますが、蕾というのは、ずばり笑顔の母を指しています。

さらに、母の笑顔を連想させるもの、「愛」とか「夢」とか「しあわせ」とか「安らぎ」とか、そういうなかなか得られないもの。

そして、「ガンバレ」と言って応援してくれる…そういうものが蕾のイメージではないでしょうか。

これからも、空を見上げ、また元気を受けて頑張っていくのでしょう。

それともう一つは、まだ未完成な自分に重なるイメージです。

お母さんに見せたかった姿。
もちろんしっかりと花開く姿を見せたかったでしょう。
しかし、今、まだ固い蕾が、頑張って立っている。

そして、蕾は、はかない命を連想させます。
いつかくると分かっていたはずの別れ。
人間、いつかそれぞれ去っていく日が来る。
でも、心にはいつも思い出や、今まで培った愛情が残っています。

いつか、別れを迎えるはずの私たち。
大切なものを遺していきたいと思うのです。

私たちも聴こえない「頑張れ」を受けながら咲こうとしている、小さな蕾なのかなぁと思うのです。







「 蕾 」



 涙こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ 
 誰も気付いてはくれない 
 だから あなたの涙を僕は知らない

 絶やす事無く 僕の心に灯されていた 
 優しい明かりは 
 あなたがくれた理由なき愛の灯(あかし)

 柔らかな日だまりが包む背中に 
 ポツリ 話しかけながら 
 いつかこんな日が来る事も 
 きっと きっと きっと わかってたはずなのに

 消えそうに 咲きそうな
 蕾が今年も僕を待ってる 
 掌じゃ摑めない 風に踊る花びら 
 立ち止まる肩にヒラリ 
 上手に乗せて笑って見せた 
 あなたを思い出す 一人


 ビルの谷間に埋もれた夢も 
 いつか芽吹いて 花を咲かすだろう 
 信じた夢は咲く場所を選ばない

 僕等 この街に落とされた影法師 
 みんな光を探して
 重なり合う時の流れも 
 きっと きっと きっと 追い越せる日が来るさ

 風のない線路道 五月の美空は青く寂しく 
 動かないちぎれ雲 いつまでも浮かべてた
 どこにももう戻れない 
 僕のようだとささやく風に 
 キラリ舞い落ちていく 涙


 散り際に もう一度
 開く花びらは あなたのように 
 聴こえない頑張れを
 握った両手に何度もくれた

 消えそうに 咲きそうな
 蕾が今年も僕を待ってる 
 今もまだ摑めない あなたと描いた夢 
 立ち止まる僕のそばで  
 優しく開く笑顔のような
 蕾を探してる 空に



作詞・作曲 小渕健太郎
(コブクロ)




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:つぼみ♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ヘンリー英王子「パートナーと子どもが欲しい」


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

♪『ハナミズキ』一青窈 〜君と好きな人が100年続きますように〜   ★シャルロット王女etc.【特集】AFPのベストショット:5/2〜8

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

雪景色。


君と好きな人が
百年続きますように




ハナミズキ、この季節になると思い出すこの花、そしてこの歌。
ああ、いいね、と毎年思うのです──

花水木(ハナミズキ)は、元々、桜のお返しとしてアメリカから送られたのが、日本での始まりで、花の形から、アメリカ山法師(アメリカヤマボウシ)という別名もあります。

ハナミズキの花言葉は、「永続性」「耐久性」「返礼」「私の想いを受けてください」など。

色もいろいろ。
白が多い気がしますが、赤やピンクなど…。一青窈さんの歌には「薄紅色」とありますね。

桜が散って寂しい頃、つつじや他の花は下の方に咲きますが、空を見上げたような位置に、とても印象的に咲いてくれます。

「ハナミズキ」の歌は、「空を押し上げて」という歌詞で始まりますが、それもこの花のイメージにつながる気がします。

この歌は、アメリカ同時多発テロでの友人のメールをきっかけに書いた詞が、元になったといいます。
当初書いた詞から、かなり削られて、今の「君と好きな人が百年続きますように」の言葉にたどり着いたのだそう。

ハナミズキの花言葉である「永続性」にも通じる歌詞ですね。

この歌が、切なく心を打つのは、ただ一つのラブストーリーではなく、多くの人に向け、平和と愛を願った普遍的な魂のある歌だからでしょう。

予言的なものを感じて、ちょっと怖いほどなのは、9.11の鎮魂の思いが出発だったこの歌が、「果てない波がちゃんと止まりますように」と、まるで3.11について祈るようなものになっているということ。
これも、永遠性、普遍性につながるものでしょうか。


2012.04.28 汐留 イタリア公園 ハナミズキ








ハナミズキ


 空を押し上げて
 手を伸ばす君 五月のこと
 どうか来てほしい
 水際まで来てほしい
 つぼみをあげよう
 庭のハナミズキ

 薄紅色の可愛い君のね
 果てない夢がちゃんと終わりますように
 君と好きな人が百年続きますように

 夏は暑過ぎて
 僕から気持ちは重すぎて
 一緒にわたるには
 きっと船が沈んじゃう
 どうぞゆきなさい
 お先にゆきなさい

 僕の我慢がいつか実を結び
 果てない波がちゃんと止まりますように
 君と好きな人が百年続きますように
 
 ひらり蝶々を
 追いかけて白い帆を揚げて
 母の日になれば
 ミズキの葉、贈って下さい
 待たなくてもいいよ
 知らなくてもいいよ

 薄紅色の可愛い君のね
 果てない夢がちゃんと終わりますように
 君と好きな人が百年続きますように

 僕の我慢がいつか実を結び
 果てない波がちゃんと止まりますように
 君と好きな人が百年続きますように

 君と好きな人が百年続きますように


作詞:一青窈
作曲:マシコタツロウ



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:雪景色。
by (C)芥川千景さん
イタリア公園 ハナミズキ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【特集】AFPのベストショット:5月2〜8日



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする